演歌・歌謡曲週間シングルランキング2021年01月04日付(2020年12月21日~2020年12月27日)オリコン調べ

Pocket

スポンサーリンク

演歌・歌謡曲週間シングルランキング2021年01月04日付(2020年12月21日~2020年12月27日)オリコン調べ

今日は、1月4日、今日は何の日でしょうか。

官公庁御用始め

官庁で年末年始の休みが明けて、その年の最初の事務を執ること。
1873(明治6)年から、官公庁は12月29日から1月3日までを休暇とすることが法律で定められており、4日が仕事始めとなる。
通常は1月4日であるが、土曜日・日曜日の場合は直後の月曜日となる。
今年は1月6日が御用始めですね。

官公庁御用納め 12月28日

取引所大発会

証券取引所での新年初めての立ち会い。かつてはこの日は午前中(前場)で取引を終了していたが、2010年以降は終日取引となった。
かつては1月6日だったが、証券業界の業績不振から少しでも営業日数を増やすために大納会が12月28日から30日へ、大発会が1月6日から4日へ変更された。

1月4日が土・日曜日の場合は、その直後の営業日となる。
今年は1月6日が取引所大発会ですね。

取引所大納会 12月30日

石の日,ストーンズデー

「い(1)し(4)」の語呂合せ。
この日に、地蔵・狛犬・墓石など願いがかけられた石に触れると、願いが叶うと言われている。

いい石の日 11月14日

独立記念日 [ミャンマー]

1948(昭和23)年のこの日、イギリスから独立してビルマ連邦となった。
1989年6月に国号を「ミャンマー連邦」に改称した。

集計期間:2020年11月30日~2020年12月6日

https://www.oricon.co.jp/rank/

https://www.oricon.co.jp/rank/jb/w/2021-01-04/

歌謡ポップスチャンネル
http://www.kayopops.jp/

今週の上位5曲

1 位は、 坂本冬美 さんの「 ブッダのように私は死んだ 」
2 位は、 鏡五郎 さんの「 男富士 」
3 位は、 岡ゆう子 さんの「 望郷歌 」
4 位は、 山内惠介 さんの「 残照 」
5 位は、 五木ひろし さんの「 遠き昭和の・・・ 」

1 位の、坂本冬美 さんの「 ブッダのように私は死んだ 」は初先週3位から返り咲きです。

2 位の、 鏡五郎 さんの「 男富士 」は先週5位からアップです。

今週の入替り曲

今週も7曲入れ替わりました。すべて再登場曲です。これも珍しいですね。

4 位の 山内惠介 さんの「 残照 」 UP
11 位の 竹島宏 さんの「 はじめて好きになった人 」 UP
13 位の 一条貫太 さんの「 いのちの花 」 UP
14 位の 五十川ゆき さんの「 飛べない鳥じゃあるまいし 」 UP
15 位の 岩波理恵 さんの「 うさぎ 」 UP
19 位の 三丘翔太 さんの「 酒しずく 」 UP
20 位の 千葉げん太 さんの「 男の覚悟 」 UP

山内惠介 さんの「 残照 」

デビュー20周年記念ソング

タイトル曲「残照」は、2018年「さらせ冬の嵐」、2019年「唇スカーレット」と同じ作詩:松井五郎・作曲:水森英夫・編曲:馬飼野俊一による作品で、愛する女性との永遠の別れに惑う心情を3連のリズムに乗せ力強く歌い上げた恋歌となっている。
カップリングには、それぞれ色の違う楽曲を配置。夢盤には、軽快な8ビート演歌に乗せ、夢に向かってまっしぐらに人生の道を突き進む男の姿を描いた「正念場」を収録している。

【収録曲】

1.残照
(作詩:松井五郎 作曲:水森英夫 編曲:馬飼野俊一)
2.正念場
(作詩:鈴木紀代 作曲:水森英夫 編曲:伊戸のりお)
3.残照 (オリジナルカラオケ)
4.正念場 (オリジナルカラオケ)

2020年3月11日発売

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

(2021年1月4日付オリコンシングルランキング)

初登場曲 順位 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
UP 1 坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 2 鏡五郎 男富士 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 3 岡ゆう子 望郷歌 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 4 山内惠介 残照 2020年04月号 2020年04月号 2020年5月・6月号
UP 5 五木ひろし 遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
UP 6 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号
DOWN 7 小桜舞子 お帰りなさい 2021年02月号 2021年02月号 2021年1月・2月号
DOWN 8 松尾雄史 流れ舟 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 9 市川由紀乃 なごり歌 2020年05月号 2020年05月号
UP 10 福田こうへい 筑波の寛太郎 2020年07月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
UP 11 竹島宏 はじめて好きになった人 2020年06月号 2020年06月号 2020年5月・6月号
DOWN 12 秋岡秀治 命道づれ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 13 一条貫太 いのちの花 2020年12月号 2020年12月号 2021年1月・2月号
UP 14 五十川ゆき 飛べない鳥じゃあるまいし 2020年04月号 2020年04月号 2020年5月・6月号
UP 15 岩波理恵 うさぎ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 16 上沼恵美子 時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
STAY 17 水雲-MIZMO- 松竹梅 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
UP 18 田川寿美 2020年11月号 2020年11月号 1998年9月・10月号
UP 19 三丘翔太 酒しずく 2021年01月号 2021年01月号 1997年9月・10月号
UP 20 千葉げん太 男の覚悟 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号