演歌以外:「幸せな人の友人は幸せに」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「幸せな人の友人は幸せに」についてのお話しです。

今日は、5月12日、今日はどんな記念日でしょうか。

ナイチンゲールデー

赤十字社が、1820年のナイチンゲールの誕生日に因んで制定。

国際看護師の日

国際看護師協会(ICN)が1965年に制定。
2002年3月に「看護婦」の呼称が「看護師」に変更されたのにあわせて、この記念日も「国際看護師の日」に改称された。

看護の日

厚生省(現在の厚生労働省)・日本看護協会等が1991年に制定。
1990年8月、文化人・学識者による「看護の日制定を願う会」が厚生大臣に要望書を提出し、12月に厚生省が5月12日を「看護の日」と定めた。

慢性免疫神経系疾患世界啓発デー(May 12th International Awareness Day)

アメリカのRECIND inc.が1992年に制定。
ナイチンゲールが慢性免疫神経系疾患に罹患していたとみられることから、その誕生日を記念日とした。

民生委員・児童委員の日

全国民生委員児童委員連合会が1977年に制定。
1917年のこの日、民生委員・児童委員制度の前身とされる岡山県の済世顧問制度が発足した。
民生委員とは、福祉の増進の為に、地域住民の生活状況の把握、生活困窮者の保護指導、福祉事務所が行う業務への協力等を行う人のことで、厚生労働大臣の委嘱により市町村に置かれる。また、「児童福祉法」により児童委員を兼務することとなっている。

海上保安の日

海上保安庁が1948年に「開庁記念日」として制定。2000年より「海上保安の日」に改称。1948年のこの日、海上保安庁が運輸省(現在の国土交通省)の外局として開庁し、初代長官の手により庁舎屋上に庁旗が掲揚された。
アメリカのコースト・ガード(沿岸警備隊)に倣い、日本国の沿岸水域における海上の安全確保、法律違反の予防・捜査・鎮圧等の海上保安業務を一元的に担当する機関として発足した。

アセロラの日

沖縄県本部町が1999年に制定。
アセロラの初収穫の時期であることから。
アセロラは西インド諸島原産の果物で、ビタミンCを豊富に含む。

ザリガニの日

1927年のこの日、鎌倉食用蛙養殖場に餌としてアメリカからアメリカザリガニなどが持ち込まれた。
持ち込まれたのはわずか20匹であったが、逃げ出した個体が爆発的に広まり、1960年代には九州でも確認されるほどになった。

幸せな人の友人は幸せに

コーチング心理学で有名なアリソン・リー氏とアンソニー・M・グラント氏は、

「幸せな人の友人は幸せになり、その友人のそのまた友人まで幸せが伝播する」という研究結果を紹介しています。

友人が幸せになると自分の幸福度も15パーセント上がり、友人の友人が幸せだと10パーセント、そのまた友人が幸せだと6パーセント幸福度が上がるそうです。

またある人が幸福になると、その近所の人も平均34パーセントの確立で幸福度が上がるし、また1.6キロ以内に住む兄弟が幸福になると、本人も幸福度が平均14パーセント上昇するなどという研究結果もあるそうです。

これは環境のつながりというだけでなく、私たちの心がつながりをもっているということを物語っているのではないでしょうか。

「幸福」も「不幸」も周囲の人に伝染する

ポール・ドーラン『幸せな選択、不幸な選択』より

「幸せな人と友人になり、不幸な友人とは縁を切りなさい。

たくさんセックスしている人と友人になり、あまりセックスをしていない友人とは縁を切りなさい。

痩せた人と友人になり、太りすぎの友人とは縁を切りなさい」

そのうえでドーランは、新しい仕事や住む場所を決めるときには「私の幸福にもっとも貢献してくれるひとたちはどこに住んでいるか」を考慮すべきだとアドバイスします。

友だちは、距離的に近いほど大きな伝染効果を持ちます。

そこで、「会っていてどれくらい楽しいか」「どれくらい頻繁に会っているか」で友だちを評価し、楽しい友だちとは近づき、楽しくない友だちとは距離を置くよう物理的に最適な場所を見つければいいのです。

「幸福」への近道は、相手の幸福度によって「友だちのポートフォリオ」を最適化することなのです


友人がいれば、必ず幸せとは限りません。

友人とはいえ、話しかけられる頻度が多いと、勉強や仕事の邪魔になることがあります。

深夜に突然電話がかかって、睡眠を妨げられることもあるでしょう。

あまり友人が多すぎると、1人に割り当てる時間が少なくなるため、友情を深めにくくなるでしょう。

表面だけよい人を装っていて、友人のふりをしている場合もあります。

では、幸せに友人は不要かというと、そうではありませんよね。

友人がいれば、必ず幸せとは限りませんが、幸せな人には、必ず友人がいます。

やはり、幸せに友人は欠かせません。

目に見えないけど、心は繋がっている。

だから、直感が当たりやすかったり、虫の知らせが当たったりします。

自分の身近な人や友人が幸福を感じると、自分も幸福度が上がるのも分かりますね。

幸せな人に囲まれていたら、自分も幸せな考え方や捉え方になりそうです。

「子供は親の言ったとおりになるのではなく、親のしている通りになる」というのと一緒で、

周りの言ったとおりになるというよりは、周りのしているようになるのです。

さすが環境に適応できる生き物、人間ですよね。

自分自身が幸せに生きることは、周りの人をも幸せにしていたというのは凄い発見です。

「最も大切なボランティアは、自分自身が一生懸命に生きること」

ではないでしょうか。

スポンサーリンク