JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/1/29更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/1/29更新

今日は、1月30日、今日の記念日です。

3分間電話の日

1970(昭和45)年のこの日、公衆電話からの市内通話の料金が3分で10円になった。
それまでは1通話10円で、時間は無制限だった。

殉教者の日 [インド]

1948年のこの日、マハトマ・ガンディーが暗殺された。

孝明天皇祭

宮中祭祀の一つ。1874(明治7)年から1912(明治45)年までは国の祭日として実施。
1866(慶應2)年12月25日(新暦1867年1月30日)、孝明天皇が崩御した。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
4 位は、 テレサ・テン さんの「 つぐない 」
5 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」

今週は先週と全く同じでした。この5曲はDAMでも上位ですし、常に毎週多くの人が歌っているのでしょうね。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週も、4曲が入れ替わりました。先週も4曲でしたので落ち着いてきた感じですね。今週は新曲が2曲ありました。88 位の 大月みやこ さんの「 女の港 」と91 位の 村田英雄 さんの「 王将 」は再登場曲でこの2曲もよく歌われていますね。

67 位の 増位山太志郎 さんの「 涙の夜風 」

 

88 位の 大月みやこ さんの「 女の港 」

 

91 位の 村田英雄 さんの「 王将 」

 

93 位の 千葉一夫 さんの「 かすみ草 」

 

村田英雄 さんの「 王将 」

 

作詞は西條八十、作曲は船村徹
村田英雄最大のヒット曲であり、当時売り上げが150万枚を超えたなど、爆発的な人気になった

【収録曲】

1. 無法松の一生 ( 度胸千両入り )
2. 花と竜
3. 人生劇場
4. 王将
5. 柔道一代
6. 姿三四郎
7. 柔道水滸伝
8. 男の土俵
9. 蟹工船
10. 浪花の勝負師
11. 黒田武士
12. 侍ニッポン
13. 祝い節
14. 皆の衆
15. お手を拝借
16. 夫婦春秋

https://columbia.jp/artist-info/murata/prof.htmlより引用

村田英雄 ヒストリー

村田英雄は本名を梶山勇といい、昭和4年1月17日、福岡県浮羽郡吉井町(現:うきは市)に生まれた。生後まもなく、浪曲師の浪花綱若、曲師の出利羽スミ子夫妻の養子となって佐賀県・相知へ移住。その頃から茶目丸と名乗って両親と一緒に樺太や朝鮮にまで巡業に廻った。
昭和11年に浪曲師・酒井雲に弟子入りし、昭和17年、13歳の時に酒井雲坊となる。村田は幼い頃から培ってきた才能を余すところ無く発揮し、“天才少年浪曲師”と呼ばれる。
日本が敗戦し、占領下、義理や人情という日本固有の価値観が否定されて浪曲が衰退する中も盛んに浪曲を演じ続け、昭和29年には新作浪曲コンクールで優勝。これをきっかけに村田英雄への改名披露公演を行い、浪曲師・村田英雄は名実ともにスターとなる。
そんな折、歌謡界の重鎮・古賀政男から歌謡界デビューの話を持ちかけられ、昭和33年8月に「無法松の一生」で歌謡界デビュー。「度胸千両」はこのB面曲だった。(現在は「無法松の一生〜度胸千両入り〜」として歌われることが多いこの2曲だが、発売当初は全く別々の曲で、まとめて歌われるようになったのは後のこと。)こうして華やかにデビューを飾った村田だが、「無法松の一生」はヒットしなかった。
そんな村田が花開いたのは、昭和36年11月に発表した、西條八十作詩、船村徹作曲の「王将」だった。これが空前のヒットを記録、戦後初のミリオンセラーとなった。この「王将」のヒットで、以前に発表した「無法松の一生」、「度胸千両」、「人生劇場」なども注目を集め、それぞれ発売から約3年の月日を経ての大ヒット曲となり、歌手・村田英雄の地位を不動のものにした。(村田のヒット曲の1つとして知られている「夫婦春秋」は、昭和42年に発売された曲だが、発売から10年以上経った昭和50年代半ば、カラオケブームに乗ってヒットした曲である。)
平成3年に愛妻のユイ子さんを亡くして体調を崩すまで、発表する曲は常にチャートインするなど、息の長い熟年パワーを力強く見せてくれた。その後、長年の持病であった糖尿病からくる壊疽のために足を切断し、不自由な体となっても村田は決して歌うことをやめなかった。息の長い歌を、息の長い歌手として歌い続けてくれるだろうと期待していたが、平成14年6月13日、男・村田の「人生劇場」は73年の幕を下ろした。

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。

DAMのカラオケランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(1月26日更新分) 今日は、1月29日、今日の記念日です。 タウン情報の日 タウン情報全国ネットワークが制定。 1973(昭和48)年のこの日、日本初の地域情報誌『ながの情報』が発行された。 昭和基地開設記念日 1957(昭和32)...

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/1/22更新 今日は、1月23日、今日の記念日です。 電子メールの日 電子メッセージング協議会(現在のEジャパン協議会)が1994年に制定。 「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合せ。 インターネット記念日 11月2...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2020/1/29更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
4 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
5 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
6 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
7 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
8 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
9 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
10 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
11 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
12 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
13 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
14 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
15 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
16 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
17 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
18 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
19 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
20 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    
21 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
22 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
23 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
24 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
25 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
26 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
27 小林幸子 雪椿        
28 大月みやこ 涙川 2019年11月号 2019年11月号   2019年11月・12月号
29 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
30 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
31 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
32 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
33 梅沢富美男 夢芝居        
34 福田こうへい アイヤ子守唄 2019年12月号 2019年12月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
35 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
36 三山ひろし 北のおんな町 2020年02月号 2020年02月号    
37 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
38 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
39 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
40 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
41 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
42 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
43 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
44 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
45 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
46 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
47 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
48 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
49 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
50 椎名佐千子 丹後なみだ駅 2020年02月号 2020年02月号    
51 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号   2009年5月・6月号
52 吉幾三 酔歌   2017年09月号    
53 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
54 丘みどり 紙の鶴 2019年04月号 2019年03月号 2019年04月号 2019年3月・4月号
55 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
56 伍代夏子 雪中相合傘 2020年02月号 2020年02月号    
57 三橋美智也 古城 2008年03月号      
58 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号    
59 細川たかし 北酒場   2010年04月号    
60 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号    
61 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
62 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
63 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
64 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
65 井上由美子 野付半島 2020年01月号 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
66 鳥羽一郎 男の庵 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
67 増位山太志郎 涙の夜風 2020年03月号 2020年03月号    
68 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
69 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号   2004年1月・2月号
70 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号    
71 岩本公水 能取岬 2019年09月号 2019年09月号   2019年9月・10月号
72 北原ミレイ 明日へのかけ橋 2020年02月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
73 上沼恵美子 時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
74 都はるみ 好きになった人        
75 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
76 大川栄策 雪ノ花 2020年01月号 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
77 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
78 真木ことみ すずらん食堂 2020年01月号 2020年01月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
79 川野夏美 満ち潮 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
80 石原裕次郎 ブランデーグラス     2016年12月号  
81 夏木綾子 木曽の雨 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
82 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子        
83 角川博 博多川ブルース 2019年09月号 2019年09月号   2019年9月・10月号
84 市川由紀乃 雪恋華 2019年03月号 2019年03月号 2019年04月号 2019年3月・4月号
85 神野美伽 冬の月 2008年04月号 2008年06月号   2008年5月・6月号
86 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号     2002年3月・4月号
87 藤あや子 ふたり道 2001年08月号 2015年05月号 2020年01月号 2001年11月・12月号
88 大月みやこ 女の港 2004年07月号 2011年04月号    
89 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号      
90 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号   2007年5月・6月号
91 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号    
92 島津悦子 瀬戸内ぐらし 2019年11月号 2019年11月号 2019年11月号 2019年11月・12月号
93 千葉一夫 かすみ草 2005年12月号 2005年12月号   2005年11月・12月号
94 都はるみ 北の宿から 2003年12月号   2019年03月号  
95 長保有紀 北風酒場 2020年02月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
96 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号   2014年7月・8月号
97 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号      
98 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
99 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号 2016年12月号  
100 北島三郎 風雪ながれ旅 2001年12月号 2006年04月号