演歌以外:「人は基本的に変化が嫌い」について。

Pocket

スポンサーリンク

今日のお話は、「人は基本的に変化が嫌い」についてのお話しです。

今日は、11月10日、今日はどんな記念日でしょうか。

技能の日

労働省(現在の厚生労働省)が1971(昭和46)年に制定。
1970(昭和45)年のこの日、アジア初の技能五輪(国際職業訓練競技会)が日本で開催された。

エレベーターの日

日本エレベーター協会が1979(昭和54)年に制定。
1890(明治23)年のこの日、東京・浅草の「凌雲閣」に設置された日本初の電動式エレベーターが一般公開された。

エスカレーターの日 3月8日

トイレの日

日本トイレ協会が1986(昭和61)年に制定。
「い(1)い(1)ト(十)イレ」の語呂合せ。
同協会はこの日に「トイレシンポジウム」を開催し、公衆トイレを対象とした「グッドトイレ賞」を発表している。

トイレの日 8月10日

井戸の日

全国さく井協会が2006(平成18)年より実施。
「いー(1)井(1)戸(10)」の語呂合せ。
その前の2001(平成13)年より、富山県鑿井協会が1月10日を「井戸の日」としていたが、2006年より全国さく井協会の井戸の日に移行している。

肢体不自由児愛護の日

日本肢体不自由児協会の主唱で1953(昭和28)年から実施。
この日から12月10日までの一箇月間が「手足の不自由な子供を育てる運動」期間となっている。
毎年、肢体不自由児が描いた絵を載せた「友情絵はがき」「愛の絵はがき」の配布等が行われている。

ハンドクリームの日

ユースキン製薬が2000(平成12)年に制定。
「い(1)い(1)手(ten=10)」の語呂合せと、平年の最低気温が10℃を割ってハンドクリームの需要が高まる頃であることから。

断酒宣言の日

全日本断酒連盟が制定。
1963(昭和38)年のこの日、全日本断酒連盟の結成記念大会が開かれた。また、11月のNovemberを「もう飲めんばー」、10日を「酒止(十)まる」とした語呂合せでもある。

いい音・オルゴールの日

長野県下諏訪町の「諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館」が制定。
「い(1)い(1)おと(十)」の語呂合せ。

人は基本的に変化が嫌い

「人は基本的に変化が嫌い」というお話です。

人は基本的に、安定が好き。

変化は嫌いです。

多少欠陥があっても、慣れたものに親しみを感じるように、つくられています。

それゆえ、似た者同士であつまって、いわば同盟を組んで、安定が崩れないように平衡を保っています。

なので、あなたが突然、

「こんな現状を、変えようよ!」

と言い出すことは、彼らにとっては、見たくもないことを、突きつけられている感じがするかも。

たとえ、あなたの言い分が、百パーセント正しかったとしても、

「そんなこと、何かが崩れてから考えようよ」

という勢いかもしれません。

なので、

あなたの時間を、

幸せなものにするためには、

価値観の合わない世界と、

いつまでもご縁をいただいているわけにはゆかない。

変化を好む人は少ないものです。

何かを始めようとしたり、何かを変えようとすると、必ず否定的な人が現われます。

携帯電話からスマホにシフトしているとき、おもしろがって直ぐにスマホに変える人と、「自分は今までの携帯電話がいい。スマホは流行らないと思う」などと言っていた人がいたと思います。

しかし、残念なことにその後、ほとんどの人がスマホを持つ時代があっという間に訪れました。

車もこれからは、高速道路での自動運転がどんどん加速するでしょう。

もう、オートマとかミッションの次元を飛び越えています。

イーロン・マスクは、東京―ロサンゼルス間を32分で移動し、100人が乗れる「ロケット飛行機」を開発しています。

おそらく、現実になるでしょう。

江戸時代から見たら、今の時代も考えられないことだらけで、自分が生まれたころから考えても、あり得ない程変化しています。

世界中の誰とでも繋がることができ、世界中の情報を個人が入手でき、パソコンをポケットに入れて持ち歩き、顔認証でロックを解除するなんて、私たちが子どもの頃からしたらSFの世界です。

でも、確実に変化は起きるのです。

ダーウィンの有名すぎる言葉があります。

「この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。

そうではない。

最も頭のいいものか。

そうでもない。

それは、変化に対応できる生き物だ」

変化を恐れるのではなく、

変化を楽しんでいきたいものですね。

スポンサーリンク