カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月19日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月19日更新分)

今日は、9月22日、今日の記念日です。

国際ビーチクリーンアップデー

アメリカ・サンフランシスコに本部のある海洋自然保護センターが1985年から実施。
この日に近い週末に、世界各地で一斉に海岸のごみを拾い集め、その数量・種類等を調べることによって、海洋のゴミの発生元や、地球環境への影響を調査している。

カーフリーデー

都市生活と車の使い方の問題について考える日。世界の約2000都市で、この日1日都市中心部へのマイカーの通行規制が行われる。
1997年9月9日にフランスのラ・ロシェルで行われた社会実験を起源とし、1998年からフランス環境省の呼びかけて全国一斉に行われるようになり、この年から9月22日に行われるようになった。日本では横浜市・名古屋市など9都市で行われ、いくつかの都市ではこの日に近い秋分の日に実施される。
都市生活と車の使い方の問題について考える日とされており、世界の約2,000都市で都市中心部へのマイカー通行規制などが展開されております。

OneWebDay

オンライン生活を祝う世界的な記念日。
2006年に第1回が行われ、Second Life上で記念式典が行われた。

独立記念日 [マリ共和国]

1960年6月20日に西隣のセネガルとともにマリ連邦としてフランスから独立したが、同年8月20日にセネガルが連邦から離脱し、この日マリ共和国として単独で独立した。

独立記念日 [ブルガリア]

1903年のこの日、ブルガリアがオスマン帝国からの独立を宣言した。

今週の1位~5位は

1 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
2 位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」
3 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
4 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」

今週は、上位5曲は先週と同じですが順位が変わっています。

3位と4位と5位が入れ替わっただけですね。1位の藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」が4週連続1位です。

2位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」も4週連続です。

今週の入れ替わり曲は

今週は、2曲が入れ替わっています。今週は珍しく、少ないですね。新曲と懐かしい曲がそれぞれ1曲ずつです。

87 位の 島津悦子 さんの「 夢一筋 」
100 位の 浜圭介・桂銀淑 さんの「 北空港 」

島津悦子 さんの「 夢一筋 」

こんな時代だからこそ求められる、明るくパワフル島津演歌!
島津演歌の真骨頂!「夢一筋」
どっしりとした男詩で、自分自身を鼓舞するような人生の応援歌。くよくよせず、こうと決めたら夢一筋にまっしぐら!明るく希望に向かって進み続ける前向きな内容です。リズムもノリが良く軽快で、心地の良い作品です。
自身初のセリフにも注目!「忠太郎・水熊の母路」
お馴染み、瞼の母の世界観。忠太郎と母親の再会の名シーンを母目線で描きます。云うに云えない辛い気持ちを、セリフを交え表現します。

収録曲

1.夢一筋
作詞:下地 亜記子 作曲:山崎 剛昭 編曲:南郷 達也
2.水熊の母
作詞:佐野 文香 作曲:山崎 剛昭 編曲:南郷 達也
3.夢一筋 (オリジナルカラオケ)
4.夢一筋 (一般用カラオケ半音下げ)
5.水熊の母 (オリジナルカラオケ)
6.水熊の母 (一般用カラオケ半音下げ)

2021年8月4日発売

島津悦子 さんの「 夢一筋 」は、カラオケファン9月号、歌の手帖9月号、新曲歌謡ヒット速報9・10月号に楽譜があります。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月12日更新分) 今日は、9月15日、今日の記念日です。 老人の日 2002年1月1日改正の「老人福祉法」によって制定。2003年から「祝日法」の改正によって「敬老の日」が9月第3月曜日となるのに伴い、従前の敬老の日を記念日として...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
2 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
3 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
4 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
5 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
6 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
9 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
10 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
11 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
12 千昌夫 星影のワルツ      
13 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
14 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
15 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
16 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
17 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
18 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
19 美空ひばり      
20 都はるみ 好きになった人      
21 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
22 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
23 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
24 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
25 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
26 美空ひばり お祭りマンボ      
27 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
28 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
29 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
30 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
31 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
32 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
33 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
34 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
35 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
36 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
37 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
38 高峰秀子 銀座カンカン娘 2007年09月号    
39 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
40 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
41 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
42 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号    
43 美空ひばり 港町十三番地      
44 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
45 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
46 霧島昇、ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号    
47 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
48 三山ひろし 浮世傘 2021年09月号 2021年09月号  
49 秋元順子 いちばん素敵な港町 2021年07月号 2021年07月号 2021年7月・8月号
50 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
51 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
52 三橋美智也 哀愁列車      
53 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
54 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
55 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
56 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
57 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
58 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
59 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
60 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
61 三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ 島のブルース 2002年10月号    
62 都はるみ アンコ椿は恋の花 2002年05月号 2007年01月号  
63 里見浩太朗・横内正 あゝ人生に涙あり      
64 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
65 橋 幸夫・三沢あけみ 東京音頭      
66 島倉千代子 この世の花 2004年12月号 2014年02月号  
67 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
68 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
69 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
70 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
71 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
72 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
73 東海林太郎 名月赤城山 2002年01月号    
74 鶴田浩二 街のサンドイッチマン      
75 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
76 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
77 大津美子 ここに幸あり 2000年11月号    
78 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
79 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
80 フランク永井 有楽町で逢いましょう      
81 三橋美智也 古城 2008年03月号    
82 寺本圭佑 望郷本線 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
83 梅沢富美男 夢芝居      
84 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号  
85 福田こうへい 男の残雪 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
86 三波春夫 チャンチキおけさ 2001年07月号 2007年12月号  
87 島津悦子 夢一筋 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
88 大月みやこ 夢のつづきを 2021年06月号 2017年09月号 2021年7月・8月号
89 西田佐知子 アカシアの雨がやむとき   2008年07月号  
90 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
91 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
92 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
93 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号  
94 森昌子 せんせい   2011年10月号  
95 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
96 加藤登紀子 知床旅情   2008年08月号  
97 芹洋子 四季の歌      
98 美空ひばり 悲しい酒 2000年12月号    
99 藤山一郎 東京ラプソディ   2007年06月号  
100 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号