演歌以外:「考えて、言葉に出して、行動する」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「考えて、言葉に出して、行動する」というお話しです。

今日は、5月4日、今日はどんな記念日でしょうか。

みどりの日(Greenery Day)
“自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ”国民の祝日。

元々は昭和天皇の誕生日である4月29日で、昭和天皇が生物学者であり自然を愛したことから1989年より「みどりの日」という祝日とされた。2007年より4月29日は「昭和の日」となり、みどりの日は5月4日に移動された。

みどりの月間 4月15日~5月15日
みどりの日(旧) 4月29日

国際消防士の日

消防士の守護聖人である聖フロリアヌスの聖名祝日。

植物園の日

日本植物園協会が2007年に制定。
「みどりの日」であることから。

ラムネの日

1872年のこの日、東京の実業家・千葉勝五郎が、ラムネの製造販売の許可を取得した。
中国人のレモン水製造技師を雇い製造法を学んです。

競艇の日

下関競艇場が、競艇場のイメージアップと、競艇ファンの拡大を狙って制定。
競艇の創始者である笹川良一の誕生日。

エメラルドの日

コロンビアエメラルド輸入協会が2000年に制定。
「みどりの日」に因み、緑色の宝石エメラルドをPRする日。
当初は4月29日であったが、2007年、「みどりの日」が5月4日になるのにあわせて5月4日に変更された。エメラルドは5月の誕生石でもある。

ノストラダムスの日

1555年のこの日、フランスの占星術師・ノストラダムスが『百篇詩集(諸世紀)』を出版した。

うすいえんどうの日

えんどう豆の一種・うすいえんどうの収獲量が日本一の和歌山県農業協同組合連合会(JA和歌山県農)が制定。
5月上旬が収獲のピークであることと、「みどりの日」であることから。

名刺の日

日本名刺研究会が制定。
May(メイ)四(し)で「めいし」の語呂合せ。

ファミリーの日

中華料理店チェーンの東天紅が、1985年にこの日が休日になると決定した時、それにふさわしい愛称を公募し制定。
それまで家族全体の記念日がなかったことから。

国際家族デー 5月15日

スターウォーズデー

映画『スターウォーズ』を記念する日。
劇中の台詞「May the Force be with you」(フォースと共にあらんことを)を「May 4th」にかけたもの。

(旧)国民の休日(Holiday for a Nation)

1985年12月27日の祝日法の改正により、国民の祝日にはさまれた日(日曜日と振替休日の場合を除く)は休日となった。これは実質的に5月4日を休日にするための制度であった。制度自体は1985年12月27日からあったが、翌年・翌々年の5月4日は日曜・月曜であったため、第1回目は1988年となった。

2007年の祝日法改正によりこの日が「みどりの日」となったため、5月4日が国民の休日になることはなくなった。しかし、敬老の日が移動祝日となったことにより、年によって秋分の日との間でこの制度が適用される可能性がある。

考えて、言葉に出して、行動する

弘法大師こと空海さんも実践していたという願いをかなえる方法です。

エネルギーを効果的に使うには、声と目で大きく膨らませて、腹で受け止める。

まさに「声-目-腹」の三位一体論です。

これは弘法大師空海が「身口意(しんくい)」の「三密」と唱えたものに通じている。

「身口意」は「身=印を結ぶ」「口=真言を唱える」「意=精神を向ける」ことであるが、現代的な解釈を当てはめるとつぎのようになります。

・身=行動=腹

・口=言葉=声

・意=思考=目

目を見開いてかなえたい願いを見つめ(思考)、

その願いを「声」に出し(言葉)、

そして「腹」を決めて動き出す(行動)。

空海は「身口意」でさとりを得ると説いたが、現代的には「行動:腹」と「言葉:声」と「思考:目」でエネルギーを最大化して願いをかなえるわけです。

考えて、言葉に出して、行動する。

これはまるで、サッカー日本代表の本田圭佑選手のようですね。

そして結果を出して行く人に共通することなのかもしれません。

願望をかなえたいときは、具体的にイメージし、「やったー!!○○がかなったぞ!!」といった感じで完了形にすると良いといいます。

子どもがどーしても欲しかったプレゼントを手にしたときのような気持ちで口にするのがポイントのようです。

あっ、誰かに見られたら多少気まずいと思いますので、こっそり一人で行うことをオススメします。

そしたらあとは、行動するのみ。

とってもシンプルですけど、効果は空海さんの時代から言われていることですので期待できそうですね。

「考えて、言葉に出して、行動する。」

さあ、やってみましょう。

スポンサーリンク