カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月12日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月12日更新分)

今日は、9月15日、今日の記念日です。

老人の日

2002年1月1日改正の「老人福祉法」によって制定。2003年から「祝日法」の改正によって「敬老の日」が9月第3月曜日となるのに伴い、従前の敬老の日を記念日として残す為に制定された。
国民の間に広く老人の福祉についての関心と理解を深めるとともに、老人に対し自らの生活の向上に努める意慾を促す日。

敬老の日 9月第3月曜日
老人週間 9月15日~9月21日

(旧)としよりの日

1947年に兵庫県野間谷村の門脇政夫村長がこの日に敬老会を開いたのに始まる。1950年に兵庫県全域、1951年から全国で行われるようになった。1964年に、「としより」という名称はひどいということで、「老人の日」に改められた。

(旧)老人の日

1964年・1965年に行われたときの名称。1966年からは国民の祝日「敬老の日」となった。

(旧)敬老の日

1966年から2002年まで。「祝日法」の改正により、2003年から9月第3月曜日に変更された。

ひじきの日

三重県ひじき協同組合が1984年に制定。
「敬老の日」に因み、昔からひじきを食べると長生きをすると言われていることから。

大阪寿司の日

関西厚焼工業組合が制定。
押し寿司などの大阪寿司は生魚を使わないことからお年寄りにも安全・安心であるとして、長らく「敬老の日」であったこの日を記念日とした。

スカウトの日

1974年に5月5日を含む日を「スカウト週間」として制定。1990(平成2)年に「スカウト奉仕の日」に改称して9月15日に変更し、翌1991年に「スカウトの日」に再度改称した。

奉仕活動を通じて地域社会へ貢献するとともに、ボーイスカウトの活動が地域社会に根ざした実践活動であることを広く社会にアピールする日。
ボーイスカウトではこの日から新しい年度が始る。

世界スカウト平和の日 9月第3木曜日
ボーイスカウト創立記念日 1月24日
ガールスカウトの日 5月22日

シルバーシート記念日

1973年のこの日、東京・中央線の電車に初めて老人・身体障害者の優先席「シルバーシート」が設置された。
1997年に、「優先席」に改称された。

シャウプ勧告の日

1949年のこの日、シャウプ勧告が公表された。
シャウプ勧告とは、アメリカ・コロンビア大学のカール・シャウプ博士を団長とする税制調査団による税制改革案で、戦後の税制の基礎となった。

国際民主主義デー(International Day of Democracy)

国際デーの一つ。2007年11月の国連総会で制定。

独立記念日 [エルサルバドル・グアテマラ・コスタリカ・ホンジュラス・ニカラグア]

1821年のこの日、エルサルバドル・グアテマラ・コスタリカ・ホンジュラス・ニカラグアの各国がスペインから独立した。
なお、コスタリカは翌年メキシコと併合し、1838年に分離独立した。

今週の1位~5位は

1 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
2 位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」
3 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
4 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」
5 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」

今週は、上位5曲は先週と同じですが順位が変わっています。

4位と5位が入れ替わっただけですね。1位の藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」が3週連続1位です。

2位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」も3週連続です。

今週の入れ替わり曲は

今週は、3曲が入れ替わっています。今週も珍しく、懐かしい曲ばかりですね。

68 位の 古都清乃 さんの「 女の一生 」
74 位の 東海林太郎 さんの「 名月赤城山 」
100 位の 芹洋子 さんの「 四季の歌 」

芹洋子 さんの「 四季の歌 」

この曲は昭和46年,学生だった荒木とよひささんが妙高高原でのスキーで骨折して入院中に作った歌で、退院時に看護婦さんに教え、最初のうちは看護婦さんたちにより歌い継がれたといいます。その後、昭和51年にニッポン放送の「あおぞらワイド」という番組に一主婦がリクエストしてから評判になり、芹洋子盤はじめ各社の競作となったミリオンセラーだそうです。

https://diamond.jp/articles/-/51835より抜粋・引用

荒木とよひさは昭和18年(1943)、中国・大連生まれ。日大芸術学部在学中から音楽活動を始めました。
 昭和39年(1964)にスキーで大骨折し、2年半という長期入院。その折、親切にしてくれた看護婦たちに感謝の気持ちを込めて作ったのがこの歌です。看護婦たちからその友人・知人たちへと広まっていきましたが、作詞・作曲者の名前は知られないままでした。

 昭和51年(1976)、ニッポン放送の生放送番組『あおぞらワイド』にこの曲のリクエストが寄せられましたが、番組のパーソナリティもスタッフも知らない歌だったので、聴取者に情報提供を呼びかけました。それにより、この歌は注目を集め、やがて荒木とよひさが作詞・作曲者だと判明しました。

 同年、レコード各社が競作しましたが、声質が歌の内容に合っていたせいか、芹洋子の歌がいちばん人気を集め、大ヒットとなりました。
 中国でも、『四季之歌』というタイトルで広く愛唱され、千昌夫の『北国の春』と並んで、日本の代表的な歌の1つとして記憶されているといいます。

 この歌は、上がり下がりが少なくて歌いやすいメロディと、単純で覚えやすい歌詞が大ヒットの要因でしょう。
 心の清い友人と心の強い父親、心の深い恋人、心の広い母親がそろっていれば、人間関係については、まずあまり不満はいえません。人生に欠かしたくない4人を四季に当てはめたのが、この歌詞の秀逸な点だといえましょう。

 荒木とよひさは、30代半ばから作詞に専念するようになり、テレサ・テン『愛人』『時の流れに身をまかせ』『つぐない』、堀内孝雄『恋唄綴り』、 森昌子『哀しみ本線日本海』、高山厳『心凍らせて』、桂銀淑『すずめの涙』など、多くのヒット曲を生みました。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月5日更新分) 今日は、9月1日、今日の記念日です。今日から9月ですね。今年も残り4ヶ月です。残暑がありますが、少しずつ秋の気配がしています。夜にはこおろぎの鳴く声が聞こえるようになりました。 国際識字デー(Internationa...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
2 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
3 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
4 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
5 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
6 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
9 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
10 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
11 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
12 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
13 千昌夫 星影のワルツ      
14 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
15 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
16 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
17 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
18 美空ひばり      
19 都はるみ 好きになった人      
20 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
21 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
22 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
23 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
24 美空ひばり お祭りマンボ      
25 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
26 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
27 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
28 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
29 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
30 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
31 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
32 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
33 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
34 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
35 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
36 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
37 高峰秀子 銀座カンカン娘 2007年09月号    
38 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
39 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号    
40 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
41 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
42 霧島昇、ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号    
43 美空ひばり 港町十三番地      
44 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
45 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
46 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
47 三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ 島のブルース 2002年10月号    
48 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
49 橋 幸夫・三沢あけみ 東京音頭      
50 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
51 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
52 三橋美智也 哀愁列車      
53 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
54 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
55 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
56 都はるみ アンコ椿は恋の花 2002年05月号 2007年01月号  
57 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
58 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
59 秋元順子 いちばん素敵な港町 2021年07月号 2021年07月号 2021年7月・8月号
60 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
61 島倉千代子 この世の花 2004年12月号 2014年02月号  
62 里見浩太朗・横内正 あゝ人生に涙あり      
63 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
64 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
65 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
66 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
67 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
68 古都清乃 女の一生      
69 鶴田浩二 街のサンドイッチマン      
70 フランク永井 有楽町で逢いましょう      
71 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
72 三山ひろし 浮世傘 2021年09月号 2021年09月号  
73 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
74 東海林太郎 名月赤城山 2002年01月号    
75 大津美子 ここに幸あり 2000年11月号    
76 三波春夫 チャンチキおけさ 2001年07月号 2007年12月号  
77 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
78 三橋美智也 古城 2008年03月号    
79 寺本圭佑 望郷本線 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
80 大映男声合唱団 海軍小唄(ズンドコ節)      
81 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
82 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
83 梅沢富美男 夢芝居      
84 西田佐知子 アカシアの雨がやむとき   2008年07月号  
85 森昌子 せんせい   2011年10月号  
86 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号  
87 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号  
88 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
89 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
90 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
91 福田こうへい 男の残雪 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
92 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
93 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
94 加藤登紀子 知床旅情   2008年08月号  
95 大月みやこ 夢のつづきを 2021年06月号 2017年09月号 2021年7月・8月号
96 美空ひばり 悲しい酒 2000年12月号    
97 藤山一郎 東京ラプソディ   2007年06月号  
98 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
99 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
100 芹洋子 四季の歌