新曲紹介。長山洋子さんの「別れ上手」7月19日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2017年7月19日発売の長山洋子さんの「別れ上手」です。

長山洋子、デビュー35周年記念第一弾シングル「別れ上手」2017年7月19日(水)発売!

~大好きだけど大嫌い、別れ上手な色男(おとこ)にご用心!
“でもね・・・”に続く長山洋子のPOP歌謡~

「別れ上手」
男と女の間には様々な出逢いがある。いつどこでどんな男女(ひと)にどんなドラマが生まれるかわからない、皆、次は・・・次は・・・“幸せな恋”に巡り合えると信じて生きている。大人の女性は恋の駆け引きがうまくなくても時として、その数だけ魅力を持たせ艶のあるいい女性へと導くこともある。
そんな曲「別れ上手」は演歌・長山洋子とはまた別な魅力を引き出したく、作曲家 浜圭介氏に依頼。今の長山洋子だからこそ艶やかそしてちょっといたずらっぽく、可愛らしく、歌い演じあげることができる。

「嘘だといって」
今回のテーマのポップ歌謡で長山洋子の隠れた名曲(1996/6/21発売)「ヨコハマ・シルエット」のカップリング曲に入っていた「嘘だといって」を収録。

2017年7月19日のNEWS

演歌歌手の長山洋子(49)が18日、東京・銀座のキャバレー「白いばら」で新曲『別れ上手』の発売イベントを行った。

 女性と「別れ上手」な男を歌ったポップ歌謡で、男を色っぽく指さす振り付けが特徴。「芸能界でも上手に別れられない方がいますね」と質問されると、「それぞれの夫婦間や家族間でしか理解できないことがある。私がとやかく言うことではないですね」と話した。(スポニチアネックス)

長山洋子「別れ上手」
Victor Entertainment 公式チャンネル

長山洋子「別れ上手」カラオケ


収録曲
1. 別れ上手
2. 嘘だといって
3. 別れ上手 ~オリジナルカラオケ~
4. 嘘だといって (オリジナル・カラオケ)

2017年7月19日発売
[カセットテープ/CD][VICL-37295/VISL-37295]
販売価格: 1,300円(税込)

今年は長山洋子にとって演歌デビュー25年目に突入する。しかし長山洋子はそれ以前にアイドルでデビューし10年間活動している、つまり“デビュー35周年”になる。今、演歌界では“トップクラスの長山洋子”ということは衆知するところであるが、アイドルのDNAをも持ち合わせていることはなかなか知られていない。ミニスカートから着物に着替え演歌道を歩んできた、今の長山洋子だからこその35周年記念第一弾シングル曲、歌唱力の幅の広さを感じさせる、POP歌謡の「別れ上手」なのである。


長山洋子 じょんから女節

蜩-ひぐらし 長山洋子

長山洋子 捨てられて

長山洋子 – オフィシャルブログ

https://ameblo.jp/yoko-nagayama/

長山洋子 – オフィシャルホームページ

http://www.jvcmusic.co.jp/yoko/

長山洋子 プロフィール

<プロフィール>

本名・・・・長山洋子
生年月日・・昭和43年1月13日
出身地・・・東京都大田区
血液型・・・AB型

‘84年4月、16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。’86年10月、ユーロビートに乗せたカバー『ヴィーナス』がヒット、‘88年に映画「恋子の毎日」に主演するなど、歌手・女優としてキャリアを重ねる。

デビュー10年目の’93年、25才で演歌歌手に転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『蜩(ひぐらし)』を発売、演歌界に新風を吹き込み、年末の各賞受賞はじめNHKの紅白歌合戦への初出場を果たす。その後もヒットを連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界の奇才・羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。

また、ビクター少年民謡会時代の経験を生かした津軽三味線と民謡の披露など、コンサートにも一層の磨きがかかっていく中、立ち弾き三味線で唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深みを増した表現力で独自の世界を創出し、演歌ファンに強烈にアピールした。

2005年からはタイトルに『洋子の・・・』と冠した3部作をリリース。「美しい日本の原風景」をテーマに長山洋子自身も制作に参加した連作で、オリジナルアルバム『洋子の紙芝居』はそれらを集約した意欲作である。
2006年は作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒットを記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。
2007年は「演歌転身15周年」の記念の年!3月のスペシャルCDボックスの発売に始まり、8月には記念シングル『悦楽の園』を発売、9月には千葉県市原市有秋公園にて記念コンサートを開催し、その模様を完全収録したDVDを12月にリリースした。
そして演歌転身15周年記念シングル第2弾として『望郷ひとり泣き』をリリース、2008年の幕を開けた。

長山洋子さんのニューシングル「別れ上手」は月刊カラオケファン・歌の手帖 2017年 09 月号に掲載されています。

カラオケファン歌の手帖とも9月号はまだ発売されていません。21日に発売予定です。

内容は、紹介していますのでご覧ください。

長山洋子さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

長山洋子さんの楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「長山洋子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

スポンサーリンク