「 演歌以外 」一覧

演歌以外:「おせっかいのススメ」というお話です。

演歌以外:「おせっかいのススメ」というお話です。

今日のお話は、皆さんのまわりにもたくさんいらしゃる「おせっかい」さんのお話です。そして「おせっかいのススメ」を広ましょう。 自分は親切のつもりでも、相手にとってはお節介。 受け取り手によって大きく解釈は変わりますよね。 高齢の方が電車に乗ってこられたので「ここどうぞ」と、立とうとすると、「私を...

演歌以外:感動する話「七日間」

演歌以外:感動する話「七日間」

今日は、今朝から涙一杯になる話がありましたので紹介します。「七日間」という闘病生活をされていた女性が綴った詩です。 ここを訪れた方にも知っていただきたいなと思いまして記事にしました。 妻が願った最期の「七日間」投書にこめられた夫婦の物語 闘病中の交換日記「頑張って、生きたいよ」 「1月中旬、妻...

演歌以外:ちょっと感動する話「ねぎらいの言葉」

演歌以外:ちょっと感動する話「ねぎらいの言葉」

今日の話題は、「ねぎらいの言葉」という大切なことに気付くお話しです。 「ねぎらいの言葉」 「ねぎらい」という言葉について、皆さまは、どういったイメージを思い描かれるでしょうか。 「ねぎらい」とは、何かに苦労したり、何かを成し遂げた相手に対して、謝辞を述べたり、労わったりする事を指しますね。 ...

演歌以外:ちょっと感動する話「一本の傘」

演歌以外:ちょっと感動する話「一本の傘」

今日の話題は、「一本の傘」というお話です。 静岡県東部では絶対的な存在感と、圧倒的な魅力でお客様に喜ばれ成長し続けている会社で「雄大株式会社」という会社があります。 その三十年のあゆみから生まれた「30の素敵な物語」の中から「一本の傘」というお話を紹介したいと思います。 「一本の傘」 雨の土...

演歌以外:ちょっと感動する話「自分に起こる幸も不幸も、選択できるのは自分自身」というお話です。

演歌以外:ちょっと感動する話「自分に起こる幸も不幸も、選択できるのは自分自身」というお話です。

今日の話題は、「自分に起こる幸も不幸も、選択できるのは自分自身」というお話です。 「世の中には、幸も不幸もない。思考がそれを作り出すのだ」 この言葉は、劇作家シェークスピアの言葉です。 テストで残り時間が5分あった場合、 悲観的に考えると、「もう5分しかない」 楽観的に考えると、「まだ5...

演歌以外:ちょっと感動する話最後の言葉は「さようなら」ではなく「ごちそうさま」

演歌以外:ちょっと感動する話最後の言葉は「さようなら」ではなく「ごちそうさま」

今日の話題は、「最後の言葉は「さようなら」ではなく「ごちそうさま」だった。」というお話です。 A君は29歳。 広告業界の小さな製作会社に身を置いている。 すでに結婚し、3歳前の娘がいる。 そのA君一家のもとに、ある日郷里から父親が訪ねてきた。彼の話は、その父親が帰るところから...

演歌以外:「簡単に手に入るものは、簡単に出ていく」というお話です。

演歌以外:「簡単に手に入るものは、簡単に出ていく」というお話です。

今日の話題は少し難しい話題ですが、「簡単に手に入るものは、簡単に出ていく」というお話です。 最近は、スマホでも、パソコンでもタブレットでも、多くの「答」と称されるものは、インターネットを通して、簡単に手に入りますよね。 スマホにむかって言葉を発すれば、声を認識してくれて文字へ変換してくれます。...

演歌以外:ちょっと感動する話「やさしい人」のお話です。

演歌以外:ちょっと感動する話「やさしい人」のお話です。

今日の話題は、「やさしい人」のお話です。 「やさしくなれない原因は何でしょうか?」「やさしい人になるためには何が必要でしょうか?」、「生きることが辛い人は、やさしい人になろうとすることが幸せへの道なのでしょうか」。 子供と母親、妻と夫、先生と生徒、上司と部下の人間関係などにおける、「やさしさとは...

演歌以外:「ほめずに叱らずに人を動かす」について

演歌以外:「ほめずに叱らずに人を動かす」について

今日の話題は「ほめずに叱らずに人を動かす」というお話です。 「えんかすき」は「ほめる」に賛成なのですが、一方、ほめるというのは本当に難しいことだというのも事実です。 認知的不協和があるからです。 「やるべきこと、やったの?」「どんどんやらなきゃダメでしょ」「やることやってから遊びなさい!」 ...

演歌以外:ちょっと感動する話「サーカス」と「法施(ほうせ)」

演歌以外:ちょっと感動する話「サーカス」と「法施(ほうせ)」

今日のちょっと感動する話は「サーカス」と「法施(ほうせ)」の話です。 「サーカス」 私がまだ十代のころのことです。 サーカスの入場券を買うために、父と私は長い列に並んで順番を待っていました。 ようやく、私たちの前にいるのは、あと一家族だけとなりました。 私はその家族に強く心を引かれました。...

演歌以外:「ほめ言葉と言葉の不思議な力」というお話です。

演歌以外:「ほめ言葉と言葉の不思議な力」というお話です。

今日のお話は、「ほめ言葉と言葉の不思議な力」というお話です。毎日使う言葉を大切に使いましょうというお話です。 人は、ほめられるとエネルギーがわき上がりますよね。 心をこめてほめられたり、お礼を言われたりすると、誰でもたちまち気分が高揚しませんか。 ほめ言葉はポジティブなエネルギーを相手に与える...

演歌以外:ちょっと感動する話「レジ打ちの女性」

演歌以外:ちょっと感動する話「レジ打ちの女性」

今日のお話は、「レジ打ちの女性」というちょっと仕事がつまらなくなってきたなと思われる方にどうでしょう。 2008年9月にフォレスト出版から発売の木下晴弘著の「涙の数だけ大きくなれる!」 で紹介されている「レジ打ちの女性」です。 人生や仕事に対する考え方に大きなヒントを与えてくれます。 ...

演歌以外:ちょっと感動する話「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」

演歌以外:ちょっと感動する話「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」

今日のちょっと感動する話は「初任給の物語」と「親から「おめでとさん」って」という「親が子を思う気持」の話です。 「初任給の物語」 某信用金庫に勤める二十歳の短大卒の女性が、初月給を親のために使って喜んでもらおうと、両親をレストランに招待しました。 お母さんは前日から美容院にセットにいったりして...

演歌以外:ちょっと感動する話「明日はもっといい日にしてみせる」

演歌以外:ちょっと感動する話「明日はもっといい日にしてみせる」

「明日はきっといい日になる」と「明日はもっといい日にしてみせる」の違いのお話です。 日本のことわざに「七転び八起き」というのがありますね。 「七転び八起き」という言葉をそのまま読むと、七回転んだのだから、七回起きればよいことになります。なんで、一回多い「八起き」なんでしょうか? 人間は、...

演歌話題:話題の本『九十歳。何がめでたい』売上部数100万部突破

演歌話題:話題の本『九十歳。何がめでたい』売上部数100万部突破

今日の話題は、昨年紹介した佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』がついに100万部を突破したという話題です。 今日ユーモアについての記事を出しましたが、この佐藤愛子さんの『九十歳。何がめでたい』もユーモアたっぷりのエッセイ集ですよね。もう、読まれましたか?ネタバレになりますが、少し紹介します。 ...

演歌以外:「ユーモアの大切さ」について

演歌以外:「ユーモアの大切さ」について

今日の話題は「ユーモア」についての話題です。「ユーモアと笑いの違い」など人との会話の中に「笑いとユーモア」を取り入れてみましょう。 人は、本当に深い悩みや苦しみの中にあるとき、冗談を言ったり、笑う気持ちや元気すら失ってしまいますよね。 深刻な悩みの中にある時、心配事があって夜も眠れない時、辛くて...

演歌以外:「福を呼び込む秘訣」「笑い栄ゆ」「運のいい人」のお話です。

演歌以外:「福を呼び込む秘訣」「笑い栄ゆ」「運のいい人」のお話です。

今日の話題は、「福を呼び込む行動」「笑い栄ゆ」「運のいい人」についてのお話です。 「運」というものは人それぞれ考え方が違いますね。今回はその中で「運のいい人」・「福を呼び込む秘訣」のお話です。 「福を呼び込む行動」 福を呼べる人は、もともとラッキーなのではなく、「幸福を呼びやすい行動」を積み重...

演歌以外:「時間泥棒」と「時間銀行」のお話です。

演歌以外:「時間泥棒」と「時間銀行」のお話です。

今日の話題は、「時間」についてのお話です。時間というものは人それぞれ違う時計を持っているというお話は以前しましたよね。今回は他人とのかかわりの中の「時間」という考え方です。今回はその中で「時間泥棒」と「時間銀行」のお話です。 「時間泥棒」 時間意識をみがくことは、人を大切にする気持ち...

演歌以外:ちょっと感動する話「モンロビア行きの列車」

演歌以外:ちょっと感動する話「モンロビア行きの列車」

今日のちょっと感動する話は「モンロビア行きの列車」という「善は何か」「徳は何か」と考えさせられる話です。 「モンロビア行きの列車」 太平洋戦争が終わって間もない頃、 日本人の女子留学生が一人、アメリカのニューヨークに留学した。 ところが、 待っていたのは人種差別・・・ 栄養失調と精神的重...

演歌以外:“老けないからだ”をつくる。

演歌以外:“老けないからだ”をつくる。

今日の話題は、老けない体を作るための食事の話題です。 2017年に105歳で亡くなった日野原重明さんは“肉好き”だったのは有名な話ですね。 「肉を食べる人は長生きする」と専門家も太鼓判を押しています。 しかしどんな肉でもいいわけではないようです。 “老けない”ためには「肉」が欠かせない。 ...