JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/4/22更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/4/22更新

今日は、4月23日、今日の記念日です。

サンジョルディの日

元々はスペイン・カタロニア地方の習慣で、この日、守護聖人サン・ジョルディを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る。この日は「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日でもあるため、スペインでは「本の日」とされている。
日本では日本書店組合連合会、日本カタロニア友好親善協会等が1986年から実施している。

世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day)

国際デーの一つ。スペインからの提案により、1995年のユネスコ総会で採択された。
この日はスペインの習慣である「サン・ジョルディの日」であり、また、セルバンテス、シェイエクスピアなど多くの文筆家の誕生日や命日であることに因むものである。

子ども読書の日

2001年12月に制定。文部科学省が実施。
こどもの読書活動についての関心と理解を深め、こどもが積極的に読書活動を行う意慾を高めることを目的としている。

こどもの読書週間 4月23日~4月12日
こどもの本の日 毎月第4土曜日

地ビールの日

日本地ビール協会を中心とする「地ビールの日選考委員会」が1999年に制定、2000年から実施。日附は公募により選定された。
1516年のこの日、バイエルン国王ウィルヘルム4世が発布した「ビール純粋令」により、水、ホップ、大麦・小麦の麦芽、酵母だけがビールの醸造に使用できることとなって、「ビールとは何か」が世界で初めて明確に定義された。また、この日はドイツの「ビールの日」にもなっている。

国際マルコーニデー

世界で初めて無線による通信を行ったマルコーニを記念する日。
マルコーニはイタリアのボローニャに生まれた。1885年、自宅の窓からモールス信号で2.4kmの無線通信に成功した。これが世界初の無線通信だった。翌年アメリカに渡り、大西洋横断3600kmの通信に成功している。
1909年にノーベル物理学賞を受賞し、1937年に63歳でこの世を去った。

シジミの日

有限会社日本シジミ研究所が制定。
四(し)二(じ)三(み)で「しじみ」の語呂合せ。

消防車の日

日本の消防車の5割を生産する株式会社モリタが制定。
1907年の同社の創立記念日。

ぐんま花の日 [群馬県]

群馬県が2002年に制定。

国民主権と子供の日 [トルコ]

1920年のこの日、現在のトルコ大国民議会(トルコ国会)の起源となる大国民議会が開催されたことを記念。

今週の上位5曲

1 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
2 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」
3 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
4 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 愛燦燦 」

今週は、先週と全く同じ順位でした。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、8曲が入れ替わりました。今週も懐かしい曲ばかりですね。

85 位の 神楽坂はん子 さんの「 ゲイシャ・ワルツ 」
92 位の 三船和子 さんの「 だんな様 」
93 位の 五木ひろし さんの「 細雪 」
94 位の 菅原都々子 さんの「 月がとっても青いから 」
97 位の 細川たかし さんの「 浪花節だよ人生は 」
98 位の ディック・ミネ さんの「 人生の並木路 」
99 位の 大木英夫&津山洋子 さんの「 新宿そだち 」
100 位の 増位山太志郎 さんの「 男の背中 」

神楽坂はん子 さんの「 ゲイシャ・ワルツ 」

亀屋旅館のパンフレット「厚木の鮎漁御案内」によれば、「美人芸妓」は60余名、花代は1時間250円(税込)であり、「ゲイシャワルツ」の作詞者西条八十・作曲者古賀政男と、厚木とのかかわりが次のように紹介されている。
 厚木の鮎漁は年ごとに中央人士の好評を呼んで、昨年は釣界の元老佐藤垢石翁をはじめ、作曲家の古賀政男氏、漫画家の小野佐世男、麻生豊の両氏、釣好きで有名な大映スター京マチ子さん、松竹の高杉早苗さん、漫筆家玉川一郎氏、小説家土師清二氏、写真の林忠彦氏など数えきれないほどの有名人が、或いは舟に遊び、或いは釣糸を垂れて相模川の清流に都塵を洗い流した。
 ことに西条八十氏は情緒豊かな厚木芸妓連をたたへて、例の “芸者ワルツ”を作詞するなど、大いに詩曩を肥したが、今年も6月1日の解禁から10月半ばの終期まで、厚木は鮎と清流と、華やかな花柳の街を楽しむ人たちで、多彩な賑いが予想されている。
 「ゲイシャワルツ」について『日本流行歌史』の著者は次のように記している。「神楽坂はん子最大のヒット盤。コロンビア伊藤正憲文芸部長(当時)は、“テネシーワルツに対抗できる日本調のワルツを作りたいと思った”といっているのがおもしろい」
 「ゲイシャワルツ」が世に出た昭和27年(1952)といえば、厚木町(市制施行以前の旧愛甲郡厚木町)のパチンコ台数が、人口比で日本一といわれた時期でもあった。http://www.kawara-ban.com/rensai38.htmlより引用

 

懐かしの名歌手全曲集。本作は、歌唱力が評判となり、噂を聞きつけた作曲家・古賀政男の手による「こんな私じゃなかったに」で、昭和27年に歌手デビュー。同年に発表した「ゲイシャ・ワルツ」も大ヒットし、“鴬芸者”として一世を風靡した、神楽坂はん子の全曲集。

【収録曲】

1. ゲイシャ・ワルツ (MONO)
2. こんな私じゃなかったに (MONO)
3. だから今夜は酔わせてネ (MONO)
4. あゝそれなのに (MONO)
5. 見ないで頂戴お月様 (MONO)
6. ゲイシャ・ルムバ (MONO)
7. 芸者ブルース (MONO)
8. ヒュードロ節 (MONO)
9. 三味線ながし (MONO)
10. こんなベッピン見たことない (MONO)
11. 博多ワルツ (MONO)
12. 恋のシュンガ、シュンガ (MONO)
13. 湯の町椿 (MONO)
14. 直次郎小唄 (MONO)
15. 浪花情歌 (MONO)
16. 稗搗恋唄 (MONO)
17. 芸者フラ (MONO)
18. 雨の田原坂 (MONO)
19. 女ごころの十三夜 (MONO)
20. 恋の静御前 (MONO)

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。

DAMのカラオケランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間トップ100(4月19日更新分) 今日は、4月22日、今日の記念日です。 アースデー(地球の日) アースデー世界協議会等が主催。 1970年のこの日、アメリカの市民運動指導者で、当時大学生だったデニス・ヘイズが提唱。 1970年から1990年までは10...

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/4/15更新 今日は、4月16日、今日の記念日です。 foursquareの日 アメリカ発祥の位置ゲー(携帯電話の位置登録情報を利用したゲーム)であるfoursquare(フォースクエア)の記念日。 16が4の2乗(four sq...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2020/4/22更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
2 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
3 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
4 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
5 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
6 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
7 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
8 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
9 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
10 浜圭介 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
11 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
12 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
13 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号    
14 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
15 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号     2002年3月・4月号
16 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
17 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
18 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
19 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
20 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号    
21 都はるみ 好きになった人        
22 美空ひばり 港町十三番地        
23 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号      
24 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
25 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
26 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
27 丘みどり 五島恋椿 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
28 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
29 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
30 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
31 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
32 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
33 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
34 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
35 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
36 美空ひばり        
37 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
38 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
39 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
40 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
41 春日八郎 お富さん 2000年05月号      
42 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
43 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
44 石原裕次郎 ブランデーグラス     2016年12月号  
45 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
46 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
47 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
48 梅沢富美男 夢芝居        
49 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
50 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号    
51 香西かおり 契り酒 2020年05月号 2020年05月号   2020年5月・6月号
52 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
53 村田英雄 夫婦春秋 2004年08月号      
54 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号      
55 吉幾三 酔歌   2017年09月号    
56 山内惠介 残照 2020年04月号 2020年04月号   2020年5月・6月号
57 小林幸子 雪椿        
58 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
59 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号 2016年04月号  
60 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
61 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号    
62 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
63 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
64 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり        
65 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
66 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    
67 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
68 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
69 水森かおり 瀬戸内小豆島 2020年04月号 2020年04月号 2020年05月号 2020年3月・4月号
70 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号    
71 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号   2013年7月・8月号
72 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
73 霧島昇 誰か故郷を想わざる        
74 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
75 三橋美智也 古城 2008年03月号      
76 霧島昇 旅の夜風 2001年05月号      
77 細川たかし 北酒場   2010年04月号    
78 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号      
79 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
80 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号      
81 森昌子 せんせい   2011年10月号    
82 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
83 真田ナオキ 恵比寿 2020年03月号 2020年03月号 2020年03月号 2020年3月・4月号
84 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
85 神楽坂はん子 ゲイシャ・ワルツ        
86 城卓矢 骨まで愛して 2002年04月号 2018年1月号    
87 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
88 増位山太志郎 そんな夕子にほれました        
89 増位山太志郎 涙の夜風 2020年03月号 2020年03月号 2020年03月号 2020年3月・4月号
90 千昌夫 夕焼け雲        
91 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子        
92 三船和子 だんな様       2007年11月・12月号
93 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号   2004年1月・2月号
94 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号    
95 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号    
96 山本譲二 花も嵐も 2000年03月号     2000年3月・4月号
97 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号 2019年07月号  
98 ディック・ミネ 人生の並木路        
99 大木英夫&津山洋子 新宿そだち        
100 増位山太志郎 男の背中