カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(10月3日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(10月3日更新分)

今日は、10月6日、今日の記念日です。

国際協力の日

外務省と国際協力事業団(JICA)が1987(昭和62)年に制定。
1954(昭和29)年のこの日、日本が、初めて援助国としての国際協力として、途上国への技術協力のための国際組織「コロンボ・プラン」に加盟した。

国際協力週間 10月2日~10月8日

(旧)国際ボランティア貯金の日

郵政省が制定。
「国際協力の日」に合わせてこの日を制定した。
国際ボランティア貯金を通じて国際貢献の重要性を認識し、国際ボランティア貯金の趣旨を理解する日。
国際ボランティア貯金は、通常郵便貯金の利子の20%が発展途上国の支援等の為に寄附される貯金で、1990(平成2)年から始った。郵政民営化に伴い2007(平成19)年に取扱いが中止された。

陸軍記念日 [エジプト]

1973年のこの日、エジプト陸軍が、イスラエルが防衛線に設定していたスエズ運河を渡ってイスラエル軍を奇襲し、第四次中東戦争が始った。

今週の1位~5位は

1 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
3 位は、 岡本敦郎 さんの「 高原列車は行く 」
4 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」

今週は、上位5曲は先週と同じ曲ですが、順位が2位と3位が入れ替わっています。

1位の藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」が6週連続1位です。

2位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」が先週3位からアップです。

今週の入れ替わり曲は

今週も、2曲が入れ替わっています。今週も珍しく、少ないですね。懐かしい曲が2曲です。

94 位の 都はるみ さんの「 北の宿から 」
100 位の 牧村三枝子 さんの「 みちづれ 」

都はるみ さんの「 北の宿から 」

1975年に発売されたこの曲。

作詞は、かの大作詞家、阿久悠さん。

そして作曲は「寺内貫太郎一家」のお父さん役で有名な小林亜星さん。

なんと140万枚を売り上げ、都はるみさんとしては3枚目のミリオンセラーとなりました。

1976年の紅白歌合戦では、紅組のトリを務め、この歌を歌唱しました。

同時に、レコード大賞と日本有線大賞の大賞をそれぞれ受賞しています。

レコード大賞と有線大賞の同時受賞は史上初の快挙だそうです。

今でもその旋律は多くの人に親しまれています。

https://otokake.com/matome/j4TiW3より引用

牧村三枝子 さんの「 みちづれ 」

牧村さんが15歳のとき、歌手になることを決意。上京し、釣り具店で働きながら歌手の道を目指します。

19歳の時に『少女は大人になりました』で歌手デビュー。しかしその後レコードを数枚出すものの全く売れなかった。一方で両親が暮らす美唄でも炭鉱が閉山してしまい、両親は完全に職を失い、そんな両親を放っておけず、牧村さんは、わずかな稼ぎから仕送りをし続けました。

渡哲也に『みちづれ』をいただく
レコードがなかなか売れない苦しい時期が8年程度続きました。

そんなある日、所属レコード会社の先輩歌手にあたる渡哲也さんのシングル曲『みちづれ』を偶然聞き、この曲を歌いたいと直談判したのです。

その結果、渡さんは快諾してくれたのです!!
さらに渡さんは牧村さんのために自分の『みちづれ』を廃盤にし、牧村三枝子さんのレコードが自分のレコードと間違いなく売れるように配慮してくれたそうです。
なんて素敵なエピソードなんでしょうか!渡さんの男気を感じますね。

https://middle-edge.jp/articles/svBNdより抜粋

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月26日更新分) 今日は、9月29日、今日の記念日です。 日中国交正常化の日 1972(昭和47)年のこの日、「日中共同声明」の調印式が北京で行われ、田中角栄、周恩来両首相が署名した。同日、中華民国(台湾)との断交を通告した。 ...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
3 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
4 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
5 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
6 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
7 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
8 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
9 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
10 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
11 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
12 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
13 千昌夫 星影のワルツ      
14 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
15 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
16 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
17 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
18 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
19 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
20 美空ひばり      
21 都はるみ 好きになった人      
22 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
23 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
24 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
25 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
26 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
27 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
28 美空ひばり お祭りマンボ      
29 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
30 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
31 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
32 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
33 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
34 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
35 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
36 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
37 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
38 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
39 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
40 高峰秀子 銀座カンカン娘 2007年09月号    
41 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
42 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
43 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
44 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号    
45 美空ひばり 港町十三番地      
46 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
47 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
48 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
49 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
50 霧島昇、ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号    
51 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
52 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
53 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
54 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
55 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
56 秋元順子 いちばん素敵な港町 2021年07月号 2021年07月号 2021年7月・8月号
57 三橋美智也 哀愁列車      
58 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
59 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
60 里見浩太朗・横内正 あゝ人生に涙あり      
61 三山ひろし 浮世傘 2021年09月号 2021年09月号  
62 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
63 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
64 都はるみ アンコ椿は恋の花 2002年05月号 2007年01月号  
65 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
66 三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ 島のブルース 2002年10月号    
67 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
68 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
69 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
70 島倉千代子 この世の花 2004年12月号 2014年02月号  
71 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
72 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
73 鶴田浩二 街のサンドイッチマン      
74 梅沢富美男 夢芝居      
75 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
76 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
77 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
78 東海林太郎 名月赤城山 2002年01月号    
79 こおり健太 乗換駅 2021年10月号 2021年11月号  
80 橋 幸夫・三沢あけみ 東京音頭      
81 フランク永井 有楽町で逢いましょう      
82 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
83 三橋美智也 古城 2008年03月号    
84 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
85 大津美子 ここに幸あり 2000年11月号    
86 福田こうへい 男の残雪 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
87 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
88 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号    
89 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
90 ディック・ミネ 旅姿三人男 2000年11月号 2008年10月号  
91 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
92 美空ひばり 悲しい酒 2000年12月号    
93 細川たかし 浪花節だよ人生は   2009年03月号  
94 都はるみ 北の宿から 2003年12月号 2021年09月号  
95 寺本圭佑 望郷本線 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
96 三波春夫 チャンチキおけさ 2001年07月号 2007年12月号  
97 森昌子 せんせい   2011年10月号  
98 西田佐知子 アカシアの雨がやむとき   2008年07月号  
99 フランク永井 君恋し 2001年03月号 2004年05月号  
100 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号