演歌以外:「言葉を選択する」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「言葉を選択する」についてのお話しです。

今日は、7月16日、今日はどんな記念日でしょうか。

国土交通Day

国土交通省が2001年に制定。
1999年のこの日、国土交通省設置法が公布された。
国土交通行政に関する意義、目的、重要性を理解する日。

国土建設記念日 7月10日

駅弁記念日

1885年のこの日に開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初の駅弁が発売された(ただし、これより早く他の駅で駅弁が販売されていたとする主張もある)。
宇都宮市で旅館業を営んでいた白木屋嘉平が、たまたまその旅館に宿泊していた日本鉄道の重役の薦めで販売した。握り飯2個とたくあんを竹の皮に包んだもので、値段は5銭だった。

駅弁の日 4月10日

外国人力士の日

1972年のこの日、大相撲名古屋場所で、ハワイ出身の力士・高見山大五郎が外国人力士として初めて幕内優勝した。

虹の日

デザイナーの山内康弘が、「人と人、人と自然、世代と世代が虹のようにつながる日に」と制定。
七(なな)一(い)六(ろ)で「七色」の語呂合せ。

籔入り

昔、商店に奉公している人や、嫁入りした娘が、休みをもらって家に帰った日。
この日と1月16日だけ実家に帰ることが許されていた。

籔入り 1月16日

盆送り火

盆の最終日。祖先の精霊を送る為に火を焚く。また、祭壇に供えたものは精霊船に乗せて川や海に流す。
月遅れの8月16日や旧暦7月16日に行う地方もある。

盆・盂蘭盆会 7月15日
盆迎え火 7月13日

閻魔賽日,十王詣

正月16日と7月16日の閻魔賽日(地獄の釜の蓋が開いて鬼も亡者も休むとされる日)に、寺院で十王図や地獄相変図を拝んだり、閻魔堂に参詣したりすること。
十王とは地獄にいて亡くなった人の罪を裁く10人の判官のことで、特に閻魔王のことを指す。

閻魔賽日 1月16日

カラヤン忌

「楽壇の帝王」と呼ばれたオーストリアの指揮者・カラヤンの1989年の忌日。
友人でもあったソニーの大賀典雄社長とカラヤンの自宅で会談中に心不全となり、大賀の腕に抱かれて亡くなった。

「言葉を選択する」ということは

ある方がこんな質問をしたそうです。

「『ありがとう』と口に出してはいても、心の中では反対のことを考えることがあります。

心と言葉は裏腹で、『ありがとう』と言いながら『ふざけるな』『嫌いだ』と否定的に考えてしまうときがあるんです。

心の中がどうであれ、とりあえず『ありがとう』と言っていれば、神様は味方をしてくれるのでしょうか・・・?」

これに対する答えが以下になります。

心の中で思う力(=想念)よりも、「口に出した力」のほうが、はるかに大きなエネルギーを持っています。

ですから、心の中で何を考えていたとしても、「ありがとう」を口に出したほうがいいと思います。

喫茶店に行って、「コーヒーを飲むぞ、コーヒーを飲むぞ」と心の中で強く思いながらも、「紅茶をください」と口に出せば、出てくるものは「紅茶」です。

「あなたは今、『紅茶をください』と言いましたが、心の中では『コーヒーを飲むぞ』と考えていましたね」と言って、コーヒーを持ってくる店員がいるでしょうか?いません。

「想念の力」が「1」だとすれば、「言葉の力」は、1万倍にも、1億倍にも、1兆倍にもなります。

心を込めなくてもいいから、「ありがとう」をたくさん言っている人には、「ありがとう」と言いたくなるようなことが、次から次へと起きてくることになります。

目の前に嫌いな人がいて、心の中では「この人のことが嫌いだ、苦手だ、このやろう」と思っていても、「ありがとう」と言ってみる。

言われた相手はきっと「感謝された」と思うはずです。

人間の脳は、矛盾を嫌うそうです。

言葉で「ありがとう」と言い、心の中で「むかつく」と思っていたとしても、

言葉を発した「ありがとう」の理由を探し始めるそうです。

そうすると、「あっ、そういえば昔あの人に奢ってもらったな」「もしかしたら言い辛いことを言ってくれているのかもしれないな」といった具合にありがとうの理由を探すのです。

「ありがとう」の言葉によって、次第に相手の態度も変わってきたりします。

結果的に口だけで言ったはずの「ありがとう」が、心からの「ありがとう」に変わっていくという。

逆に、言葉で「嫌い」と言い、心の中で「むかつく」と思っていた場合は、矛盾がありませんのでそのままです。

つまり、

「言葉を選択するということは、結果を選択することに等しい」
ということになりますね。

「むかつく」を多く言えば、むかつく理由をいっぱい見つけて、よりむかつく相手となり、そう思っている自分も「むかつく」という心が付いて回る人生になります。

「ありがとう」を多く言えば、ありがたい理由をいっぱい見つけて、より有りがたい出来事に出合い、そう思っている自分も「ありがとう」という心といつも一緒にいられます。

「ありがとう」の言葉を声に出していきましょうね。

スポンサーリンク