JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/7/29更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/7/29更新

今日は、7月30日、今日の記念日です。

プロレス記念日

1953年のこの日、力道山が中心となり日本プロレス協会が結成された。

プロレスの日 2月19日

梅干の日

和歌山県みなべ町の東農園が制定。

「梅干しを食べると難が去る」と昔から言われてきたことから「なん(7)がさ(3)る(0)」の語呂合せ。

梅肉エキスの日 6月1日
梅の日 6月6日

(旧)明治天皇祭

1912年のこの日に崩御した明治天皇を記念して、1913(大正2)年から1926(大正15)年まで祭日になっていた。
1927(昭和2)年からは、1852(嘉永5)年9月22日の明治天皇の誕生日を太陽暦に換算した11月3日が「明治節」という祭日になった。

明治節 11月3日

独立記念日 [バヌアツ]

1980年のこの日、南太平洋の英仏共同統治領であったニューヘブリデス諸島がバヌアツ共和国として独立した。

宗祇忌

連歌師・宗祇の1502(文亀2)年の忌日。

左千夫忌

歌人・小説家の伊藤左千夫の1913年の忌日。

露伴忌,蝸牛忌

小説家・幸田露伴の1947年の忌日。

谷崎忌,潤一郎忌

小説家・谷崎潤一郎の1965年の忌日。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
4 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
5 位は、 テレサ・テン さんの「 つぐない 」

今週は、先週と全く同じ曲ですが、3位と4位が入れ替わっていますね。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、5曲が入れ替わりました。

88 位の 三山ひろし さんの「 北のおんな町 」
91 位の 坂本冬美 さんの「 夜桜お七 」
97 位の 大木英夫&津山洋子 さんの「 新宿そだち 」
98 位の 小林旭 さんの「 熱き心に 」
99 位の 市川由紀乃 さんの「 なごり歌 」

小林旭 さんの「 熱き心に 」

この歌を歌っていた当時、小林旭さんが詩をもらった時に「スケールの大きな曲で気に入った」というようなことを言っておられたのを聞いたように記憶しています。 日本の四季、そこにうっすら見え隠れする熱い想い。とても素晴らしい詩だと思います。

小林 旭 さん(夢グループHPより)http://yume-gr.jp/talents/kobayashi-akira

本名
小林 旭(こばやし あきら)
生年月日
1938年11月3日

俳優・歌手・プロゴルファー1955年第3期日活ニューフェイスに合格し入社。翌年10月に「飢える魂」で本格スクリーンデビューを飾る。
1958年の「絶唱」「完全な遊戯」などでその類い稀な表現力を見出され、1959年に後のイメージを決定づけた「ギターを持った渡り鳥」に始まる渡り鳥シリーズ「銀座旋風児(マイトガイ)」その他多くの作品に主演し日活の稼ぎ頭となる。

日活退社後はフリーとして「仁義なき戦い」ではそのストイックなまでの演技力を披露し東宝「青春の門」では男くさい男を演じ小林旭=アクションというイメージを払拭し本物の演技ができる俳優として確固たる地位を築く。

歌手としては1957年にコロムビアレコードより「女を忘れろ」を初レコーディング次いで「ダイナマイトが150屯」が大ヒット。
その後も「旭節」と名称までついた「ダンチョネ節」や「ズンドコ節」などが次々に大ヒット「さすらい」「北帰行」などの映画主題歌もヒットを飛ばし歌う映画スターから、演技と歌の両極を完成させる真のエンターテイナーに昇華。

1964年クラウンへ移籍後は「自動車ショー歌」がロングランヒット! 「ついて来るかい」「純子」そして「昔の名前で出ています」がメガヒットとなり日本カラオケ史の幕開けを告げる記念碑的歌となる。
  その後も85年「熱き心に」、01年「昭和恋歌」、2011年「昭和・路地裏話」など時代時代に象徴的な歌を残す。

このように小林旭は他に類をみない役者としても歌手としてもメガヒットを持ち、薄っぺらなスターや大御所と呼ばれる偽物が多い中現在も輝きを放ち続けている本物のスター

小林旭「熱き心のコンサート」「歌謡ポップスチャンネル」https://www.kayopops.jp/interview/kobayashiakira/より引用

支えてくれるファンの心情を感じて、ハートに響いてくる

「熱き心」がキーワードとなっていますが、旭さんがステージに掛けている「熱き心」を言葉にするとどんな感じでしょうか。

━━━━━70代に突入しながらもステージに立った時に応援してくださり、支えてくださるファンの心情を感じて、ハートに響いてくるものがありますね。遠方から来てくださる方々もいて、みなさんも自分と同じように時を刻んできたんだなということに改めて気づかされる部分があって、なんだかありがたいなと思い、ステージでは謝辞を込めて話をしている、それが今の心境かもしれないですね。

小林旭「熱き心のコンサート」

会場につめかけたたくさんのファンの皆様についてはいかがでしょうか。

━━━━━「熱き心に」の頃は団塊世代の交代時期とかで、一番世相で変化があったりしたときでしょう。みなさん自身も生活の中で心境の変化があって、なんとなく歌の中のハートの良さに後押しされたようにしてファイトを持って生きてきている。そういう思いをして来てくれたんだなという思いですね。詩の持っている魅力によるものでもありますよね。

 
言葉を大事にするというのは役者としての真骨頂

「熱き心のコンサート」収録時の想い出

旭さんの楽曲は歌詞を見るだけでぐっとくるものがありますよね。これまでたくさんの言葉を生みだすプロの方々に触れられてきて、日本語に対しての思いもずいぶん培われてきたのではじゃないでしょうか。

━━━━━最初のスタートが俳優だから、否応なしに言葉というのは大事にしなきゃいけないというのは植えつけられている。当然のことのように言葉の「てにをは」もなるべくきちっと、起承転結つながっているように、そして心情の持てるような言葉を大事に出していかないといけないと覚えてきたから、詩に関しても一つ一つの情景というのをとても大事にしながら演じているんですよね。

「熱き心のコンサート」収録時の想い出

歌のときはいつも詩をもらってそこから自分の中に映像が浮かんで、その映像が出てきたところにメロディが入ってくる、そして歌い出していくという流れで今まできたから、言葉を真っ先に理解することがもう癖になっているんですよね。だから言葉を大事にするというのは役者としての真骨頂というか、当たり前の話なんじゃないのかな。

 
夢とロマンを持っていたら楽しめる、実演の世界を残していきたい

「熱き心のコンサート」収録時の想い出

2013年は「夢コンサート」というかたちで多くのお客様が生で旭さんに接する機会があると思いますが、それに向けての抱負や思いはありますでしょうか。

━━━━━実演の世界というのがどんどん一般の人たちの意識から遠のいている感じがするんですよ。
テレビ、そしていまやインターネットなど独自で見たり聞いたりすることができるものが手元にあるだけに、実演の世界がおっくうになってきているけれども、夢とロマンというものを持っていたら楽しんでいただけますよという実演の世界は残していきたいなという気がしますね。
(2012年12月)

 

【収録曲】

ディスク 1
1. 熱き心に
2. ついて来るかい
3. 北へ
4. 惜別の唄
5. ごめんね
6. 自動車ショー歌
7. 横浜マドロスストーリー
8. 旅空夜空
9. さすらいの道
10. オロロン慕情
11. 時雨坂
12. 五月雨ワルツ
13. 曼珠沙華
14. 風の旅人
15. 駅

ディスク 2
1. 昔の名前で出ています
2. 北帰行
3. 水たまり
4. 泣いた数だけ倖せに
5. 純子
6. もう一度一から出なおします
7. 星海峡
8. 青春挽歌
9. お世話になったあの人へ
10. 思いやり
11. 古城の月
12. 最后にもひとつ
13. 女房きどり
14. 雨の石段
15. さらば冬のカモメ

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/7/22更新 今日は、7月23日、今日の記念日です。「海の日」ですね。 東京五輪・パラリンピックは延期となりましたが、2020年の祝・休日に変更はありません。 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 令和...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2020/7/29更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 M☆S 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号 2017年05月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号 2017年02月号  
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号    
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号 2017年07月号  
5 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号    
6 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号 2017年10月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号 2018年1月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号 2017年10月号  
9 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2016年12月号 2017年5月・6月号
10 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号   2011年1月・2月号
11 千昌夫 北国の春   2009年04月号    
12 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号    
13 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号   2017年01月号  
14 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号    
15 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号 2017年10月号  
16 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号 2016年12月号  
17 岩本公水 しぐれ舟 2020年08月号 2020年08月号 2020年09月号  
18 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪        
19 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2016年04月号 2009年5月・6月号
20 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号    
21 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号   2004年5月・6月号
22 吉幾三 雪國   2013年03月号 2019年03月号  
23 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号    
24 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号    
25 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号    
26 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
27 門倉有希 ノラ 2003年10月号     1998年9月・10月号
28 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号    
29 梅沢富美男 夢芝居        
30 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 2018年7月号 1998年3月・4月号
31 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号    
32 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2018年3月号 2012年7月・8月号
33 上沼恵美子 時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
34 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号 2016年12月号  
35 吉幾三 酔歌   2017年09月号    
36 杜このみ 郷愁おけさ 2020年07月号 2020年07月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
37 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号 2018年1月号  
38 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号    
39 五木ひろし 遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2020年09月号 2010年5月・6月号
40 丘みどり 五島恋椿 2020年03月号 2020年03月号   2020年3月・4月号
41 北島三郎 まつり   2006年04月号 2017年02月号  
42 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2016年12月号 2018年9月・10月号
43 香西かおり 契り酒 2020年05月号 2020年05月号   2020年5月・6月号
44 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号   2019年11月・12月号
45 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号     2002年3月・4月号
46 海原千里・万里 大阪ラプソディー        
47 都はるみ 好きになった人        
48 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号    
49 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号 2019年07月号  
50 秋元順子 帰れない夜のバラード 2020年07月号 2020年08月号 2020年08月号 2020年7月・8月号
51 川中美幸 二輪草   2016年05月号 2017年01月号 1998年3月・4月号
52 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号    
53 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号    
54 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号   2012年11月・12月号
55 天童よしみ 珍島物語     2017年08月号 1996年3月・4月号
56 石原裕次郎 ブランデーグラス     2016年12月号  
57 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
58 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号   2013年7月・8月号
59 美空ひばり 港町十三番地        
60 香西かおり 流恋草 2000年09月号      
61 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号      
62 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号    
63 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号   2018年10月号  
64 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号 2019年09月号  
65 千昌夫 星影のワルツ     2018年1月号  
66 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号    
67 細川たかし 北酒場   2010年04月号    
68 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子        
69 水森かおり 瀬戸内小豆島 2020年04月号 2020年04月号 2020年05月号 2020年3月・4月号
70 小林幸子 雪椿        
71 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号 2019年11月号  
72 杉良太郎 すきま風   2009年04月号    
73 山内惠介 残照 2020年04月号 2020年04月号   2020年5月・6月号
74 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号    
75 藤原浩 北のみれん酒 2020年07月号 2020年07月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
76 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり        
77 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号 2017年06月号  
78 永井裕子 そして・・・女 2020年07月号 2020年07月号 2020年08月号 2020年7月・8月号
79 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号   2007年5月・6月号
80 葵かを里 しぐれ高山 2020年05月号 2020年05月号 2020年05月号 2020年5月・6月号
81 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号   2009年5月・6月号
82 彩青 津軽三味線ひとり旅 2020年06月号 2020年06月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
83 三橋美智也 古城 2008年03月号      
84 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気        
85 水田竜子 能登島みれん 2020年07月号 2020年08月号 2020年08月号 2020年7月・8月号
86 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号   2014年7月・8月号
87 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号      
88 三山ひろし 北のおんな町 2020年02月号 2020年02月号 2020年04月号 2020年3月・4月号
89 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号    
90 美空ひばり        
91 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号 2016年04月号  
92 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号    
93 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号 2018年8月号  
94 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号    
95 真田ナオキ 恵比寿 2020年03月号 2020年03月号 2020年03月号 2020年3月・4月号
96 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号    
97 大木英夫&津山洋子 新宿そだち        
98 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号    
99 市川由紀乃 なごり歌 2020年05月号 2020年05月号    
100 山川豊 2020年08月号 2020年08月号 2020年08月号