演歌以外:「堅い樫の大木」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「堅い樫の大木」についてのお話しです。

今日は、3月3日、今日はどんな記念日でしょうか。

上巳,桃の節句

上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、後に3月3日に行われるようになった。旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも言われる。

古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。これが平安時代に日本に取り入れられた。後に、紙で小さな人の形(形代)を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

雛祭り

女の子の健やかな成長を願う伝統行事。女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀る。

上巳の日には、人形に穢れを移して川や海に流していたが、その人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになり、雛祭りとして発展して行った。

雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていたが、やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の行事となった。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。

耳の日

日本耳鼻咽喉科学会が1956(昭和31)年に制定。
「み(3)み(3)」の語呂合せ。また、三重苦のヘレン・ケラーにサリバン女史が指導を始めた日であり、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある。

補聴器の日 6月6日
鼻の日 8月7日
目の愛護デー 10月10日

耳かきの日

耳かき具メーカー・レーベン販売が制定。
「耳の日」であることから。

民放ラジオの日

日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008(平成20)年に制定。
「耳の日」であることから。

平和の日

1984(昭和59)年の国際ペンクラブ東京大会で、日本ペンクラブの発案により制定され、翌1985(昭和60)年から世界中で実施された。
「女の子の健やかな成長を祝う雛祭りは平和の象徴である」との考えから。

女のゼネストの日

1997(平成9)年から全国各地の実行委員会が実施。
男女共同参画社会を目指し、「男女平等基本法」制定を求めて女性が立ち上がる日。この日が女の子の節句であることから、この日に実施することになった。

1996(平成8)年に来日したアイスランドのフィンボガドチル大統領の演説がきっかけになり制定された。アイスランドでは1975(昭和50)年と1985(昭和60)年に「女のゼネスト」を行い、何万人もの女性が仕事を放棄して首都レイキャビクに終結し、これを契機に初の女性大統領が誕生した。

金魚の日

日本鑑賞魚振興会が制定。
江戸時代、雛祭りの時に金魚を一緒に飾ったことから。

結納の日

全国結納品組合連合会が制定。
結婚式の「三三九度」から。

サルサの日

ダンスの一つサルサに関する活動を行っている有限会社サルサホットラインジャパンが制定。
303→サンマルサン→サルサの語呂合せ。

ジグソーパズルの日

ジグソーパズルメーカー会が制定。
数字の3を組み合わせるとジグソーパズルのピースの形に見えることから。

三の日

日本三大協会が1993(平成5)年に制定。
日本三大協会は、「三種の神器」「日本三景」等、日本で古来より三つで括ると安定すると考えられたのはなぜか、等を研究している団体である。

三十三観音の日

全国各地の三十三観音霊場で作る「三十三観音ネットワーク会議」が2010(平成22)年の発足会議にて制定。

桃の日

1999(平成11)年に日本たばこ産業(JT)が、同社の製品「桃の天然水」のPRの為に制定。
桃の節句であることから。

闘鶏の節句

宮中では平安時代から旧暦の3月3日に闘鶏が行われていた。

解放記念日 [ブルガリア]

1878年のこの日、オスマン帝国から独立してブルガリア王国が成立した。

立子忌

高浜虚子の子で『玉藻』を主宰した俳人・星野立子の1984(昭和59)年の忌日。

虚子忌 4月8日

堅い樫の大木

「地上最強の商人」より

私は、成功するまで頑張りつづける。

私の毎日の努力とは、あたかも堅い樫の大木に加えられた、斧の一撃のようなものである。

最初に、斧が打ち込まれても、木は微動だにしない。

二度、三度とくり返されても同様である。

それぞれの一撃は無意味であり、何の効果も生じないように見える。

しかし、子供じみたこの一撃も、それがくり返されることにより、樫の木は、ついに倒れるのである。

今日の私の努力は、まさにこれである。

私は、山をも流し去る一粒の雨である。

虎を食いつくす蟻である。

大地を照らす星である。

ピラミッドを築く奴隷である。

私は、レンガを一個ずつ積みあげていって、巨大な城を建てようとする者である。

なぜなら、私は、ほんの小さな試みも、それがくり返されることによって、いかに困難な仕事も成しとげられることを知っているからである。

「北野たけし」さんの著書の中に

「未来というのは結局この一瞬一瞬の積み重ねなんだ。

この今の延長に未来がある。

遠い未来もこの瞬間の積み重ねなんだよな。

だから、今、この瞬間から別の行動を起こせば、未来は変わっていく。

この瞬間から違うことすれば、未来なんて変わるんだ、

そう思う」

毎日毎日同じことの繰り返しのように思える事も、

気付いたら1年前より成長している自分に出会ったりします。

こんなことをしていて意味があるのかな?って思ってしまうこともあるけど、

それでも意識しながら改善しながら歩んでいくと、急に道が拓けることがあるのです。

そんな最幸な出来事が起きる一日も、それに続く今日という一日も、等しく幸せだと思います。

さあ、今日も精一杯斧を振りあげ、樫の木に刻んでいきましょう。

続けることは、いつか実を結びますよね。

1ヶ月後の自分、1年後の自分の成長を願って。

スポンサーリンク