カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(4月5日更新分)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(4月5日更新分)

今日は、4月8日、今日の記念日です。

潅仏会(花祭り,仏生会,浴仏会)

釈迦の降誕を祝して行う法会。
各地の寺では花御堂を設け、堂の中に水盤を置いて釈迦の立像を中央に安置し、参詣者が御像に甘茶を注いでお参りする。甘茶をかけるのは、釈迦の誕生の時9つの龍が天から清浄の水を注ぎ産湯を使わせたという伝説に由来する。

関西では月遅れの5月8日に行われる。

世界ロマの日

1990年の国際ロマ連盟の総会で制定。
ヨーロッパの移動型民族であるロマに関する問題について啓発し、ロマの文化を記念する日。

忠犬ハチ公の日

忠犬ハチ公銅像及び秋田犬群像維持会が制定。1936年から、この日に慰霊祭が行われている。
ハチ公は、東大農学部の上野英三郎博士に飼われていた秋田犬だった。1923年に秋田県大館市で生まれ、1924年から上野博士に飼われることになった。上野博士の存命中は、玄関先や門の前で上野博士を見送り、時には渋谷駅まで送り迎えすることもあった。そして、上野博士が1925年5月に突然亡くなった後も、毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けた。

主人を慕うハチ公の一途な姿は人々に感銘を与え、忠犬と呼ばれるようになり、1934年4月、渋谷駅前に銅像が建てられた。銅像の除幕式にはハチ公自身も出席している。そして1935年3月8日に10歳余りで一生を終えた。

ハチ公の銅像は第二次大戦中に供出され、現在のものは1947年8月に再建されたものである。

参考書の日

学習書協会が1984年に制定。
花祭りの日であり、全国的に入学式が多いこの日が選ばれた。

折り紙供養の日

折り紙作家の河合豊彰さんが提唱。
花祭りの4月8日と達磨忌の10月5日。

折り紙供養の日 10月5日

タイヤの日

日本自動車タイヤ協会が制定。
4月は春の交通安全運動が行われる月であり、8がタイヤをイメージさせることから。

指圧の日

日本指圧協会が制定。

この日が釈迦の誕生日「花祭り」で、釈迦の慈愛の心が指圧の母心に通じる物があるということと、四(し)八(はつ→あつ)で「しあつ」の語呂合せから。

出発の日

味の素が制定。
四(し)八(はつ)で「しゅっぱつ」の語呂合せ。
新生活のスタートの時期にあわせ、乱れがちな生活リズムを整えるために朝食をきちんと摂るよう呼び掛ける。

シワ対策の日

基礎化粧品会社・クリスタルジェミー社長の中島香里氏が制定。
四(し)八(わ)で「しわ」の語呂合せ。

シミ対策の日 4月3日
美白の日 8月9日

ヴィーナスの日

1820年のこの日、エーゲ海のメロス島の農夫がヴィーナス像を発見した。
「ミロのヴィーナス」として知られており、紀元前130年頃に作られたとされている。

虚子忌,椿寿忌

俳人・小説家の高濱虚子の1959年の忌日。
柳原極堂から俳誌『ホトトギス』を継承し、客観写生、花鳥諷詠を提唱した。
椿を愛し、法名を虚子庵高吟椿寿居士ということから、椿寿忌とも呼ばれる。

立子忌 3月3日

佳桜忌

アイドル歌手・岡田有希子の1986年の忌日。
人気の絶頂期に事務所のビルから飛び降り自殺した。
桜の咲く時期であることと本名の佳代から佳桜忌と呼ばれる。

今週の1位~5位は

今週も、変動があって、1 位に、 千昌夫 さんの「 北国の春 」、4 位に、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」が入っていますね。初めてではないでしょうか。
1 位は、 1 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
3 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
4 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
5 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」

今週の入れ替わり曲は

今週は多くて13曲も入れ替わっています。ほとんどが懐かしい曲で、新しい曲は87 位の 香西かおり さんの「 契り酒 」1曲ですね。

64 位の 井沢八郎 さんの「 ああ上野駅 」
70 位の 三船和子 さんの「 だんな様 」
74 位の 二葉百合子 さんの「 岸壁の母 」
76 位の 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ さんの「 お座敷小唄 」
78 位の ディック・ミネ さんの「 旅姿三人男 」
83 位の 菅原都々子 さんの「 月がとっても青いから 」
85 位の 三橋美智也 さんの「 哀愁列車 」
87 位の 香西かおり さんの「 契り酒 」
88 位の ペギー葉山 さんの「 南国土佐を後にして 」
92 位の 美空ひばり さんの「 お祭りマンボ 」
93 位の 美空ひばり さんの「 港町十三番地 」
94 位の 北島三郎 さんの「 まつり 」
98 位の 霧島昇、ミス・コロムビア さんの「 旅の夜風 」

千昌夫 さんの「 北国の春 」

「北国の春」は、1977年4月5日に発売された千昌夫のシングルレコード。同曲のヒットで1977年の『第28回NHK紅白歌合戦』に1971年以来6年振りの出場を果たした。以降、同楽曲の超ロングセラーにより第29回(1978年)、第30回(1979年)と3年連続で披露。紅白歌合戦において、3年連続で同一曲を歌唱するのは「北国の春」が史上初めて。 「北国の春」の累計売上は300万枚。出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/北国の春

帰ろうと思えば帰ることができる故郷。

故郷で待つ人は「いつでも帰っておいで」と言ってくれます。

帰らない理由には、特に無いのかもしれません。

忙しい毎日をこなす間に、帰るきっかけを失ってしまうこともあるのでしょう。

飛び続ける鳥に、羽を休める場所を提供する温かさを持つ「北国の春」ですね。

 

【収録内容】

1. 星影のワルツ
2. 流れ雲
3. 味噌汁の詩
4. あんた
5. さよなら三角また来て四角
6. 北国の春
7. 君がすべてさ
8. アケミという名で十八で
9. 夕焼け雲
10. 俺だって君だって
11. おやじ先生
12. 津軽平野

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週のランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(3月29日更新分) 今日は、4月1日、今日の記念日です。今日から4月、新年度ですね。ただ、新型コロナウイルスの影響で入学式とか入社式とか延期になって大変な新年度の幕開けですね。 カラオケスタジオとかも閉店なので自宅で歌の練習して、外出も控えてス...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
3 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
4 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号      
5 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
6 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
7 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
8 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
9 欧陽菲菲 ラブ・イズ・オーヴァー   2014年02月号    
10 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
11 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
12 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号      
13 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
14 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
15 丘みどり 五島恋椿 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
16 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号    
17 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
18 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
19 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
20 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
21 岡晴夫 憧れのハワイ航路        
22 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
23 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
24 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
25 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪        
26 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
27 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
28 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号    
29 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号      
30 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
31 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
32 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
33 瀬口侑希 おけさ恋歌 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
34 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号    
35 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
36 水森かおり 瀬戸内小豆島 2020年04月号 2020年04月号 2020年05月号 2020年3月・4月号
37 都はるみ 好きになった人        
38 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
39 春日八郎 お富さん 2000年05月号      
40 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
41 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
42 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
43 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号 2017年01月号  
44 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
45 美空ひばり        
46 小林幸子 雪椿        
47 梅沢富美男 夢芝居        
48 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
49 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号 2018年8月号  
50 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号    
51 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号    
52 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号    
53 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号 2016年04月号  
54 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
55 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
56 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
57 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
58 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
59 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号     2002年3月・4月号
60 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
61 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
62 フランク永井 おまえに        
63 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号 2018年8月号  
64 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号      
65 椎名佐千子 丹後なみだ駅 2020年02月号 2020年02月号   2020年3月・4月号
66 梓みちよ 二人でお酒を   2012年09月号    
67 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
68 川中美幸 海峡雪しぐれ 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
69 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
70 三船和子 だんな様       2007年11月・12月号
71 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
72 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
73 三山ひろし 北のおんな町 2020年02月号 2020年02月号 2020年04月号 2020年3月・4月号
74 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号    
75 山内惠介 残照 2020年04月号 2020年04月号    
76 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄        
77 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ   2007年07月号    
78 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号    
79 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号    
80 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
81 三橋美智也 古城 2008年03月号      
82 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
83 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号    
84 増位山太志郎 涙の夜風 2020年03月号 2020年03月号 2020年03月号 2020年3月・4月号
85 三橋美智也 哀愁列車        
86 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号   2004年1月・2月号
87 香西かおり 契り酒 2020年05月号 2020年05月号    
88 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号      
89 橋 幸夫・安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
90 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
91 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
92 美空ひばり お祭りマンボ        
93 美空ひばり 港町十三番地        
94 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
95 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
96 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
97 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
98 霧島昇、ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号      
99 北野まち子 浮き世橋 2020年03月号 2020年03月号 2020年04月号 2020年3月・4月号
100 福田こうへい アイヤ子守唄 2019年12月号 2019年12月号 2020年02月号 2020年1月・2月号