演歌以外:「日本人が代々教わってきたこと」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「日本人が代々教わってきたこと」というお話しです。

今日は、11月2日、今日はどんな記念日でしょうか。

阪神タイガース記念日

タイガース後援会等が制定。
1985年のこの日、日本シリーズで阪神タイガースが西武ライオンズを破り、38年ぶり、2リーグ化後初の日本一になった。

キッチン・バスの日(家庭文化の日)

キッチン・バス工業会が制定。
11月3日の「文化の日」の前日に家庭文化のあり方を考える日にと制定した。また、Kitchen-BathのK・Bがアルファベットの11番目・2番目でもあることにも由来する。

タイツの日

株式会社エムアンドエムソックスが2009年に制定。
タイツの製造は、片足ずつ編んだ物を1つに縫製しており、その様子が「11」に見えることと、2つでペアであることから。

習字の日

日本習字教育財団が2013年に制定。
「いい(11)もじ(2)」の語呂合せ。

死者の日(万霊節)

キリスト教で、全ての死者のために祈りを捧げる日。

万聖節 11月1日

白秋忌

詩人・北原白秋の1942(昭和17)年の忌日。

日本人が代々教わってきたこと

日本の父母は、三つのことを教えていました。

・お天道様が見ている。

・ご先祖様に恥ずかしいことをするな。

・故郷に錦を飾りなさい。

お天道様も、ご先祖様、故郷も、もちろん見ているはずもない。

難しい言葉で言えば、形而上的存在である。

誰が見ていなくとも、正しく行動する。

その大切さを父母は子供たちに伝えた。

そして正しく信頼を積む行動をしていれば、お天道様、先祖、そして故郷が応援してくれる、との意味もあったに違いない。

日本人は、日頃の振る舞いが天気すら左右すると考えた。

いや今でも、心の奥底にそんな思いを抱いているのではないだろうか?

「みなさんの日頃の行いが良いのでしょう。お天気になりましたね!」

小学校の遠足の時、そんな言葉をバスガイドから言われた記憶がある。

「お前の日頃の行いが悪いから、せっかくのゴルフなのに雨だぜ」気象と日頃の行いの間には、何の因果関係も科学的にはないことが分かっているにもかかわらず、そんな軽口を叩くこともあるだろう。

しかし、私たちは、日常の立居振る舞いが小さな幸運をもたらすと、どこかで確信めいた何かを持っているのではないだろうか。

【「騙されるな」と教えた外国人、「騙すな」と教えた日本人】

先祖代々続いてきた家名に傷をつけ、集落の人々の信用を失うことは、最も恐ろしい事と教えられてきたのです。

信用は、一刻の利よりも大切だと。

誰も見ていない時、独りでいるときの振る舞いこそ、そのひとの品性を表します。

監視されていないと出来ない?

褒めてくれる人がいないと出来ない?

独りだとサボる?

それでは幼児性からの脱却がなされていない子供と一緒です。

知り合いの社長の家に、乞食の方が「お金か食べるものをください」と来たそうです。

その社長は、「わかりました。では庭の草むしりをしてくれたら差し上げます」と言ったそうです。

しばらくして庭をのぞいてみると、その乞食の方は庭でボーっと座っていただけで、ほとんど草はとられていなかったのだとか。

飲み物だけ差し上げて帰ってもらったそうです。

仕事でも勉強でもスポーツの世界でも、楽をする多くの人が勘違いをしているのが、「ずる賢く立ち回ったとしても、最終的な結果はつじつまが合うようにできている」ということを知らないのです。

コツコツ頑張っている人を見て、誰が放っておけるでしょう。

泣きながらでも歯を食いしばって挑んでいる人を、見過ごすことができますでしょうか?

そう、みんな見ていないようで見ています。

神さまもお天道様もご先祖さまも見ています。

誰よりも何よりも、自分自身がそんな誇らしい自分を一番見ています。

だから、そういう人に、不思議な力が宿るのです。

天に愛される人になっていきたいですね。

スポンサーリンク