演歌以外:「なぜ勉強しなくてはいけないのか?」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「なぜ勉強しなくてはいけないのか?」というお話しです。

今日は、11月23日、今日はどんな記念日でしょうか。

勤労感謝の日(Labor Thanksgiving Day)

“勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう”国民の祝日。
1948(昭和23)年公布・施行の「祝日法」で制定。
戦前の「新嘗祭」の日をそのまま「勤労感謝の日」に改めた。

手袋の日

日本手袋工業組合が1981(昭和56)年に制定。
これから手袋が必要になる季節に向けて、祝日の勤労感謝の日を記念日にした。

外食の日

日本フードサービス協会(ジェフ)が1984(昭和59)年に制定。
いつも家事で忙しい母親の労をねぎらおうと、「勤労感謝の日」を記念日とした。

ゲームの日

全日本アミューズメント施設営業者協会連合会・日本アミューズメントマシン工業協会・日本SC遊園協会が制定。
仕事や勉強の尊さをはっきり自覚しながら、ゆとりある遊びとしてのゲームを楽しみ、ゲームと生活との調和が感じられる日であるとして、勤労感謝の日を記念日とした。

ハートケアの日

ハートケア情報委員会が制定。
「勤労感謝の日」に因み、勤労の基本となる身体の核である心臓に関心を持ってもらおうと制定された。

珍味の日

全国珍味商工業協同組合連合会が制定。
この日に皇居や伊勢神宮などで行われる新嘗祭で山海の珍味が供えられることと、「い(1)い(1)つ(2)まみ(3)」の語呂合せ。

牡蠣の日

全国漁業協同組合連合会(全漁連)が2003(平成15)年6月に制定。
「勤労感謝の日」に栄養豊富な牡蠣を食べて勤労の疲れをいやしてもらおうと、この日を記念日とした。

小ねぎ記念日

福岡・大分・佐賀・高知・宮城各県のJA全農県本部で作る「小ねぎ主産県協議会」が制定。
勤労感謝の日が「ねぎらいの日」に通じることから「ねぎらい」を「葱来」と読む語呂合せ。

国産小ねぎ消費拡大の日 毎月23日

お赤飯の日

お赤飯の日制定委員会(現 赤飯文化啓発協会)が2010年に制定。
新嘗祭の日を記念日とした。

Jリーグの日

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)が1993年に制定。
1992年のこの日、Jリーグ初の公式戦・ナビスコカップ決勝が東京の国立競技場で行われた。

いいふみの日

郵政省(現在の日本郵政)が制定。
「い(1)い(1)ふ(2)み(3)」の語呂合せ。

ふみの日 毎月23日

いい兄さんの日

「い(1)い(1)にい(2)さん(3)」の語呂合せ。
弟の日 3月6日
兄の日 6月6日
妹の日 9月6日
姉の日 12月6日

いい夫妻の日

「い(1)い(1)ふ(2)さい(3)」の語呂合せ。

よい夫婦の日 4月22日
いい夫婦の日 11月22日
夫婦の日 2月2日
夫婦の日 毎月22日

いいファミリーの日

全国家族新聞交流会が制定。
「い(1)い(1)ファ(2)ミ(3)リー」の語呂合せ。

ファミリーの日 5月4日

分散投資の日

岡藤ホールディングスが制定。
「い(1)い(1)ぶん(2)さん(3)」の語呂合せ。

あんこうの日

山口県下関市の下関漁港沖合底びき網漁業ブランド化協議会が2010年に制定。
11月23日に下関漁港で下関さかな祭が開かれ、下関漁港は鮟鱇の水揚げが日本一であることから。また、鮟鱇の可食部分7箇所を「七つ道具」といい、1+1+2+3が7になることから。

新嘗祭

天皇が新穀を天神地祇に勧め、また、親しくこれを食する祭儀。現在は天皇の私的祭祀として行われるほか、伊勢神宮などでも行われ、伊勢神宮には天皇の勅使が遣わされる。
明治5年までは旧暦11月の2回目の卯の日に行われていた。
明治6年から太陽暦が導入されたが、そのままでは新嘗祭が翌年1月になることもあって都合が悪いということで、新暦11月の2回目の卯の日に行うこととし、明治6年ではそれが11月23日だった。翌明治7年には前年と同じ11月23日に行われ、以降11月23日に固定して行われるようになった。1947(昭和22)年までは祭日として休日となっていた。

一葉忌

小説家・樋口一葉の1896(明治29)年の忌日。

なぜ勉強しなくてはいけないのか?

「なぜ勉強しなくてはいけないのか?」という問いに、あなただったらどう答えますか?

この問いに対し、「0歳から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書(落合陽一著)」よりご紹介させていただきます。

僕は、勉強をする理由は、新しいことを考えたり、新しいことを身につける方法を学ぶためだと思っています。

特定の勉強の内容そのものよりも、勉強し続けることを止めないことのほうが重要という価値観を持っているのです。

「学校の勉強なんて社会に出たらまるで役に立たない」とよく言われますが、その考え方の大きな間違いは、教育にある「コンテンツ」と「トレーニング」という2つの要素のうち、後者のもつ意味を正しく認識できていないことです。

学校で学ぶ数式や漢字(コンテンツ)も大事ですが、それ以上に学習する訓練(トレーニング)を怠っていたら、社会に出た時に新しいことを学習する方法がわからずに、自分の経験を使えない人となってしまうのです。

何才になっても新しいことを身につけられるスキルはどうやって培われるのかというと、若い時にいかにたくさん新しいことを習得しようとしたか、それを実際の現場で使おうとしたか、つまりたくさん勉強し実践したかどうかだと思うのです。

実際、たくさん勉強をした経験のある人のほうが、新しい物事を習得するのが得意ですし、覚えるまでの期間も短い傾向にあると思います。

それは自分なりの学び方とアウトプットの方法を知っているからでしょう。

新しいことを学ぶ必要がある時に、「どう学ぶのが自分にとって効率的か」を知っていると非常に有利になります。

そのためどうやってその状態に自分を持っていけるかを考えながら、常に勉強し続けることが大事になってくるのです。

(「0歳から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書」落合陽一 著 / 小学館より)

 


学生時代の勉強は、もしかしたら「仕事」や「稼ぐこと」に直結しないかもしれません。

しかし、「勉強する」ということは、「仕事」や「稼ぐこと」にとって、非常に重要なポイントとなります。

なので、学生時代に「勉強する」ということをしていた人たちは、社会に出ても抵抗なく仕事や関連することについて勉強することができます。

逆に、勉強を怠けていた人は、社会に出ても怠けるクセが抜けないのです。

大人になったらしっかりやる?お金を貰ったらしっかりやる?モテるためだったらしっかりやる?

いいえ、学生も大人も同じです。

自分で意識を変えなき限り、勉強するクセというのは付きません。

よほどのことがない限り、なかなか人は変われません。

だから、子どもの頃から勉強するということを習慣にしてしまった方が良いと思います。

それこそ、人生100年時代と言われています。

30代、40代なんてまだまだ学び足りない時期でしょう。

70代、80代でも学び続け、成長していく姿を後世に繋いでいきたいものですね。

最後に、ヘンリー・フォードの名言をご紹介します。

「二十歳であろうが八十歳であろうが、学ぶことををやめた者は老人である。

学び続ける者はいつまでも若い。

人生で一番大切なことは、若い精神を持ち続けることだ」

by ヘンリー・フォード(アメリカの実業家、フォードモーター創始者)

さて、今日は何を勉強しましょうか?

スポンサーリンク