カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(2月2日更新分)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(2月2日更新分)

今日は、2月5日、今日の記念日です。

長崎二十六聖人殉教の日

1596(慶長元)年のこの日、豊臣秀吉のキリスト教弾圧により、長崎西坂で26人のキリスト教徒が処刑された。

殉教したのはペトロ・バプチスタ神父ら外国人6人と三木パウロ、茨木ルドビコ神父ら日本人20人で、この26人は1862年にローマ教皇ピウス9世によって聖人に列せられた。

プロ野球の日

1936年のこの日、全日本職業野球連盟が結成された。

当時は東京巨人軍(現 読売ジャイアンツ)・大阪タイガース(現 阪神タイガース)・大東京軍・名古屋軍(現 中日ドラゴンズ)・阪急(現 オリックスバファローズ)・東京セネタース・名古屋金鯱軍の7チームだった。

ベースボール記念日 6月19日
野球の日 8月9日
プロ野球誕生の日 12月26日
プロ野球ナイター記念日 8月17日

ふたごの日

双子育児用品の専門店・ベラミが制定。

「ふた(2)ご(5)」の語呂合せ。

日本語検定の日

日本語検定に協賛している東京書籍がそのPRのために制定。
「に(2)ほんご(5)」の語呂合せ。

語彙の日 5月1日

笑顔の日

「ニ(2)コ(5)ニコ」の語呂合せ。

笑いの日 8月8日

憲法記念日 [メキシコ]

1917年のこの日、メキシコで現行の憲法が採択された。

気象予報士の日 [アメリカ合衆国]

アメリカの最初の気象観測者であるジョン・ジェフリーズの1744年の誕生日。

気象予報士の日 8月28日

今週の1位~5位は

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」、2位は、坂本冬美 さんの「 俺でいいのか 」、3位は、石川さゆり さんの「 天城越え 」が3週連続ですね。今週は4位が大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」に入れ替わっただけでした。

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 坂本冬美 さんの「 俺でいいのか 」
3 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
4 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」
5 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」

今週の入れ替わり曲は

今週は7曲入れ替わっています。すべて懐かしい曲ばかりでした。新曲が1曲もないのは久しぶりですね。

76 位の 並木路子 さんの「 リンゴの唄 」
82 位の 橋 幸夫・吉永小百合 さんの「 いつでも夢を 」
89 位の 水前寺清子 さんの「 三百六十五歩のマーチ 」
91 位の ディック・ミネ さんの「 旅姿三人男 」
92 位の 春日八郎 さんの「 お富さん 」
98 位の コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) さんの「 東京のバスガール 」
100 位の 二葉百合子 さんの「 岸壁の母 」

並木路子 さんの「 リンゴの唄 」

コメントの中にもありますように、

40代以下の人達にこの歌を聞いてほしいですね
今の日本というか、あなた達の生活があるのは曽祖父母や祖父母、両親達の日々食べていくだけでも困難な当時の日本を生き抜き、建てなおしたからこそあるのだと思います
この歌は新生日本、孫子の代に二度とこのような何につけても不自由な生活にならぬようにとの思いを歌ったものだと思います。

演歌好きもそう思います。

 

 

【収録内容】

01 リンゴの唄
02 そよかぜ
03 可愛いスイートピー
04 東京ルンバ
05 この母この子
06 恋の流れ星
07 美しきアルプスの乙女
08 バナナ娘
09 ルムバの舞姫
10 パチンコ娘
11 陽気なカナリア娘
12 牧場のバンジョー
13 ペンギン鳥の夢
14 ホープさん
15 黒い扇
16 森の水車
17 風船玉の唄
18 明るいひととき
19 二人でいれば
20 見たり聞いたりためしたり

日本人あれば誰でも一度は聞いたことがある、戦後の大ヒット流行歌第一号『リンゴの唄』、終戦後の日本人に希望を与えた溌剌とした歌声で一世を風靡した並木路子の20年ぶりのベスト・アルバム。

松竹歌劇団の出身で、1943(昭和18)年に「御代の春」で歌手デビュー。45年に製作された戦後第1号の映画「そよかぜ」の挿入歌「リンゴの唄」を歌って人気を呼び、翌年発売のこの曲のレコードが爆発的に売れて、代表作になった。

 サトウハチローさん作詞の「赤いリンゴに唇(くちびる)よせて…」で始まる「リンゴの唄」は、並木さんの屈託のない歌声によって、戦後のすさんだ人々の心を慰め、明日への希望を与えた。今も懐メロとして根強い支持を保っている。

 東京大空襲で母が、終戦後の引き揚げ途中に父が亡くなり、兄は戦死と、並木さんにとって戦争は痛ましい記憶だった。終戦直後を振り返り「毎日、ひえや芋を混ぜたご飯を食べるだけ。リンゴってどんな味がしたんだろうと思い出しながら歌った」と語っていた。

http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20010408000072より引用

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週のランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(1月26日更新分) 今日は、1月29日、今日の記念日です。 タウン情報の日 タウン情報全国ネットワークが制定。 1973(昭和48)年のこの日、日本初の地域情報誌『ながの情報』が発行された。 昭和基地開設記念日 1957(昭和32)...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
2 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
3 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
4 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
6 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
7 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
8 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
9 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
10 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
11 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
12 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
13 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号      
14 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
15 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
16 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
17 欧陽菲菲 ラブ・イズ・オーヴァー   2014年02月号    
18 大月みやこ 涙川 2019年11月号 2019年11月号   2019年11月・12月号
19 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
20 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
21 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
22 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪        
23 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
24 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
25 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号    
26 小林幸子 雪椿        
27 福田こうへい アイヤ子守唄 2019年12月号 2019年12月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
28 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
29 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
30 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
31 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
32 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
33 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号      
34 岩本公水 能取岬 2019年09月号 2019年09月号   2019年9月・10月号
35 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
36 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
37 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
38 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
39 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号 2018年8月号  
40 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
41 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
42 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号    
43 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
44 岡晴夫 憧れのハワイ航路        
45 三山ひろし 北のおんな町 2020年02月号 2020年02月号    
46 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
47 夏木綾子 木曽の雨 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
48 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号   2004年1月・2月号
49 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
50 神野美伽 冬の月 2008年04月号 2008年06月号   2008年5月・6月号
51 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
52 フランク永井 おまえに        
53 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
54 椎名佐千子 丹後なみだ駅 2020年02月号 2020年02月号    
55 鳥羽一郎 男の庵 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
56 梅沢富美男 夢芝居        
57 北原ミレイ 明日へのかけ橋 2020年02月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
58 川野夏美 満ち潮 2019年12月号 2019年12月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
59 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
60 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
61 真木ことみ すずらん食堂 2020年01月号 2020年01月号 2020年01月号 2020年1月・2月号
62 都はるみ 好きになった人        
63 丘みどり 紙の鶴 2019年04月号 2019年03月号 2019年04月号 2019年3月・4月号
64 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
65 三橋美智也 古城 2008年03月号      
66 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ   2007年07月号    
67 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号    
68 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
69 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
70 森山愛子 尾曳の渡し 2019年06月号 2019年06月号 2019年08月号 2019年7月・8月号
71 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
72 井上由美子 野付半島 2020年01月号 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
73 大月みやこ 女の港 2004年07月号 2011年04月号    
74 藤あや子 ふたり道 2001年08月号 2015年05月号 2020年01月号 2001年11月・12月号
75 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
76 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号      
77 市川由紀乃 雪恋華 2019年03月号 2019年03月号 2019年04月号 2019年3月・4月号
78 三船和子 だんな様       2007年11月・12月号
79 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
80 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
81 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
82 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号 2017年01月号  
83 橋 幸夫・安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
84 角川博 博多川ブルース 2019年09月号 2019年09月号   2019年9月・10月号
85 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号 2018年8月号  
86 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号    
87 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号   2009年5月・6月号
88 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
89 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号    
90 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
91 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号    
92 春日八郎 お富さん 2000年05月号      
93 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
94 上沼恵美子 時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
95 松尾雄史 俺の花 2020年01月号 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
96 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号   2007年5月・6月号
97 美空ひばり 悲しい酒 2000年12月号   2017年10月号  
98 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号    
99 吉幾三 酔歌   2017年09月号    
100 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号