JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2021/12/01更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2021/12/01更新

今日は、12月2日、今日はどんな日でしょうか。

奴隷制度廃止国際デー(International Day for the Abolition of Slavery)

国際デーの一つ。
1949年のこの日、国連総会で「人身売買および他人の売春からの搾取の禁止に関する条約」が採択された。

日本アルゼンチン修好記念日

1898年のこの日、日本とアルゼンチンとの間に修好通商航海条約が結ばれた。

日本人宇宙飛行記念日

1990年のこの日、TBSの秋山豊寛記者(当時)を載せたソ連のソユーズTM11号が打ち上げられ、日本人初の宇宙飛行に成功した。

世界宇宙飛行の日 4月12日
月面着陸の日 7月20日
宇宙の日 9月12日
宇宙月間 9月1日~毎月30日
宇宙開発記念日 10月4日
世界宇宙週間 10月4日~10月10日

原子炉の日

1942年のこの日、アメリカのシカゴ大学に設置された実験用小型原子炉でウランの核分裂の持続的な連鎖反応に成功した。指導に当ったのはイタリアから亡命した物理学者フェルミで、原爆開発のマンハッタン計画にも参加した。

建国記念日 [ラオス]

1975年のこの日、ラオスで王制が廃止され、ラオス人民民主共和国が成立した。

連邦結成記念日 [アラブ首長国連邦]

1971年のこの日、イギリスの保護下にあった6つの首長国が独立し、連邦を結成した。
翌年もう1つの首長国が加入し、現在の7首長国の体制となった。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
4 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
5 位は、 テレサ・テン さんの「 つぐない 」

今週は、先週と全く同じ曲と順位でした。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は珍しく懐かしい曲の1曲が入れ替わっただけでした。

94 位の 吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」

吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」

「俺ら東京さ行ぐだ」(おらとうきょうさいぐだ)は、歌手・吉幾三が1984年(昭和59年)11月25日に発表した楽曲である。

作詞・作曲とも吉幾三が手掛けた。主人公が生まれ育った「無い物尽くし」の田舎が嫌になり、東京へ出ようとする歌詞である。同じ1984年発売で佐野元春の「COMPLICATION SHAKEDOWN」や、アルバム『VISITORS』とともに日本語ラップの元祖と言われる。

賛否両論の大反響
吉幾三本人が後日語ったところによると、歌詞の「テレビもラジオも電話もガスも電気も無い」など自虐的な部分が、発売当初は出身地である青森県北津軽郡金木町(現:五所川原市)から「うちはそんなに田舎じゃない」と猛抗議を受けたという。また、日本中の小さな農村から「ふざけるな!!」「私たちの村を馬鹿にしてるのか!?」と凄い数のクレームが押し寄せてきたとも語っている。しかし、彼自身の幼少期である1960年?1970年代においては、本当に歌詞の内容と近いものだったという。

Wikipediaより引用

 「当時からテレビもあったし、ラジオもあった。カラーテレビも既に出ていたが、ちなみにウチは白黒テレビ」

(ただし吉さんの家は、吉さんいわく「町一番の貧乏家庭」だったそうで、本当にテレビもラジオもなかったとか。つまり金木町というより、吉さん宅の事情だったよう)

吉幾三さんと同じように金木町民は、みんな東京にあこがれていたと思います。悪いですが仙台などには目もくれず、東京に目が向いていましたね。出稼ぎ場所ももっぱら東京でしたから。それと同時に……東京賛歌のような歌詞のウラにある、「金木町への愛情」も強く感じました。それは分かりましたよ。

「何にもない田舎がやっぱり大好きなんだ」

 吉さんは語っています。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/20/news009.htmlより引用

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2021/11/24更新 今日は、11月25日、今日はどんな日でしょうか。 女性に対する暴力廃絶のための国際デー(International Day for the Elimination of Violence against Women) ...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(202/12/01更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
4 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
5 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
6 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
9 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
10 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
11 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
12 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
13 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
14 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
15 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
16 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号    
17 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
18 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
19 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
20 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
21 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
22 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
23 角川博 四条河原町 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
24 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
25 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
26 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
27 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
28 梅沢富美男 夢芝居      
29 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
30 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
31 森山愛子 ひとり風の盆 2021年12月号 2021年12月号  
32 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
33 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
34 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
35 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
36 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
37 川野夏美 想い千すじ 2021年11月号 2021年11月号  
38 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
39 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
40 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
41 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
42 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
43 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
44 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
45 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
46 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
47 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
48 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
49 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
50 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
51 都はるみ 好きになった人      
52 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
53 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
54 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
55 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
56 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
57 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
58 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
59 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
60 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
61 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
62 石原裕次郎 ブランデーグラス      
63 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
64 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
65 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
66 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
67 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
68 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
69 中村美律子 命の花道 2021年10月号 2021年10月号 2021年11月・12月号
70 こおり健太 乗換駅 2021年10月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
71 八代亜紀 居酒屋「昭和」 2021年02月号 2021年02月号 2021年3月・4月号
72 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
73 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号    
74 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
75 千昌夫 星影のワルツ      
76 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
77 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
78 都はるみ 北の宿から 2003年12月号 2021年09月号  
79 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
80 美空ひばり 港町十三番地      
81 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
82 山内惠介 古傷 2021年04月号 2021年04月号 2021年5月・6月号
83 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
84 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
85 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり      
86 三橋美智也 古城 2008年03月号    
87 長山洋子 下町銀座 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
88 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
89 三山ひろし 浮世傘 2021年09月号 2021年09月号 2021年11月・12月号
90 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
91 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
92 秋元順子 いちばん素敵な港町 2021年07月号 2021年07月号 2021年7月・8月号
93 美川憲一 さそり座の女   2016年08月号  
94 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ      
95 千昌夫 夕焼け雲      
96 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
97 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
98 服部浩子 陽炎坂 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
99 田川寿美 雨あがり 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
100 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号