JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2021/1/6更新

Pocket

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2021/1/6更新

今日は、1月7日、今日はどんな日でしょうか。

七種,七種粥

春の七種を刻んで入れた七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べる。

七種は、前日の夜、俎に乗せ、囃し歌を歌いながら包丁で叩き、当日の朝に粥に入れる。呪術的な意味ばかりでなく、おせち料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能がある。

「春の七種」とは以下の7種類である。

名前 現在の名前 科名
芹 芹 セリ科
薺 なずな(別名・ぺんぺん草) アブラナ科
御形 母子草 キク科
繁縷 繁縷 ナデシコ科
仏の座 田平子(シソ科のホトケノザとは別のもの) キク科
菘 蕪 アブラナ科
蘿蔔 大根 アブラナ科

人日,七日正月

五節句のひとつ。
古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗の日、3日を猪の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日として、犯罪者に対する刑罰は行われないことにした。

また、7種類の野菜を入れた羹を食べる習慣があり、これが日本に伝わって七草粥となった。日本では平安時代から始められ、江戸時代より一般に定着した。

爪切りの日

新年になって初めて爪を切る日。
七種を浸した水に爪をつけ、柔かくして切ると、その年は風邪をひかないと言われている。

千円札の日

1950年のこの日、1946年の新円切替後初の千円紙幣が発行された。肖像画は聖徳太子であった。

初の千円札は1945年8月に流通開始した日本武尊の肖像のものであったが新円切替により1946年に失効していた。聖徳太子の千円札は、1965年に伊藤博文の千円札が発行されるまで15年に渡り使用された。

虐殺政権からの解放の日 [カンボジア]

1979年のこの日、ベトナム軍の支援によりカンボジア救国民族統一戦線がカンボジアの首都プノンペンに侵攻し、ポル・ポト政権が崩潰した。1975年4月からの約4年の間に数十万から数百万のカンボジア人が粛清された。

夕霧忌

大坂・新町の扇屋の遊女・夕霧の1678(延宝6)年の忌日。
名妓として知られ、大坂中がその死を悼んだという。死後、夕霧と愛人・藤屋伊左衛門を主人公とする浄瑠璃・歌舞伎などが多く作られ「夕霧伊左衛門」または「夕霧」と総称された。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
4 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
5 位は、 テレサ・テン さんの「 つぐない 」

今週は、5位がテレサ・テン さんの「 つぐない 」に入れ替わっていますね。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

サムネイル曲一覧

曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
北空港 2005年02月号    
喝采 2009年03月号 2007年05月号  
また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
夢芝居      
北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
流恋草 2000年09月号    
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
すきま風   2009年04月号  
夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
冬椿 2011年12月号 2011年12月号 2011年11月・12月号
ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
真赤な太陽   2005年09月号  
夢芝居      
アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
あなたの水中花 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
呉れない情話 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
みちづれ   2008年04月号  
好きになった人      
夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
酔歌   2017年09月号  
伊吹おろし 2020年07月号 2020年09月号 2020年9月・10月号
雪椿      
大阪ラプソディー      
赤いハンカチ   2015年04月号  
俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
空港 2002年07月号 2007年08月号  
人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
王将 2000年06月号 2014年08月号  
南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
星影のワルツ      
舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
港町十三番地      
珍島物語     1996年3月・4月号
ブランデーグラス      
遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
今夜は離さない 2000年02月号    
奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
流恋草 2000年09月号    
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
古城 2008年03月号    
情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
北酒場   2010年04月号  
ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
まつり   2006年04月号  
河内おとこ節   2016年12月号  
想いで迷子      
時のしおり 2020年01月号 2020年02月号 2020年1月・2月号
みちのくひとり旅 1999年02月号    
すきま風   2009年04月号  
じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
男の花 2020年11月号 2020年11月号 2020年11月・12月号
吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
命くれない   2006年11月号  
愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
郷愁おけさ 2020年07月号 2020年07月号 2020年7月・8月号
心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
     
3年目の浮気      
細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
あゝ人生に涙あり      
帰れない夜のバラード 2020年07月号 2020年08月号 2020年7月・8月号
夕焼け雲      
いのちの花 2020年12月号 2020年12月号  
さそり座の女   2016年08月号  
氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
バス・ストップ 2007年03月号    
熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
矢切の渡し   2006年11月号  
越冬つばめ   2011年10月号  
別れの一本杉 2017年06月号    
恋の町札幌   2011年12月号  

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は10曲が入れ替わっています。新曲と懐かしい曲ですね。

39 位の 吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」
50 位の 真田ナオキ さんの「 恵比寿 」
64 位の 坂本冬美 さんの「 夜桜お七 」
76 位の 五木ひろし さんの「 山河 」
82 位の 前川清 さんの「 男と女の破片 」
83 位の 芹洋子 さんの「 雪 」
87 位の 松村和子 さんの「 帰ってこいよ 」
95 位の 森進一 さんの「 襟裳岬 」
98 位の 増位山太志郎 さんの「 そんな夕子にほれました 」
100 位の 渥美二郎 さんの「 釜山港へ帰れ 」

吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」

吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」エピソード

国民的演歌歌手・吉幾三さんの出世作となった「俺ら東京さ行ぐだ」。出身の青森県北津軽郡金木町の田舎ぶりをオーバーに歌った自虐ソングといわれ、大いに人気を博しました。

しかし同時に、「さすがにここまでド田舎じゃない!」と、地元金木町からはたくさんのクレームをもらってしまったとのこと。ですがあの曲の舞台は、(歌詞の一部分を除き)曲が発表された1984年ではなかったよう。後に吉さんはこう告白しています。

 田舎を出てきたときの気持ちを歌にしようと思った。「なんにもないのがイヤで出てきたんだよな」。テレビもねぇ、ラジオもねぇ、車もそれほど……。田舎にないものをぶつぶつ言いながら書き出すうち、いつしか調子をとっていた。

(中略)

 でも、地元の反応は散々。「今はテレビもラジオもある、ばかにするな」と事務所まで抗議の電話がきた。吉さんが「子どもの頃はなかっただろうが」と反論し、けんかになったこともある。

<出典:朝日新聞 2008年11月29日号 日曜別冊版>

 つまり1984年ではなく、吉さんが東京に出てきたとき、1968年3月当時の「なんにもない」ふるさとを歌った曲だったのです。

「何にもない田舎がやっぱり大好きなんだ」

 吉さんは語っています。

何もかも遅れていたが「それはそれで良かった。いまのようにモノがいっぱいあって、不自由な思いをしない子どもたちが、果たして幸せなのかどうか」

<出典:吉幾三さんの著書『酒よ、歌よ、津軽よ(徳間書店)』>

 モノがあるのが幸せか、それともないほうが幸せなのか。答えは出ませんが、吉さんはこうも言っています。

「確かに田舎には何もないよ。でも東京には山ねえだろ、ベゴ(牛)ひけねえだろ。それぞれ、あるもの、ないものがある。何にもない田舎が、おれはやっぱり大好きなんだ」

<出典:朝日新聞 2008年11月29日号 日曜別冊版>

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/20/news009.htmlより引用

 

【収録曲】

雪國
酔歌
海峡
酔待酒
夜更けのメロディー
俺ら東京さ行くだ
酒よ

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもあります。
JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2020/12/30更新 今日は、12月31日、コロナ禍で過ぎた2020年も今日でおしまいですね。来年は収まってくれることを祈るばかりです。カラオケもいけませんからね。 今年一年、「えんかすき」を見ていただきましてありがとうございます。来年もよ...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(202/1/6更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
5 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
6 吉幾三 雪國   2013年03月号  
7 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
8 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
9 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
10 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
11 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
12 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
13 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
14 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
15 浜圭介 北空港 2005年02月号    
16 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
17 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
18 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
19 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
20 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
21 梅沢富美男 夢芝居      
22 坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
23 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
24 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
25 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
26 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
27 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
28 北島三郎 まつり   2006年04月号  
29 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
30 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
31 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
32 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
33 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号    
34 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
35 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
36 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
37 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
38 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
39 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ      
40 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
41 新沼謙治 津軽恋女   2004年02月号  
42 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
43 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
44 天童よしみ 珍島物語     1996年3月・4月号
45 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
46 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
47 都はるみ 好きになった人      
48 小林幸子 雪椿      
49 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
50 真田ナオキ 恵比寿 2020年03月号 2020年03月号 2020年3月・4月号
51 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
52 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
53 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
54 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
55 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
56 石原裕次郎 ブランデーグラス      
57 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
58 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
59 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
60 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり      
61 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
62 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
63 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
64 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
65 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
66 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
67 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
68 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号  
69 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
70 美空ひばり 港町十三番地      
71 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
72 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
73 千昌夫 星影のワルツ      
74 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
75 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
76 五木ひろし 山河 2000年06月号   2000年7月・8月号
77 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
78 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
79 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
80 前川清 雪列車   2013年03月号  
81 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
82 前川清 男と女の破片      
83 芹洋子 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
84 鳥羽一郎 戻れないんだよ 2020年10月号 2020年10月号 2020年9月・10月号
85 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
86 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
87 松村和子 帰ってこいよ 2001年03月号 2007年05月号  
88 美空ひばり      
89 都はるみ 北の宿から 2003年12月号    
90 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
91 千昌夫 夕焼け雲      
92 田川寿美 2020年11月号 2020年11月号 1998年9月・10月号
93 三橋美智也 古城 2008年03月号    
94 北原ミレイ 石狩挽歌   2007年04月号  
95 森進一 襟裳岬   2014年06月号  
96 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
97 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
98 増位山太志郎 そんな夕子にほれました      
99 北島三郎 風雪ながれ旅 2001年12月号 2006年04月号  
100 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号