カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月5日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月5日更新分)

今日は、9月1日、今日の記念日です。今日から9月ですね。今年も残り4ヶ月です。残暑がありますが、少しずつ秋の気配がしています。夜にはこおろぎの鳴く声が聞こえるようになりました。

国際識字デー(International Literacy Day)

1965年のこの日、イランのテヘランで開かれた世界文相会議でイランのパーレビ国王が軍事費の一部を識字教育に回すことを提案したことを記念して、ユネスコが制定。国際デーの一つ。
「識字」とは、「文字の読み書きができる」という意味で、現在世界には戦争や貧困等によって読み書きのできない人が10億人以上いると言われている。

サンフランシスコ平和条約調印記念日

1951年のこの日、サンフランシスコで対日講和会議が開かれ、その最終日であるこの日、日本と連合国の間で「日本との平和条約(サンフランシスコ平和条約)」と「日米安全保証条約」が調印された。
日本を含めて59か国が調印したが、ソ連等3か国が調印を拒否し、中国は最初から招待されなかった。この時の日本の全権大使は吉田茂首相だった。

サンフランシスコ講和記念日 4月28日

独立記念日 [マケドニア]

1991年のこの日、マケドニアがユーゴスラビアから独立した。

聖母マリア誕生の祝日

キリストの母である聖母マリアの誕生日を記念する日。
マリアの両親は聖ヨアキムと聖アンナで、聖母マリアの夫・聖ヨセフと同じようにユダヤ人の王ダビデの子孫だった。聖母マリアの誕生により旧約の時代から長い間準備されてきたメシア(救世主)の到来が実現に近づくこととなった。

千代尼忌,素園忌

加賀の俳人・千代(千代尼,素園)の1775(安永4)年の忌日。

今週の1位~5位は

1 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
2 位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」
3 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
4 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」

今週は、上位5曲は先週と同じですが順位が変わっています。

3位と4位が入れ替わっただけですね。1位の藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」が2週連続1位です。

2位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」も2週連続です。

5位の美空ひばり さんの「 川の流れのように 」は4週連続です。

今週の入れ替わり曲は

今週は、5曲が入れ替わっています。今週も珍しく、懐かしい曲ばかりですね。

87 位の 細川たかし さんの「 浪花節だよ人生は 」
88 位の 藤山一郎 さんの「 東京ラプソディ 」
90 位の 八代亜紀 さんの「 舟唄 」
94 位の 加藤登紀子 さんの「 知床旅情 」
96 位の 森昌子 さんの「 せんせい 」

藤山一郎 さんの「 東京ラプソディ 」

東京オリンピックとパラリンピックがあったのでカラオケも増えたのかなと思います。

古賀政男が1936年(昭和11年)6月にテイチクより藤山一郎の歌唱によって発売され35万枚のヒット曲となった「東京ラプソディ」(作詞・門田ゆたか/作曲・古賀政男/歌・藤山一郎)

https://diamond.jp/articles/-/51835より抜粋・引用

行進曲の速度、4分の2拍子、古賀政男は楽譜に「Paso Doble」(パソ・ドブレ)で、と指示している。パソ・ドブレはフラメンコ調のダンスのことだそうだ。前半はホ短調(Em)、上向音形で始めてやや哀愁を漂わせ、後半は一転してホ長調へ転調しオクターブ上のE(ミ)から下向音形の情熱的な曲想に変わる。

藤山一郎の録音を聴くと、音程が正確であることはもちろん、手の込んだ古賀の記譜をまったく崩さずに正しく歌っていることに気付く。古賀は邦楽のコブシをこの曲にも少し取り入れており、それも楽譜に書いている。少し聴いただけでは歌手のアドリブのように思えるが、すべて記譜されている。

藤山のように正しく再現する歌唱は、やはりクラシックの訓練を受けているからだろう。

古賀政男は「東京ラプソディ」についてこう書いている。

「昭和十一(1936)年といえば、戦前の平和産業がピークに達したときで、昭和初頭の不況はすっかりかげをひそめて、新しく中間層が出現し、社会のチャンピオンの地位を誇っていた。藤山君のムードはこの人々にぴったりするので、私は都会風に洗練された軽快なメロディーを書こうと思った。/その頃、ジョージ・ラフト主演のアメリカ映画を見たことがあった。テーマ曲がモダンでテンポも軽快でひどく私を刺激した。/その頃の私には、中山晋平先生の『東京行進曲』が一つの目標になっていた。神田、新宿などの盛り場で、全部ソツなく歌われているのは心憎いばかりだと思っていたのであった」(古賀政男『自伝わが心の歌』新装増補、展望社、2001)。

?旋律を先に作ったのだそうだ。どうやら映画がヒントになったらしい。ジョージ・ラフト(1895-1980)はアメリカの2枚目俳優で、この時点で14本に出演しているので、古賀政男が見た映画を特定できなかった。

「結果は上々で、私の意気込んだようにたちまち全国に広がってテイチクは黄金時代を迎えた。このヒットで会社は私に九百円のボーナスをくれた。/藤山君とのコンビで、その後『男の純情』『青い背広で』『さらば青春』などを出してベストセラーを維持し続けた」(古賀政男、前掲書)。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(8月29日更新分) 今日は、9月1日、今日の記念日です。今日から9月ですね。今年も残り4ヶ月です。残暑がありますが、少しずつ秋の気配がしています。夜にはこおろぎの鳴く声が聞こえるようになりました。 防災の日 伊勢湾台風が襲来した翌年...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
2 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
3 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
4 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
5 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
6 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
7 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
8 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
9 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
10 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
11 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
12 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
13 千昌夫 星影のワルツ      
14 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
15 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
16 美空ひばり      
17 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
18 美空ひばり お祭りマンボ      
19 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
20 橋 幸夫・三沢あけみ 東京音頭      
21 都はるみ 好きになった人      
22 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
23 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
24 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
25 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
26 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
27 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
28 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
29 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
30 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
31 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
32 三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ 島のブルース 2002年10月号    
33 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
34 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
35 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
36 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号    
37 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
38 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
39 高峰秀子 銀座カンカン娘 2007年09月号    
40 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
41 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
42 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
43 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
44 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
45 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
46 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
47 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
48 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
49 美空ひばり 港町十三番地      
50 秋元順子 いちばん素敵な港町 2021年07月号 2021年07月号 2021年7月・8月号
51 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
52 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
53 三橋美智也 哀愁列車      
54 霧島昇、ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号    
55 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
56 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
57 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
58 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
59 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
60 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
61 島倉千代子 この世の花 2004年12月号 2014年02月号  
62 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
63 里見浩太朗・横内正 あゝ人生に涙あり      
64 都はるみ アンコ椿は恋の花 2002年05月号 2007年01月号  
65 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
66 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
67 寺本圭佑 望郷本線 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
68 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
69 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
70 鶴田浩二 街のサンドイッチマン      
71 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
72 フランク永井 有楽町で逢いましょう      
73 三波春夫 チャンチキおけさ 2001年07月号 2007年12月号  
74 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
75 福田こうへい 男の残雪 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
76 三山ひろし 浮世傘 2021年09月号 2021年09月号  
77 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
78 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
79 梅沢富美男 夢芝居      
80 大月みやこ 夢のつづきを 2021年06月号 2017年09月号 2021年7月・8月号
81 三橋美智也 古城 2008年03月号    
82 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
83 大津美子 ここに幸あり 2000年11月号    
84 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号  
85 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
86 大映男声合唱団 海軍小唄(ズンドコ節)      
87 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号  
88 藤山一郎 東京ラプソディ   2007年06月号  
89 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
90 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
91 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
92 西田佐知子 アカシアの雨がやむとき   2008年07月号  
93 美空ひばり 悲しい酒 2000年12月号    
94 加藤登紀子 知床旅情   2008年08月号  
95 島津悦子 夢一筋 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
96 森昌子 せんせい   2011年10月号  
97 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
98 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
99 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号    
100 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号