演歌以外:「応援させる人を目指す」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「応援させる人を目指す」についてのお話しです。

今日は、2月11日、今日はどんな記念日でしょうか。

建国記念の日(National Foundation Day)

“建国をしのび、国を愛する心を養う”国民の祝日。
1966(昭和41)年から国民の祝日になった。

この日はかつて「紀元節」という祝日だったが、戦後になってこの祝日は廃止された。1951(昭和26)年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年以降9回の議案提出・廃案を経て、1966(昭和41)年に、日附は政令で定めるものとして国民の祝日に追加された。

建国記念の日の日附については内閣の建国記念日審議会でも揉めたが、10人の委員のうち7人の賛成により、2月11日にするとの答申が1966(昭和41)年12月8日に提出され、翌日政令が公布された。

「建国記念日」ではなく「記念の日」なのは、建国された日とは関係なく、単に建国されたということを記念する日であるという考えによるものですね。

(旧)紀元節

1873(明治5)年から1948(昭和23)年まで祝日とされ、四大節(新年・紀元節・天長節・明治節)の一つとされていた。

日本書紀による神武天皇即位の日・紀元前660年1月1日を新暦(グレゴリオ暦)に換算した2月11日を祝日と定めた。当初は1月29日だったが、翌年から2月11日に変更された。戦後、日本国憲法の精神にそぐわないとして廃止されたが、昭和41年に「建国記念の日」として復活した。

1873(明治5)年11月15日、紀元前660年を元年として「皇紀○年」という年の数えかたが作られたが、現在ではほとんど使われていない。

文化勲章制定記念日

1937(昭和11)年のこの日、文化勲章令が定められ、文化の発展に優れた業績をあげた各界の人に文化勲章が贈られることになった。

万歳三唱の日

1889(明治22)年のこの日、帝国憲法発布の記念式典で、初めて万歳三唱が行われた。

干支供養の日

干支置物等を製作している陶磁器メーカー・中外陶園が制定。
立春の直後で、十と一を組み合わせると「土」になることから。
一年間大切に飾られ厄を払ってくれた干支置物に感謝し、元の土に還す日。

仁丹の日

携帯用口中清涼剤「仁丹」を製造販売している森下仁丹が制定。
1893(明治26)年の同社の創業日と、1905(明治38)年の「仁丹」の発売日から。

イスラム革命記念日 [イラン]

1979年のこの日、ホメイニ師率いる革命軍がイランの首都テヘランを掌握した。

「応援させる人を目指す」というお話です。

テレビのお笑い芸人たちを観察していると、非常にわかりやすい事実が浮き彫りになってきます。

すぐに消える一発屋は例外なく観客から笑われているのに対して、出世する芸人は観客を笑わせています。

前者は素人の学園祭レベルの芸であり、後者はプロの仕事師の芸ですね。

観客が笑っているという現象において両者に差はないように見えるが、その本質はまるで対極なのです。

プロの仕事とは、その気のない人をその気にさせてしまうことなのです。

笑う気のないブスッとした客さえも笑わせてこそ、お笑い芸人としてプロの仕事をしたと言えるのです。

これは応援についても同じことが言えます。

あなたは応援される人ではなく、応援させる人を目指すべきですね。

あなたが応援されているということは、相手が上であなたが下だという揺るぎない地位が固定されるということです。

つまり同情されているということになります。

同情されて応援されてもその関係は決して長続きしません。

なぜならそれは、“憐れみ”をベースとした関係であり、どちらか一方が堪えられなくなって崩壊するからですね。

人には尊敬されたいという確固たる承認欲求があるのだから、これに反する行為は自然の摂理に反するから継続できないのです。

これに対して応援させるためには、敬意をベースとした関係を築いていく必要があります。

相手に同情させるのではなく、敬意を払わせることで自然と相手に応援させるのです。

世界的に活躍するカリスマ歌手や作家を想像してみればとてもわかりやすいでしょう。

ファンたちは彼らを応援しているのではなく、応援させていただいているのです。

もちろん長期的な成功者たちはファンに応援をさせることで傲慢にはなりません。

相手を笑わそうと頑張るのか、笑ってくれさえすれば良いと思うのか。

価値を伝えようと頑張るのか、買ってくれさえすれば良いと思うのか。

営業マンも政治家も宗教の勧誘でもネットワークビジネスでも、それ自体は良いものも悪いものもあるのでしょうが、残念でならないのが「お願い」が多いところです。

大体「お願いするとき」は、一生懸命でこちらの気を引こうとしていますが、断った瞬間から手の平を反すように冷たくなります。

相手を「お金」としか思っていない人の特徴です。

それだと、良い人間関係が作れるとは思いませんし、応援されたり売れるようになるとは思いません。

逆に、どんな人が結果を出しているかというと、行動もそれらの人と逆なことをしている人ではないでしょうか。

売り込むときだけ連絡が来る人より、自分の損得抜きで連絡くれる人の方が好かれるでしょうし、

たとえ断られても態度を変えず感謝する人は、自分は無理でも誰かに紹介してあげようと、協力したくなります。

お願いが悪いことではなく、お願いばかりを平気ですることが、自分を小さくしてしまうのです。

王道と覇道の関係にも似ていますね。

王者の道は、労多くして益少なき道

覇者の道は、労少なくして益多き道

瞬間的には儲かるかもしれませんが、長く続くことはありません。

王道と覇道ですが、

人民に対して人徳を持って接し、人民から慕われながら統治するのが王道

人民を武力や権力などで抑えつけ、人民を支配することで統治するのが覇道

というのが本来の意味のようです。

覇道を突き進めば、敵をたおしたとしても、次の強敵が次々と出現するし、見方からも敵対するものが現れ、最後は破滅することになる

王道を行けば、敵であった者でさえも見方にして、全国を統一できる

力あるものはその経済力や権威で人を従わせることが出来る。
孟子はそれを覇道と呼ぶが、覇道を進むものは「千里の大国によりながら人をおそるるもの」になるという。
力によって人を従えている場合は、人々は本心から従っているのではない。
だから裏切りを常に恐れなければならなくなるという意味だ。
武力や経済力、権力を第一の頼みとしている限り、その限界は明白である。

これに対して王道とは道徳によるものである。
道徳による仁愛の政治は人々の心服を勝ち取り、何ものにも破られることのない強固な結束を得る。
そしてそればかりか、さらにその結束を次第に拡大して自然に周辺を感化するものだというのが、孟子の信念であった。
「仁者に敵なし」というのは、そのことである。

感謝をしながら努力を重ねて王者の道を歩いていきたいものですね。

スポンサーリンク