新曲紹介。石原詢子さんの「雪散華」平成29年9月6日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、平成29年9月6日発売の石原詢子さんの「雪散華」です。

20歳でデビューし、おかげさまで30周年!石原詢子新たな第一歩です。
石原詢子デビュー30周年を飾る記念シングル第一弾。
激しくも儚いおんなごころを歌う渾身の一作。作詞・冬弓ちひろ、作曲・徳久広司。
石原詢子さんの30周年記念シングルは、これまでになく一途な愛に翻弄される激しい女の情念を歌います。

円熟味を増した石原詢子さんが新たに強く、切なく、悲しく、儚い、女のドラマを演じます。

1968年岐阜県生まれ。20歳でデビュー。2000年に「みれん酒」、03年に「ふたり傘」でNHK紅白歌合戦に出場した。デビュー30周年記念シングル「雪散華~ゆきさんげ~」が6日発売予定。

石原詢子「雪散華」

 

石原詢子「雪散華」カラオケ


 

収録曲
1. 雪散華~ゆきさんげ~
2. 涙に抱かれて
3. 雪散華~ゆきさんげ~ オリジナル・カラオケ
4. 涙を抱いて オリジナル・カラオケ

2017年9月6日発売

販売価格: 1,200円(税込)

【期間生産限定盤(お得盤)】
2017.12.06までの期間生産限定



収録曲
1. 雪散華~ゆきさんげ~
2. 涙に抱かれて
3. ホレました アルバム・バージョン
4. ふたり傘
5. 雪散華~ゆきさんげ~ オリジナル・カラオケ
6. 涙に抱かれて オリジナル・カラオケ
7. ホレました アルバム・バージョン/オリジナル・カラオケ
8. ふたり傘 オリジナル・カラオケ

2017年9月6日発売


石原詢子 「女の花舞台」

石原詢子 「みれん酒」

石原詢子 「ひとり日本海」

 

石原詢子 「ふたり川」

石原詢子 公式ホームブログ

http://junkomail.blog68.fc2.com/

石原詢子 公式ホームページ

http://www.junko-ishihara.com/

石原詢子 | ソニーミュージック オフィシャルサイト

http://www.sonymusic.co.jp/artist/JunkoIshihara/

石原詢子 プロフィール

<プロフィール>引用

●本名:石原悦子(いしはらえつこ)
●生年月日:1968年1月12日
●出身地:岐阜県揖斐(いび)郡池田町
●特技:詩吟【詩吟揖水流(いすいりゅう)師範代】
●趣味:絵画
●血液型:A型
●星座:山羊座

●自分の曲で好きな曲:1曲あげるならば・・・「桟橋」
●楽器を習うとしたら:ギター
●休日の過ごし方:ゴルフ、掃除、洗濯、映画・・・
●毎日、欠かさずやっていること:日記
 (食べた物を手帳に、3年以上続けています)
●得意な料理:コロッケ
●生まれ変わったら何になりたい:くじら
●初めて憶えた曲:岸壁の母
●好きな言葉:初心


石原詢子(いしはら・じゅんこ)さん

https://mainichi.jp/articles/20170904/ddm/013/070/004000cより引用

 父が詩吟揖水(いすい)流の家元で、4歳の時から詩吟を始めました。父は「勉強はできなくても詩吟を極めて日本一になってほしい」という人で、厳しく頑固でした。夏は朝4時半には起こされて、近所の神社へ連れて行かれ、そこで発声練習をするんです。小学生になっても登校前にお稽古(けいこ)、学校に行って戻ってきてもお稽古と、遊びたい盛りの自分には苦痛でした。それでも父には嫌だとは言えませんでした。

 そんな生活の中で、学校はオアシスでした。小学校の頃は通信簿に必ず「落ち着きがない」と書かれるほどおてんばでした。授業中にはノートを広げて絵を描き、注意されてもそのまま続けていました。自由奔放でしたね。先生いわく目が離せない子どもだったそうです。

 小学3年から6年まで4年間、担任をしてくれた樋口千鶴子先生のことはとても印象に残っています。高学年の時の「バレンタイン事件」は忘れられません。ある日、やんちゃな男の子に服か髪を引っ張られているところを、別の男の子が助けてくれました。その男の子にお礼がしたいと思い、家にあったお菓子を渡したんです。すると、その日がちょうどバレンタインデーだったんです。当時はバレンタインデーの意味なんて知りません。樋口先生に呼び出されて「好きだからあげたの?」と問いただされ、こっぴどく叱られました。色恋に走るには早すぎると思っていらしたんでしょうね。

 自分自身は地味で嫌だなと思っていた詩吟について、「これから先、あなたの宝物になるよ」と説いてくれたのも樋口先生でした。優しくされたというよりも叱られた記憶が多いんですが、先生は当たり前のことが分からなかった私に、当たり前のことを教えてくれました。先生や友だちがいる空間が私自身を作り上げてくれたと思います。

 高校卒業後に上京してからは、何度も学校の夢を見ました。いつも友だちとおしゃべりしている「輪」があるんです。喜びも悲しみも共有できる場所だったんです。小学校の時って1日がものすごく長いですよね。でも、足りない。遊び回ったり勉強したり、一分一秒を無駄にしないでほしいですね。


石原詢子のニューシングル「雪散華」は月刊カラオケファン 2017年10月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年10月号および月刊歌の手帖2017年10月号はすでに発売されていますが、amzonでも購入できます。

石原詢子の楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

石原詢子の楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「石原詢子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

スポンサーリンク