演歌以外:「日本人が代々教わってきたこと」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「日本人が代々教わってきたこと」についてのお話しです。

今日は、4月2日、今日はどんな記念日でしょうか。

昨日は新しい元号が発表されましたね。「令和」(れいわ)でしたね。

万葉集からの引用と言うことで日本らしさを感じますね。

国際こどもの本の日(International Children’s Book Day)

国際児童図書評議会(IBBY)の創設者・イエラ・レップマンの提唱により、国際児童図書評議会が1966年に制定。
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日。

こどもの本の日

子どもと本の出会いの会が制定。
デンマークの童話作家・アンデルセンの誕生日。

週刊誌の日

1922年のこの日、『週刊朝日』と『サンデー毎日』が創刊された。

雑誌愛読月間 7月21日~8月20日

図書館開設記念日

1872(明治5)年のこの日、東京・湯島に日本初の官立公共図書館・東京書籍館が開設された。

図書館記念日 4月30日

世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)

2007年12月の国連総会で制定された国際デー。

五百円札発行記念日

1951年のこの日、岩倉具視の肖像の500円札が初登場した。
1982年に500円硬貨が発行され、現在では見かけなくなった。

歯列矯正の日

歯列矯正医院専門のマネージメント会社・オーシーエージャパンが2001年6月に制定。
4(し)0(れ)2(ツー)で「しれつ」の語呂合せ。

CO2削減の日

リサイクル部品による自動車修理を行う浜松市の富士金属工業が制定。
「シー(4)オー(0)ツー(2)」の語呂合せ。

マルビナスの日 [アルゼンチン]

1982年のこの日、アルゼンチン軍が英領フォークランド諸島(マルビナス諸島)を占領し、フォークランド紛争が始った。

光太郎忌,蓮翹忌

詩人・歌人・彫刻家の高村光太郎の1956年の忌日。
アトリエの庭に咲く連翹の花を大変愛していたことから連翹忌とも呼ばれる。

「日本人が代々教わってきたこと」のお話です。

日本の父母は、つい最近まで三つのことを教えました。

・お天道様が見ている。

・ご先祖様に恥ずかしいことをするな。

・故郷に錦を飾りなさい。

お天道様も、ご先祖様、故郷も、もちろん見ているはずもない。

難しい言葉で言えば、形而上的存在である。

誰が見ていなくとも、正しく行動する。

その大切さを父母は子供たちに伝えた。

そして正しく信頼を積む行動をしていれば、お天道様、先祖、そして故郷が応援してくれる、との意味もあったに違いない。

日本人は、日頃の振る舞いが天気すら左右すると考えた。

いや今でも、心の奥底にそんな思いを抱いているのではないだろうか?

「みなさんの日頃の行いが良いのでしょう。お天気になりましたね!」

小学校の遠足の時、そんな言葉をバスガイドから言われた記憶がある。

「お前の日頃の行いが悪いから、せっかくのゴルフなのに雨だぜ」気象と日頃の行いの間には、何の因果関係も科学的にはないことが分かっているにもかかわらず、そんな軽口を叩くこともあるだろう。

しかし、私たちは、日常の立居振る舞いが小さな幸運をもたらすと、どこかで確信めいた何かを持っているのではないだろうか。

【「騙されるな」と教えた外国人、「騙すな」と教えた日本人】

先祖代々続いてきた家名に傷をつけ、集落の人々の信用を失うことは、最も恐ろしい事と教えられてきたのです。

信用は、一刻の利よりも大切だと。

誰も見ていない時、独りでいるときの振る舞いこそ、そのひとの品性を表します。

監視されていないと出来ない?

褒めてくれる人がいないと出来ない?

独りだとサボる?

それでは幼児性からの脱却がなされていない子供と一緒です。

知り合いの社長の家に、乞食の方が「お金か食べるものをください」と来たそうです。

その社長は、「わかりました。では庭の草むしりをしてくれたら差し上げます」と言ったそうです。

しばらくして庭をのぞいてみると、その乞食の方は庭でボーっと座っていただけで、ほとんど草はとられていなかったのだとか。

飲み物だけ差し上げて帰ってもらったそうです。

仕事でも勉強でもスポーツの世界でも、楽をする多くの人が勘違いをしているのが、「ずる賢く立ち回ったとしても、最終的な結果はつじつまが合うようにできている」ということを知らないのです。

コツコツ頑張っている人を見て、誰が放っておけるでしょう。

泣きながらでも歯を食いしばって挑んでいる人を、見過ごすことができますでしょうか?

そう、みんな見ていないようで見ています。

神さまもお天道様もご先祖さまも見ています。

誰よりも何よりも、自分自身がそんな誇らしい自分を一番見ています。

だから、そういう人に、不思議な力が宿るのです。

天に愛される人になっていきたいですね。

スポンサーリンク