演歌以外:「笑う」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「笑う」についてのお話しです。

今日は、8月20日、今日はどんな記念日でしょうか。台風も過ぎて少しずつ涼しくなっているような気がします。

交通信号設置記念日

1931年のこの日、銀座の尾張町交叉点(現在の銀座4丁目交叉点)・京橋交叉点などに、日本初の3色灯の自動信号機が設置された。

NHK創立記念日

1926年のこの日、社団法人日本放送協会(NHK)が設立された。

蚊の日

1897年のこの日、イギリスの細菌学者ロナルド・ロスが、羽斑蚊類の蚊の胃の中からマラリアの原虫を発見した。

建国記念日 [ハンガリー]

ハンガリー初代国王で、カトリックの聖人に列せられているイシュトヴァーン1世の聖名祝日。

独立回復記念日 [エストニア]

1991年のこの日、エストニアがソビエト連邦から分離独立した。

定家忌

鎌倉時代の歌人・藤原定家の1241(仁治2)年の忌日。
「小倉百人一首」の撰者と言われている。

「笑う」ことについて

AIG全英女子オープンを制し、日本勢42年ぶりのメジャー制覇を成し遂げた渋野日向子さんの笑顔は日本中を笑顔に変えてくれましたね。

渋野日向子さんの笑顔は、笑うことで感情がポジティブになるそうです。

彼女のメンタルの特徴はなんといってもスマイリングシンデレラと呼ばれる笑顔にあるそうです。
感情のセルフコントロールにおいて、「笑顔」は猛烈にプラスに働くそうです。

意識的に笑顔をつくること脳は楽しいと勘違いし、感情もポジティブになりやすいのです。

渋野選手は8月6日の帰国会見で「プロゴルファーはギャラリーに見せる競技なので、その方に楽しんでもらう為には自分が心の底から楽しんで笑顔でやらないといけないと思うので、そこは心がけています」と語っています。

この言葉からもわかるように渋野選手はどんなときでも笑顔でのプレーを意識することで仮にイライラや焦り、プレッシャーを感じたとしても、また大舞台での優勝争いという状況でも自然体なメンタルを維持することにつながっていたのではないかと考えられますね。

慣れていないことをすると、使われていなかった脳の機能が動き始めて活性化するといわれています。

料理好きな男性もいますが、「結婚して以来、料理を作ったことはない」という人は、休日にチャレンジすると脳の活性化に役立つのです。

見よう見まねで久しぶりに作った料理が不出来だったときには、ご家族に苦笑されてしまうことはありますね。

「お父さん、これ目玉焼き?破れた服のようになっているよ」などと子どもに笑われたら、一緒に大笑いすることで脳はさらに活性化されます。

笑いと健康に関する研究はいろいろと行われており、ストレス軽減や免疫力の向上などに加え、脳の記憶に関わる海馬を刺激するといわれています。

過度なストレスを感じて「笑えない」こともありますが、ご家族に何かいわれてブスッとするようでは、家庭も暗くなりがちです。

「お父さんが怒っている」と思えば、お子さんも笑えません。

「何かいうと叱られそう」とお子さんが考えたら、親子の会話も成立しづらくなってしまいます。

もちろん、笑いたくても笑えない状況もあるでしょう。

そのようなときに、「鏡に向かって作り笑いをする」という人がいました。

「無理に笑おうとすると顔が引きつりましてね。何度も繰り返している自分が滑稽で、自然に笑いが出てきます」と話していました。

ジョークを考えることも、頭を働かせるので脳を活性化させます。

“笑い”がもたらす 健康効果より引用

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/200908.html

私たちが笑うと、免疫のコントロール機能をつかさどっている間脳に興奮が伝わり、情報伝達物質の神経ペプチドが活発に生産されます。
“笑い”が発端となって作られた”善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化します。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まるというわけです。
逆に、悲しみやストレスなどマイナスの情報を受け取ると、NK細胞の働きは鈍くなり免疫力もパワーダウンしてしまいます。

ただ、免疫力は強ければよいものではありません。リウマチや膠原病など自己免疫疾患と呼ばれる病気は、免疫システムが体に悪い影響のある物質だけでなく自分自身の体まで攻撃することで引き起こされます。
実験を行ったところ、”笑い”にはこうした免疫システム全体のバランスを整える効果があることも明らかとなりました。
つまり大いに笑えば、がんやウイルスに対する抵抗力が高まり、同時に免疫異常の改善にも繋がるのです。

19世紀~20世紀に活躍したアメリカの詩人“エラ・ウィーラー・ウィルコックス”の言葉です。

「貴方が笑えば、世界は貴方と共に笑う

貴方が泣くとき、貴方は一人で泣く」

「この地球は涙の谷

悩みごとや悲しいことでいっぱいだ

そこで喜びはどこからか借りてこなくてはならぬ

その借り方は・・・

あまり有効な方法ではないが、しかしこの方法しかないので、あえていうが・・・

とにかく笑ってみること

笑うことで喜びを借りてくることができる」

「人生が楽しい時、笑うことは誰にでも出来る。

でも、本当に偉大な人っていうのは、人生の全てがうまくいかない時にでも、笑うことが出来るのよ」

笑うと決めるのです。

笑うと決めるから、笑えるのです。

笑顔や笑いは大切ですね。

周りの人にとっても、自分自身にとっても。

周りの人はその時だけだから、しかめっ面の人がいたとしてもその時だけで終わるけど、自分がしかめっ面だったら、ず~っとしかめっ面と一緒です。

ず~っと一緒だとしたら、笑顔の方がイイですよね。

笑顔、笑い、意識していきましょうね。

スポンサーリンク