カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(2月28日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(2月28日更新分)

今日は、3月3日、今日の記念日です。

上巳,桃の節句

上巳の節句は五節句の一つで、元々は3月上旬の巳の日だったが、後に3月3日に行われるようになった。旧暦では3月3日は桃の花が咲く季節であることから「桃の節句」とも言われる。

古来中国では、上巳の日に川で身を清め不浄を祓う習慣があった。これが平安時代に日本に取り入れられた。後に、紙で小さな人の形(形代)を作ってそれにけがれを移し、川や海に流して不浄を祓うようになった。この風習は、現在でも「流し雛」として残っている。

雛祭り

女の子の健やかな成長を願う伝統行事。女の子のいる家庭では、雛人形を飾り、白酒・菱餅・あられ・桃の花等を供えて祀る。

上巳の日には、人形に穢れを移して川や海に流していたが、その人形が次第に精巧なものになって流さずに飾っておくようになり、雛祭りとして発展して行った。

雛祭りは始めは宮中や貴族の間で行われていたが、やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の行事となった。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていたが、江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は菖蒲の節句とも言われることから、「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになった。

耳の日

日本耳鼻咽喉科学会が1956(昭和31)年に制定。
「み(3)み(3)」の語呂合せ。また、三重苦のヘレン・ケラーにサリバン女史が指導を始めた日であり、電話の発明者グラハム・ベルの誕生日でもある。

補聴器の日 6月6日
鼻の日 8月7日
目の愛護デー 10月10日

耳かきの日

耳かき具メーカー・レーベン販売が制定。
「耳の日」であることから。

民放ラジオの日

日本民間放送連盟ラジオ委員会が2008(平成20)年に制定。
「耳の日」であることから。

平和の日

1984(昭和59)年の国際ペンクラブ東京大会で、日本ペンクラブの発案により制定され、翌1985(昭和60)年から世界中で実施された。
「女の子の健やかな成長を祝う雛祭りは平和の象徴である」との考えから。

女のゼネストの日

1997(平成9)年から全国各地の実行委員会が実施。
男女共同参画社会を目指し、「男女平等基本法」制定を求めて女性が立ち上がる日。この日が女の子の節句であることから、この日に実施することになった。

1996(平成8)年に来日したアイスランドのフィンボガドチル大統領の演説がきっかけになり制定された。アイスランドでは1975(昭和50)年と1985(昭和60)年に「女のゼネスト」を行い、何万人もの女性が仕事を放棄して首都レイキャビクに終結し、これを契機に初の女性大統領が誕生した。

金魚の日

日本鑑賞魚振興会が制定。
江戸時代、雛祭りの時に金魚を一緒に飾ったことから。

結納の日

全国結納品組合連合会が制定。
結婚式の「三三九度」から。

サルサの日

ダンスの一つサルサに関する活動を行っている有限会社サルサホットラインジャパンが制定。
303→サンマルサン→サルサの語呂合せ。

ジグソーパズルの日

ジグソーパズルメーカー会が制定。
数字の3を組み合わせるとジグソーパズルのピースの形に見えることから。

三の日

日本三大協会が1993(平成5)年に制定。
日本三大協会は、「三種の神器」「日本三景」等、日本で古来より三つで括ると安定すると考えられたのはなぜか、等を研究している団体である。

三十三観音の日

全国各地の三十三観音霊場で作る「三十三観音ネットワーク会議」が2010(平成22)年の発足会議にて制定。

桃の日

1999(平成11)年に日本たばこ産業(JT)が、同社の製品「桃の天然水」のPRの為に制定。
桃の節句であることから。

闘鶏の節句

宮中では平安時代から旧暦の3月3日に闘鶏が行われていた。

解放記念日 [ブルガリア]

1878年のこの日、オスマン帝国から独立してブルガリア王国が成立した。

立子忌

高浜虚子の子で『玉藻』を主宰した俳人・星野立子の1984(昭和59)年の忌日。

虚子忌 4月8日

今週の1位~5位は

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
3 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
4 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
5 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」

今週も、 先週と全く同じ曲でしたが、順位が4 位に、 石川さゆり さんの「 天城越え 」がアップしています。

今週の入れ替わり曲は

今週は、少なくて2曲が入れ替わっています。どちらも、懐かしい曲が2曲ですね。

97 位の テレサ・テン さんの「 空港 」
98 位の 杉良太郎 さんの「 すきま風 」

 テレサ・テン さんの「 空港 」

空港(くうこう)は、1974年7月1日に発売されたテレサ・テンの2枚目のシングル。発売元はポリドール・レコード(現ユニバーサルミュージック、レコード品番:DR 1865)。

1974年(昭和49年)7月1日に発売された楽曲で、1992年(平成4年)に再発盤がリリースされた。中国語でのタイトルは「情人的關懷」である。

テレサ・テンの日本でのデビュー・シングルは1974年3月発売で、アイドル歌謡曲の「今夜かしら明日かしら」だったが不発に終わる。次シングルには、ムード歌謡・演歌調の路線に変更した「空港」を発表した処、有線放送などで徐々に注目され、ロング・ヒットを記録した。累計売上は80万枚[2]。

当曲でテレサは、浅野ゆう子(「恋はダンダン」)、荒川務(「太陽の日曜日」)、城みちる(「イルカにのった少年」)、西川峰子(「あなたにあげる」)とともに第16回日本レコード大賞(1974年)の新人賞に選ばれた。この年の最優秀新人賞は麻生よう子(「逃避行」)であった。

Wikipediaより引用

 

【収録曲】

1. 時の流れに身をまかせ
2. 空港
3. つぐない
4. 愛人
5. 別れの予感
6. 夜のフェリーポート
7. 心凍らせて
8. 氷雨
9. スキャンダル
10. 恋人たちの神話
11. 乱されて
12. 涙の条件
13. ジェルソミーナの歩いた道
14. 悲しみと踊らせて
15. 川の流れのように

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(2月21日更新分) 今日は、2月24日、今日の記念日です。 鉄道ストの日 1898(明治31)年のこの日、日本初の鉄道ストライキが実施された。 日本鉄道会社の機関士ら400人がストライキに突入し、上野~青森の列車が運休した。 ...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
3 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
4 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
5 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
6 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
7 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
8 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
9 三山ひろし 谺-こだま 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
10 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
11 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
12 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
13 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
14 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
15 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
16 田川寿美 2020年11月号 2020年11月号 1998年9月・10月号
17 水森かおり 鳴子峡 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
18 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
19 椎名佐千子 潮騒みなと 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
20 千昌夫 星影のワルツ      
21 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
22 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
23 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
24 吉幾三 雪國   2013年03月号  
25 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
26 天童よしみ 残波 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
27 岩本公水 しぐれ舟 2020年08月号 2020年08月号 2020年9月・10月号
28 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
29 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
30 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
31 福田こうへい かんべんナ 2021年02月号 2021年02月号 2021年1月・2月号
32 都はるみ 好きになった人      
33 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
34 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
35 小林幸子 雪椿      
36 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
37 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
38 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
39 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
40 北原ミレイ 人生の贈りもの 2021年03月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
41 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
42 美空ひばり      
43 川野夏美 勿忘草 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
44 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
45 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
46 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
47 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
48 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
49 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
50 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号    
51 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
52 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
53 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
54 瀬口侑希 冬の恋歌 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
55 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
56 中澤卓也 約束 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
57 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
58 鳥羽一郎 戻れないんだよ 2020年10月号 2020年10月号 2020年9月・10月号
59 岩本公水 雨の堂島川 2021年02月号   2021年3月・4月号
60 藤原浩 長崎しのび酒 2021年03月号 2021年03月号 2021年3月・4月号
61 天童よしみ 珍島物語     1996年3月・4月号
62 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
63 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
64 坂本冬美 俺でいいのか 2019年10月号 2019年10月号 2019年11月・12月号
65 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
66 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
67 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号  
68 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
69 梅沢富美男 夢芝居      
70 三橋美智也 哀愁列車      
71 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
72 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
73 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
74 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
75 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
76 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
77 坂本冬美 ブッダのように私は死んだ 2021年01月号 2021年01月号 2021年1月・2月号
78 三橋美智也 古城 2008年03月号    
79 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
80 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
81 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
82 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
83 五木ひろし 遠き昭和の・・・ 2010年06月号 2010年06月号 2010年5月・6月号
84 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
85 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
86 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
87 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
88 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
89 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
90 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
91 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
92 美空ひばり お祭りマンボ      
93 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
94 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
95 フランク永井 おまえに      
96 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
97 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
98 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
99 美空ひばり 港町十三番地      
100 北島三郎 まつり   2006年04月号