JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/5/13更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/5/13更新

今日は、5月14日、今日の記念日です。今日は「温度計の日」だそうです。最近は新型コロナウイルスの影響でどこのドラッグストアにも温度計がありませんね。先日病院に定期検診に行ったときに照射型の温度計でおでこを測られましたが便利な機械だなと感じて時代が変わったなと思いました。水銀温度計を脇の下に挟んでひゃっとするのが懐かしいですね。

種痘記念日

1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが初めて種痘の接種に成功した。

種痘の登場以前は、天然痘は最も恐ろしい病気の一つだった。発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、運良く治った人もあばた面になった。

以前より、一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にならないことが知られていた。また、ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると天然痘には罹からないことを聞いた。そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種した。10日後に発症したがすぐに治癒し、その後天然痘を接種しても感染しなかった。この実験は、学会には認められなかったが、ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになった。

天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認された。

新型コロナウイルスも根絶できるといいですね。

温度計の日

水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日。なお、この日附はユリウス暦によるものであるが、ファーレンハイトの生地ダンツィヒ(グダニスク)では既にグレゴリオ暦に改暦しており、それによれば5月24日となる。

華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる。ファーレンハイトが1724年に発表し、現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている。

中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、「華氏」と呼ばれるようになった。

日本で言うところのいわゆる「温度」とは、「摂氏温度」をさします。水の沸点を100度、融点を0度として、その間を100等分した目盛りのことで「℃」という記号で表します。1742年にスウェーデンの物理学者セルシウスが考案したことから「セルシウス度」ともいわれます。

一方で「華氏温度」とは、水銀温度計を発明したドイツの物理学者ファーレンハイトによって1724年に考案された温度のこと。「°F」で表され、「ファーレンハイト度」とも呼ばれます。
彼がこの温度を考案した説には複数の言われがありますが、その一つが、海水が凍る温度を0度、羊の肛門の温度を100度として、その間を100等分した目盛りに設定した、というものでした。華氏温度はアメリカやカナダ、イギリスで現在も用いられているんですよ。
ちなみに華氏温度では、水の沸点は212度、融点は32度となります。

華氏温度(°F)を摂氏温度(℃)に換算するには「℃=5(°F-32)÷9」を当てはめます。

今週の上位5曲

1 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
2 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」
3 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」
4 位は、 美空ひばり さんの「 愛燦燦 」
5 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」

今週は、上位5曲は先週と全く同じでしたので3週連続ですね。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、5曲が入れ替わりました。すべて懐かしい曲ですね。

92 位の 小林旭 さんの「 熱き心に 」
93 位の すぎもとまさと さんの「 吾亦紅 」
95 位の 日野美歌 さんの「 氷雨 」
96 位の 大木英夫&津山洋子 さんの「 新宿そだち 」
100 位の 石原裕次郎 さんの「 恋の町札幌 」

すぎもとまさと さんの「 吾亦紅 」

心に沁みるいい歌ですね。初めて聞いた時私も自然に涙がでてきました。「吾亦紅われもこう」って花の名前ですよね。小さい赤い花が丸い穂のように群がって咲く花ですよね。

大泉逸郎 さんの「 孫 」

「いい年してなんてよくこんな歌を歌えるものだ!」 孫ができる前はだれしもがそう思っていたそうです。しかし孫ができてからこの歌を聞くと、この歌の内容を心から実感するそうですね。

 日野美歌 さんの「 氷雨 」

時代を経て、最近になってこの歌がいいと思えるようになった。
「傘がないわけじゃないけれど」昭和歌謡をじっくり聴くと曲もさることながら、日本語って素晴らしいですよね。

 

2050円が1400円になっていますね。

【収録曲】

1. 氷雨
2. 待ちわびて
3. 想い出グラス
4. 越後路春知らず
5. 冬の嘘つき
6. 乱されて
7. 大阪恋めぐり
8. それでなくても辛いのに
9. 夢みれん
10. 私のあなた
11. 春一輪
12. あなたの名残り
13. 北の女
14. かすみ草
15. さいはて岬
16. 昼顔

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/5/6更新 今日は、5月7日、今日の記念日です。 世界エイズ孤児デー 2002年にニューヨークで開催された国連子ども特別総会で制定。 コナモンの日 日本コナモン協会が2003年に制定。 五(こ)七(な)で「こな」の語呂合せ...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2020/5/13更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
2 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
3 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
4 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
5 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
6 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
7 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
8 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
9 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号    
10 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号     2002年3月・4月号
11 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
12 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
13 都はるみ 好きになった人        
14 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
15 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号    
16 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号      
17 浜圭介 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
18 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
19 美空ひばり 港町十三番地        
20 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
21 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
22 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
23 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
24 春日八郎 お富さん 2000年05月号      
25 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
26 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
27 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
28 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
29 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
30 美空ひばり        
31 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
32 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
33 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号    
34 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
35 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
36 石原裕次郎 ブランデーグラス     2016年12月号  
37 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
38 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
39 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
40 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
41 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
42 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
43 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号      
44 梅沢富美男 夢芝居        
45 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
46 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
47 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
48 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    
49 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
50 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
51 村田英雄 夫婦春秋 2004年08月号      
52 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり        
53 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
54 森昌子 せんせい   2011年10月号    
55 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
56 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
57 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号    
58 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
59 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
60 霧島昇 誰か故郷を想わざる        
61 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号    
62 小林幸子 雪椿        
63 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
64 細川たかし 北酒場   2010年04月号    
65 吉幾三 酔歌   2017年09月号    
66 霧島昇&ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号      
67 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
68 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
69 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号      
70 丘みどり 五島恋椿 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
71 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
72 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号   2013年7月・8月号
73 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
74 神楽坂はん子 ゲイシャ・ワルツ        
75 三橋美智也 古城 2008年03月号      
76 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号 2019年07月号  
77 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
78 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
79 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号    
80 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
81 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号      
82 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
83 山内惠介 残照 2020年04月号 2020年04月号   2020年5月・6月号
84 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号 2016年04月号  
85 三船和子 だんな様       2007年11月・12月号
86 ディック・ミネ 人生の並木路        
87 香西かおり 契り酒 2020年05月号 2020年05月号   2020年5月・6月号
88 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子        
89 城卓矢 骨まで愛して 2002年04月号 2018年1月号    
90 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号    
91 千昌夫 夕焼け雲        
92 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号    
93 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号   2007年5月・6月号
94 水森かおり 瀬戸内小豆島 2020年04月号 2020年04月号 2020年05月号 2020年3月・4月号
95 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
96 大木英夫&津山洋子 新宿そだち        
97 田端義夫 十九の春 2005年07月号      
98 小林幸子 おもいで酒        
99 山本譲二 花も嵐も 2000年03月号     2000年3月・4月号
100 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号 2016年12月号