演歌以外:「望むことに意識を向ける」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「望むことに意識を向ける」というお話しです。

今日は、9月7日、今日はどんな記念日でしょうか。
東京パラリンピックもも終わりましたね。ハンデを乗り越えて活躍している姿は人間の素晴らしさを教えてくれている気がします。

クリーナーの日

メガネクリーナーの製造会社・パールが制定。
「ク(9)リーナ(7)ー」の語呂合せ。

CMソングの日

151年のこの日、初めてCMソングを使ったラジオCMがオンエアされた。

小西六(現在のコニカ)の「さくらフイルム」のCMだったが、歌の中に社名・商品名は入っていなかった。

独立記念日 [ブラジル]

1822年のこの日、ブラジルがポルトガルから独立した。
当初は帝政を宣言していたが、1889年11月15日に共和制に移行。その2年後に共和国憲法を制定して連邦制・大統領制になった。

泉鏡花忌

小説家・泉鏡花の1939年の忌日。

吉川英治忌

小説家・吉川英治の1962年の忌日。

望むことに意識を向ける

「望むことに意識を向ける」というお話です。

引き寄せの法則では「ないを見ない」のも大切です。

「あるを見る」のだから、その逆でしょ?わかっている!って?

いえいえ、これがなかなか、意外とできないものなんですよ。

たとえば今持っているパソコンが古くなったので、新しいパソコンが欲しくなったとします。

そこで新しいパソコンの情報を調べて、「おおっ!こんなにハイスペック!手に入れるのが楽しみだなあ!」「これぐらいの値段なら近いうちに買えるかも!」なんてワクワクしていれば、本当に近いうちに手に入ります。

ところが、人というのは「新しい〇〇を欲しい」と言いながら、「古い〇〇」に意識を向けてしまっているのです!

新しいパソコンが欲しいと言いながら、古いパソコンのことばかりを考えて「このパソコン遅いなあ」とか「バッテリーがすぐに切れるなあ」なんて文句を言っていたりするのです。

「望まないもの」に意識を向ければ向けるほど、望むものは手に入りません。

「望まないもの」ではなく「望むこと」に意識を向ける!これが妄想の法則の鉄則です。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、習慣づけると必ずできるようになっていきます。

「望むもの」はお金がある生活ですか?ない生活ですか?

わざわざ「望まないほう」ばかりに目を向けて生活していませんか?

今はもうすでに過去であり、未来をつくるのはこれからの自分の思いです。

「ない」ではなく「ある」「持っている」に意識を向ければ、「ある」はどんどん拡大していきます。

大人気漫画「ワンピース」のジンベエの言葉をご紹介させていただきます。

「もう何も見えんのかお前には!!!

どんな壁も乗り越えられると思うておった自信!

疑う事もなかった己の強さ!

それらを無情に打つ砕く手も足も出ぬ敵の数々!

この海での道標じゃった兄!

無くした物は多かろう。

世界という巨大な壁をマエに次々と目の前を覆われておる!!!

それでは一向にマエは見えん!!

後悔と自責の闇に飲み込まれておる!!

今は辛かろうがルフィ!

それらを押し殺せ!

失った物ばかり数えるな!!

無いものは無い!

確認せい!

お前にまだ残っておるものは何じゃ!!!」

今あるもの、

今いてくれる人、

そうした「あるもの」を見たとき、前に進んでいきます。

いつまでも失ったもの、「ないもの」を見ていると、どんどん後退していきます。

不思議ですが、そういうものです。

「配られたカードで勝つ」というお話。

不幸な人って、「私にはあれがない」とか「これができない」とか、“自分にないもの”に焦点を当てようとするんです。

そうではなくて、「私にはあれがある」「これもできる」とか、“自分にあるもの”に焦点を当てたとき、人はしあわせになるんですね。

人間には“業(ごう)”っていうのがあるの。

それは神様が与えてくれたものなんです。

だから、その神様の与えてくれたものでしあわせになるの。

ポーカーでも、配られたカードにいちいち文句を言っていると勝てないんです。

配られた手でどうやって勝とうか、って考えないと勝負には勝てません。

(中略)

「私、足が遅いんです」って言う人がいるけど、車の運転ができてポルシェにでも乗れば、その人は時速二〇〇㎞だって出せるんだよね。

だから人はそれぞれ、得意なことを一生懸命やればいいの。

それで苦手なことは必ず誰かが助けてくれるから。

人はそうやって助け合い、補い合って生きていくものなんだよね。

それを不得意なことをなくそうとかってやっていると、大切な人生の時間があっという間になくなっちゃう。

それより、得意なことで、みんなのお役に立てればいいんだよ。

「変な人が書いた世の中のしくみ」

あるものを見ていきましょうね。

スポンサーリンク