演歌以外:「頑張っている人を応援する」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「頑張っている人を応援する」というお話しです。

今日は、8月31日、今日はどんな記念日でしょうか。今月も今日で最後です。
東京パラリンピックも始まりましたね。ハンデを乗り越えて活躍している姿は人間の素晴らしさを教えてくれている気がします。
頑張っている人はかっこいいですね。

野菜の日

全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定。
「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せ。

菜っ葉の日 7月28日

独立記念日 [マレーシア]

1957年のこの日、マラヤ独立宣言により現在の西マレーシアがマラヤ連邦として独立しイギリス連邦内の独立国となった。
1963年にはシンガポールと東マレーシアを加えてマレーシア連邦を結成し、1965年にシンガポールが分離独立して現在の形になった。

独立記念日 [トリニダード・トバゴ]

1962年のこの日、カリブ海の島国・トリニダード・トバゴがイギリスから独立した。

独立記念日 [キルギス]

1991年のこの日、キルギスがソビエト連邦からの独立を宣言した。

我らが言語の日 [モルドバ]

1989年のこの日、当時ソビエト連邦の一部であったモルダビアで、ロシア語と同じキリル文字で書かれていたモルダビアの言葉をソ連併合以前のラテン・アルファベットに戻し、モルドバ語として公用語とすることが定められた。

(旧)天長節

1912(大正元)年と1913(大正2)年に実施。大正天皇の誕生日。
1914(大正3)年以降は10月31日の「天長節祝日」で大正天皇の誕生日を祝うようになった。
天長節(明治5年まで) 9月22日
天長節(明治)・明治節(戦前) 11月3日
天長節祝日(大正) 10月31日
天長節(戦前)・天皇誕生日(戦後) 4月29日
天皇誕生日(平成) 12月23日

頑張っている人を応援しよう。

応援しながら、相手の元気を自分の心に吸収しよう。

頑張っている人は、元気の素をあなたにプレゼントしてくれる貴重な存在である。

相手を応援する際の注意点をひとつ。

それは、必ずポジティブな言葉をかけるということだ。

相手を気遣うつもりで「大変だよね」とか「全然、自由がないんじゃない?」と声をかける人がいるが、頑張っている人はそんな言葉をかけられても、少しも心地よいとは感じない。

「すごいね。頑張ってるね。刺激になるよ。そのプロジェクトは絶対にうまくいくと!」

「おー、すごいね。見ていて勉強になるよ!うまくいったらお祝いしようね」

もし相手がスランプを脱しつつある時期なら、

「そうやって○○君が頑張ることで、喜ぶ人がいっぱいいるんだよね。ガンガン頑張ってほしいな。応援しているよ」

「その頑張っている姿、すごくカッコいいよ」

「いや~、俺もお前の頑張りに刺激されて、○○をやってみることにしたよ。また報告するね」

と言う。あえてポジティブに心の底から応援の声を発する。

頑張っている人は、人の役に立っていると実感できることに、この上ない喜びを感じる。

自分の生き方が誰かに影響を与えているということは、彼らにとって大きな喜びなのである。

周囲に頑張っている人がいたら、心から応援の言葉をかけよう。

そうすることで、あなたの心にも希望が満ちる。

人間の脳は、主語を理解できないという性質を持っています

主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを、自分の事として捉えてしまいます。

ということは、人の悪口を言うと、脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になるということです。

つまり、誰かの悪口を言っていたとしても、自分自身に悪口を言っていると脳は判断し、自分も傷つき気分が悪くなります。

人をけなしてばかりいる人が、なぜか自己嫌悪に陥っていくのはそのためです。そして、より、人に対して攻撃的になるという特徴があります。

逆に言うと、

沢山人を褒めている人は、自分が褒められているのと同じように脳は感じる訳ですから、それはそれは気分が良いでしょう。

フェイスブックの投稿をみて、他人の成功や自慢にケチをつけるのではなく、そんな時こそ褒めるのです。

頑張っている人がいたら、それをあざ笑うのではなく、心から応援するのです。

言葉を発すると、その理由も脳は探してくれます。

仮に誰かの事が憎かったとしても、「ありがとう」と言ってみるのです。

すると脳は、「ありがとう」なんて思っていなくても、「ありがとう」の理由を探してくれます。

そういえば昔、チョコもらったな、とかね。

続けていくと、本当にありがたい人だと思えるように変わるものです。

「はじめに言葉ありき」とは聖書の一番最初にある言葉です。

言葉が概念を作り出します。

ならば、ポジティブな言葉をなるべく使った方が、自分にとっても良いことだという事は、脳の性質からも人間関係からも、あきらかですね。

今日も頑張っている人を応援しようっと。

スポンサーリンク