JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/12/30更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/12/30更新

今日は、12月31日、コロナ禍で過ぎた2020年も今日でおしまいですね。来年は収まってくれることを祈るばかりです。カラオケもいけませんからね。

今年一年、「えんかすき」を見ていただきましてありがとうございます。来年もよろしくお願いいたします。

大晦日,大晦

1年の終りの日。
月末のことを晦日・晦と言い、年末の最後の晦日なので大晦日・大晦という。「みそか」は三十日の意、「つごもり」は月篭りが転じたもので、旧暦では毎月1日が新月であり、その前日を「つごもり」と呼んだ。

除夜

大晦日の夜のこと。かつては一年の神「歳神」を迎えるために朝まで眠らずに過ごす習慣があった。
除夜には各家庭で年越し蕎麦が食べられ、寺では除夜の鐘が撞かれる。

除夜の鐘は108回撞かれる。眼・耳・鼻・舌・身・意の六根のそれぞれに苦楽・不苦・不楽があって18類、この18類それぞれに浄・染があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、これは人間の煩悩の数を表すとされている。また、月の数12、二十四節気の数24、七十二候の数72を足した数が108となり、1年間を表しているとの説もある。

ニューイヤーズ・イヴ

1年の終わりの日は、新しい年が明ける前日でもある。

シンデレラデー

夜の12時までに帰らなければならないシンデレラのように、1年で一番夜の時間が気になる日であることから。

大祓

大祓は罪穢れを祓い清める神事で、6月と12月の末日に行われる。

大祓 6月30日

寅彦忌,冬彦忌

物理学者・随筆家の寺田寅彦(吉村冬彦)の1935(昭和10)年の忌日。

一碧楼忌

俳人・中塚一碧楼の1946(昭和21)年の忌日。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
4 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
5 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」

今週も、1位から5位まで先週と全く同じでした。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

サムネイル曲一覧

曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
北空港 2005年02月号    
喝采 2009年03月号 2007年05月号  
また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
夢芝居      
北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
流恋草 2000年09月号    
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
すきま風   2009年04月号  
夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
冬椿 2011年12月号 2011年12月号 2011年11月・12月号
ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
真赤な太陽   2005年09月号  
夢芝居      
アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
あなたの水中花 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
呉れない情話 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
みちづれ   2008年04月号  
好きになった人      
夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
酔歌   2017年09月号  
伊吹おろし 2020年07月号 2020年09月号 2020年9月・10月号
雪椿      
大阪ラプソディー      
赤いハンカチ   2015年04月号  
俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
空港 2002年07月号 2007年08月号  
人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
王将 2000年06月号 2014年08月号  
南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
星影のワルツ      
舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
港町十三番地      
珍島物語     1996年3月・4月号
ブランデーグラス      
遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
今夜は離さない 2000年02月号    
奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
流恋草 2000年09月号    
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
古城 2008年03月号    
情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
北酒場   2010年04月号  
ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
まつり   2006年04月号  
河内おとこ節   2016年12月号  
想いで迷子      
時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
みちのくひとり旅 1999年02月号    
すきま風   2009年04月号  
じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
男の花 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
命くれない   2006年11月号  
愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
郷愁おけさ 2020年07月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
     
3年目の浮気      
細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
あゝ人生に涙あり      
帰れない夜のバラード 2020年07月号 2020年08月号 2020年7月・8月号
夕焼け雲      
いのちの花 2020年12月号 2020年12月号  
さそり座の女   2016年08月号  
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
バス・ストップ 2007年03月号    
熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
矢切の渡し   2006年11月号  
越冬つばめ   2011年10月号  
別れの一本杉 2017年06月号    
恋の町札幌   2011年12月号  

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は4曲が入れ替わっています。新曲と懐かしい曲ですね。

77 位の 北原ミレイ さんの「 石狩挽歌 」
90 位の 前川清 さんの「 雪列車 」
93 位の 北島三郎 さんの「 風雪ながれ旅 」
97 位の 千昌夫 さんの「 夕焼け雲 」

北原ミレイ さんの「 石狩挽歌 」

北原ミレイ「石狩挽歌は私の宝物」

作詞家のなかにし礼さんが お亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

「北酒場」「石狩挽歌」などの大ヒット曲を作詞したなかにし礼さん(本名・中西礼三=なかにし・れいぞう)さんが23日に心筋梗塞のため、都内の病院で死去したことが25日、分かった。82歳。葬儀、告別式は家族のみで執り行う。昭和の大ヒットメーカーの訃報に、曲を作ってもらった歌手らが続々と悲しみのコメントを発表している。

「石狩挽歌」を歌った北原ミレイは「突然の知らせに悲しすぎて言葉がでません」とショックをにじませ「石狩挽歌のレコーディングでは『ハイヒールなんか脱いで裸足になって歌え』と叱られ、上手く歌えず悩んでいたら『一度歌の舞台を見た方がいい』と北海道に連れて行って下さったり、ついこの間の事のようですし、未だ未だ礼先生との思い出は尽きません」と振り返った。

 そして「最初にお逢いした時からダンディーでかっこよかった礼先生、本当に長い間お疲れ様でした。先生、ありがとう。『石狩挽歌は、私の宝物!』そして「なかにし礼は、私の永遠の憬れ!」と結んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d959951dcc0f0f09b2260873358ad90138b23de0より引用

石狩挽歌』ですが、祝津岬にあるかつての鰊御殿を再生した「にしん御殿小樽貴賓館」(国の登録有形文化財・旧青山別邸)に記念石碑となかにし礼直筆の歌碑が立っています。
北原ミレイの歌唱が広く知られていますが、八代亜紀、森昌子、石川さゆり、坂本冬美、細川たかし、氷川きよし、門倉有希、水森かおり、最近では泉ピン子がカバーして名曲は歌い継がれています。

乱獲、森林の伐採による海水温の上昇、原因は諸説ありますが、昭和30年頃から漁獲高が激減し、昭和32年には日本海側の春ニシン漁は終了。その後、日本海側の漁師は「ニシンの群来(くき)を夢見る時代」が続きました。
群来とは、ニシンの大群が前浜に押し寄せ、雄の精子で海が白く濁る現象。
現在では、北海道内の各地区で年間200万尾以上の稚魚が放流され、半世紀ぶりの群来があるなど回復傾向をみせています。

 

 

【収録曲】

1. 石狩挽歌
2. 12月
3. 希望
4. 浮雲
5. 海を見るなら
6. すきま風
7. 棄てるものがあるうちはいい
8. 黒の舟唄
9. ざんげの値打もない
10. 白い花
11. 竹田の子守唄
12. 帰郷
13. 私の歌
14. 春
15. かもめ3/4
16. 螢火海峡

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/12/23更新 今日は、12月24日、今日の記念日です。 クリスマス・イヴ クリスマス(キリスト降誕祭)の前夜。 eveは夜を意味する古語evenから来たもので「クリスマスの夜」の意味になる。キリスト教会暦では日没が1日の始まりで...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2020/12/30更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
4 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
5 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
6 吉幾三 雪國   2013年03月号  
7 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
8 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
9 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
10 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
11 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
12 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
13 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
14 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
15 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
16 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号    
17 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
18 田川寿美 2020年11月号 2020年11月号 1998年9月・10月号
19 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
20 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
21 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
22 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
23 坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
24 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
25 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
26 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
27 小林幸子 雪椿      
28 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
29 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
30 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
31 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
32 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
33 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
34 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
35 梅沢富美男 夢芝居      
36 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
37 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
38 都はるみ 好きになった人      
39 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
40 岩本公水 しぐれ舟 2020年08月号 2020年08月号 2020年9月・10月号
41 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
42 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
43 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
44 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
45 鳥羽一郎 戻れないんだよ 2020年10月号 2020年10月号 2020年9月・10月号
46 北島三郎 まつり   2006年04月号  
47 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
48 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
49 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
50 角川博 雨の香林坊 2020年09月号 2020年09月号 2020年9月・10月号
51 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
52 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
53 石原裕次郎 ブランデーグラス      
54 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
55 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
56 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
57 天童よしみ 珍島物語     1996年3月・4月号
58 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
59 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
60 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
61 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
62 五木ひろし 遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
63 美空ひばり 港町十三番地      
64 千昌夫 星影のワルツ      
65 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
66 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
67 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
68 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
69 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
70 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
71 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
72 こおり健太 冬椿 2011年12月号 2011年12月号 2011年11月・12月号
73 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
74 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
75 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
76 秋山涼子 終着・・・雪の根室線 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
77 北原ミレイ 石狩挽歌   2007年04月号  
78 秋岡秀治 命道づれ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
79 三橋美智也 古城 2008年03月号    
80 島津悦子 俺と生きような 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
81 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり      
82 新沼謙治 津軽恋女   2004年02月号  
83 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
84 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
85 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
86 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
87 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
88 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
89 美空ひばり      
90 前川清 雪列車   2013年03月号  
91 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号  
92 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
93 北島三郎 風雪ながれ旅 2001年12月号 2006年04月号  
94 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
95 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
96 松原のぶえ あなたの水中花 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
97 千昌夫 夕焼け雲      
98 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
99 都はるみ 北の宿から 2003年12月号    
100 村田英雄 夫婦春秋 2004年08月号