カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(1月3日更新分)

Pocket

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(1月3日更新分)

今日は、1月6日、今日の記念日です。

色の日

「い(1)ろ(6)」の語呂合せ。
色に関係する職業の人の記念日。

いい色の日 11月16日
いい色塗装の日 11月16日

佐久鯉誕生の日

1746(延享3)年のこの日、信州佐久の篠澤佐吾衛門包道が伊勢神宮の神主に鯉料理を献上した日。この記録が「佐久鯉」の最古の記録とされている。
包道の子孫である篠澤明剛さんが制定。

東京消防庁出初め式

年の初めに東京消防庁の消防署員らが消防動作の型等を演習・披露する行事。
1659(万治2)年正月4日に、旗本が率いる#定火消[じょうびけしが上野東照宮で1年の働きを誓ったこと由来とされている。

六日年越し

正月七日を「七日正月」といい、その前日を年越しとして祝う。

七日正月 1月7日

顕現日,エピファニー(Epiphany)

キリスト教の祝日。
東方の三博士が生まれたばかりのキリストを訪れ、キリストが神の子として公に現れた事を記念する日。この日の前日までがクリスマス節であり、クリスマスの飾り附けはこの日に外される。

良寛忌

禅僧・良寛の1831(天保2)年の忌日。

今週の1位~5位は

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
4 位は、 欧陽菲菲 さんの「 ラヴ・イズ・オーヴァー 」
5 位は、 吉幾三 さんの「 雪國 」

今週の1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」が2週連続1位です。

2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」で定位置ですね。

3位以下もカラオケ定番曲になりましたね。

今週の入れ替わり曲は

今週は、多くて16曲が入れ替わっています。すべて懐かしい曲ばかりです。

60 位の 北原ミレイ さんの「 石狩挽歌 」
63 位の 前川清 さんの「 男と女の破片 」
64 位の 北島三郎 さんの「 まつり 」
70 位の ヒロシ&キーボー さんの「 3年目の浮気 」
71 位の やしきたかじん さんの「 やっぱ好きやねん 」
83 位の 堀内孝雄・桂銀淑 さんの「 都会の天使たち 」
89 位の 石原裕次郎 さんの「 ブランデーグラス 」
90 位の 森昌子 さんの「 越冬つばめ 」
92 位の 大木英夫・津山洋子 さんの「 新宿そだち 」
93 位の 五木ひろし さんの「 山河 」
95 位の 吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」
96 位の ニック・ニューサ さんの「 サチコ 」
97 位の 舟木一夫 さんの「 高校三年生 」
98 位の アイ・ジョージ、志摩ちなみ さんの「 赤いグラス 」
99 位の 黒沢明とロス・プリモス さんの「 ラブユー東京 」
100 位の ハニー・ナイツ さんの「 ふりむかないで 」

 北原ミレイ さんの「 石狩挽歌 」

なかにし礼さんがご逝去されたとのニュースに触れました。
「石狩挽歌」は日本人の心に染み入る名曲で、幾久しく唄われ聞かれていくことでしょう。

なかにし礼という大作詞家の人生と歴史的な背景が、ある意味で文学性の極めて高いこの詞になりそれを北原ミレイという情念の歌手が、浜圭介の演歌を超越したメロディで歌い上げる……
なかにし礼さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

石狩挽歌

『石狩挽歌』は、ニシンの群来を願う漁師の切ない心を歌った曲。

海猫(ごめ):カモメの一種、猫のように鳴く。
ウミネコ。
ニシンの群れに沿って集まってくる

赤い筒袖(つっぽ):火消しのつつそで同様の袂(たもと)の無い半纏のようなもの。

ヤン衆:ニシンは<春告魚>というように短い漁期なので季節漁師のような人々をいう

番屋:魚を荷揚げしたり、加工したり、寝泊りしたりする家屋

問い刺し網:建網ともいわれる浮子(うき)の付いた刺し網の一種の魚網。

笠戸丸:ブラジル移民船で有名だったが終戦時北方の戦役についていた時に撃沈された。

朝里の浜:札幌の銭函と小樽の中間にある浜。
なかにし礼の故郷

海は銀色:ニシンの群来には海がニシンで溢れ銀色に光ったと。

オタモイ岬:高島岬から赤岩山を越えた反対側にある。
ニシン御殿跡がある

ニシン御殿:ニシン御殿は小樽市祝津(高島岬)の断崖上にある北海道初の民俗文化財となったニシン御殿。
やや内陸の祝津2に旧青山別邸を移築した『にしん御殿小樽貴賓館』がありそこに、なかにし礼直筆の石狩挽歌歌碑がある。

古代文字:江戸末期、手宮石室洞窟の壁に文字様の壁画が発見され、古代文字だ、壁画だ、最近の悪戯だ、と諸説紛々だったが、平成になって隣接の縄文地層から同様のものが発見された。
小樽の名物。

なかにし礼(本名:中西禮三)

昭和13年9月、旧満州国牡丹江省牡丹江市(現・中華人民共和国黒竜江省牡丹江市)生まれ。ハルピンで終戦を迎え、昭和21年10月、父母の故郷、小樽に到着。手宮西小学校2年に編入。
満州から帰還した中西一家。
なかにし礼著『兄弟』(テレビ朝日の開局40周年記念スペシャルドラマ『兄弟?兄さん、お願いだから死んでくれ?』)などによれば、中西家を背負った兄の政之(14歳年上)は、両親の家を担保に増毛(ましけ)のニシン網の権利を3日間買い、見事大漁の網を曳きます。さらに一攫千金を夢見て、そのニシンを本州へ運ぶことに。その途中で船が沈んで大量の借金が残り、一家離散の憂き目に・・・。
8歳のなかにし礼は、兄の中西政之が増毛でニシン漁を行なったのを見ているのです。

【収録内容】

1. 石狩挽歌
2. 12月
3. 希望
4. 浮雲
5. 海を見るなら
6. すきま風
7. 棄てるものがあるうちはいい
8. 黒の舟唄
9. ざんげの値打もない
10. 白い花
11. 竹田の子守唄
12. 帰郷
13. 私の歌
14. 春
15. かもめ3/4
16. 螢火海峡

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(12月20日更新分) 今日は、12月23日、今日の記念日です。 テレホンカードの日 NTTが制定。 1982(昭和57)年のこの日、電電公社(現在のNTT)が、東京・数寄屋橋公園にカード式公衆電話の1号機を設置した。 東京タ...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
4 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
5 吉幾三 雪國   2013年03月号  
6 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
7 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
8 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
9 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
10 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
11 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号    
12 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
13 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
14 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
15 田川寿美 2020年11月号 2020年11月号 1998年9月・10月号
16 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
17 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
18 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
19 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
20 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号  
21 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
22 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
23 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
24 坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
25 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
26 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
27 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
28 鳥羽一郎 戻れないんだよ 2020年10月号 2020年10月号 2020年9月・10月号
29 梅沢富美男 夢芝居      
30 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
31 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
32 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
33 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
34 橋幸夫・安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
35 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
36 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
37 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
38 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
39 新沼謙治 津軽恋女   2004年02月号  
40 岩本公水 しぐれ舟 2020年08月号 2020年08月号 2020年9月・10月号
41 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
42 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
43 五木ひろし 遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
44 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
45 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
46 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
47 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
48 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
49 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
50 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ   2007年07月号  
51 チョー・ヨンピル 想いで迷子      
52 角川博 雨の香林坊 2020年09月号 2020年09月号 2020年9月・10月号
53 梓みちよ 二人でお酒を   2012年09月号  
54 フランク永井 おまえに      
55 小林幸子 雪椿      
56 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
57 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
58 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
59 菅原洋一&シルビア アマン      
60 北原ミレイ 石狩挽歌   2007年04月号  
61 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
62 一条貫太 いのちの花 2020年12月号 2020年12月号 2021年1月・2月号
63 前川清 男と女の破片      
64 北島三郎 まつり   2006年04月号  
65 天童よしみ 珍島物語     1996年3月・4月号
66 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
67 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号  
68 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
69 島津悦子 俺と生きような 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
70 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
71 やしきたかじん やっぱ好きやねん   2014年08月号  
72 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
73 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
74 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
75 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
76 花咲ゆき美 雪窓 2020年12月号 2020年12月号 2021年1月・2月号
77 秋山涼子 終着・・・雪の根室線 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
78 こおり健太 冬椿 2011年12月号 2011年12月号 2011年11月・12月号
79 水雲-MIZMO- 松竹梅 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
80 小田純平 東京狼 2020年10月号 2020年10月号 2020年9月・10月号
81 前川清 雪列車   2013年03月号  
82 彩青 津軽三味線ひとり旅 2020年06月号 2020年06月号 2020年7月・8月号
83 堀内孝雄・桂銀淑 都会の天使たち      
84 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
85 松尾和子・フランク永井 東京ナイト・クラブ      
86 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
87 石原裕次郎 二人の世界   2015年04月号  
88 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
89 石原裕次郎 ブランデーグラス      
90 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
91 千昌夫 夕焼け雲      
92 大木英夫・津山洋子 新宿そだち      
93 五木ひろし 山河 2000年06月号   2000年7月・8月号
94 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
95 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ      
96 ニック・ニューサ サチコ 2001年11月号    
97 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
98 アイ・ジョージ、志摩ちなみ 赤いグラス      
99 黒沢明とロス・プリモス ラブユー東京   2007年06月号  
100 ハニー・ナイツ ふりむかないで