演歌好きNEWS:中澤卓也さんが故郷の新潟・長岡市で初のソロコンサート

Pocket

スポンサーリンク

中澤卓也さんが故郷の新潟・長岡市で初のソロコンサートを行いました。

中澤卓也さんは、今年1月に「青いダイヤモンド/黄昏に」で歌手デビューした21歳の若手演歌歌手です。

日刊スポーツ新聞社より引用

1月に「青いダイヤモンド/黄昏に」で歌手デビューした中沢卓也(21)が21日、故郷の新潟・長岡市の「アオーレ長岡」でプロになって初のソロコンサートを行った。

 同会場は思い出の場所だ。13年にNHK「のど自慢」長岡大会の予選会が行われ、会場を移した本大会で、中沢は見事にチャンピオンに輝いた。この番組を見たレコード会社幹部が声をかけたことがきっかけで、プロ歌手への道を歩み始めた。当時を振り返りながら、「地元で節目のスタートを切ることができて、すごく幸せです」と、凱旋(がいせん)コンサート前に気合を入れた。

 約2時間のライブでは、デビュー曲のほか「さざんかの宿」「氷雨」「勝手にしやがれ」「さくら(独唱)」「糸」などの演歌からポップス曲まで幅広いカバー曲を歌唱。「アマチュア時代はポップスを歌ってきた。演歌歌謡曲は日本語の美しさを表現しているし、気持ちがすごく落ち着く。自分が演歌歌謡曲の魅力に気付いたように、若い世代にも伝えたい。そして、年配の人にはポップスの魅力を伝えたい」。歌を通じて、ジャンルの異なる音楽の懸け橋になりたいとアピールした。

 ライブ後には「たくさんのお客さんの笑顔と涙を見ることができてうれしかった。初のコンサートは文字通り今回しかないのですが、今日感じたことを大切に頑張っていきたい。将来は日本にとどまらず、世界で『中沢卓也の歌』を聴いていただけるようになりたい」と世界進出も誓った。

 すでに9月20日、東京・赤坂BLITZでライブを行うことも決定。世界へ向けての第1歩をまずは秋の東京公演で刻む。

中澤卓也「青いダイヤモンド」

中澤卓也「青いダイヤモンド」

中澤卓也「青いダイヤモンド」

中澤卓也オフィシャルブログ「ダイヤモンド・ダイアリー」Powered by Ameba

https://ameblo.jp/takuya-nakazawa/

●プロフィール
本名:中澤卓也
生年月日:平成7年10月3日(現在21歳)
出身:新潟県長岡市 身長:178㎝ 血液型:A型
趣味:スニーカー集め、ドライブ
特技:カーレーシング
資格:平成26年 普通自動車免許
好きな学科:音楽、国語、英語

●学歴ほか
平成20年3月 新潟県・長岡市立上川西小学校卒業
平成23年3月 新潟県・長岡市立江陽中学校卒業
平成23年4月 私立開志学園高等学校 モータースポーツ科入学
~10月ボーカル科に編入
平成24年3月 NHKのど自慢出演・チャンピオン獲得(歌唱曲「さくら (独唱)」)
平成24年9月 作曲家・田尾将実先生のレッスンを受け始める。
平成25年3月 NHKのど自慢チャンピオン大会出演 (歌唱曲「さくら (独唱)」)
平成26年3月 私立開志学園高等学校 ボーカル科卒業
平成27年3月 日本クラウン新人オーディション・準グランプリ獲得 (歌唱曲「氷雨」)
その後上京し、田尾将実先生のレッスンを継続中

幼少の頃から人前で歌うことが大好きだった。小3の頃、兄のカーレースゲームがきっかけで、レースに目覚める。小4~高1までレーサーを目指し地元長岡でカートレースに打ち込む。
歌とレーサー、二つの夢を追いかけた。しかし、現実の高い壁にぶち当たりレーサーの夢は
あきらめた。祖母に知らされたNHKのど自慢に出場し、見事今週のチャンピオンを獲得。
ここから、もうひとつの夢、歌の道を歩むこととなる。


2017.1.18 発売
中澤卓也「青いダイヤモンド/黄昏に

 

【収録曲】
1.青いダイヤモンド/黄昏に
作詩:田久保真見/作曲:田尾将実/編曲:川口真
2.黄昏に 
作詩:田久保真見/作曲:田尾将実/編曲:南郷達也
3.青いダイヤモンド(オリジナル・カラオケ)
4.黄昏に(オリジナル・カラオケ)


中澤卓也さんの「青いダイヤモンド」は歌の手帖は2月号、カラオケファンは3月号に楽譜があります。