演歌以外:「靴磨きの源さん」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「靴磨きの源さん」というお話しです。

今日は、1月18日、今日はどんな記念日でしょうか。

都バスの日

東京都交通局が制定。

1924(大正13)年のこの日、東京市営乗合バスが東京駅への2系統で営業を開始した。

118番の日

海上保安庁が2011(平成23)年から実施。
海上保安庁への緊急通報用電話「118番」を広く知ってもらうための活動が行われる。

110番の日1月10日
119番の日11月9日

振袖火事の日

1657(明暦3)年のこの日、江戸城天守閣と市街のほとんどを焼失し、死者が10万人にもおよんだ明暦の大火が起きた。

この大火は「振袖火事」とも呼ばれる。これは次のような話による。

上野の神商大増屋十右衛門の娘おきくは、花見の時に美しい寺小姓を見初め、小姓が着ていた着物の色模様に似せた振袖をこしらえてもらい、毎日寺小姓を想い続けた。そして、恋の病に臥せったまま明暦元年1月16日、16歳で亡くなってしまった。

寺では法事が済むと、しきたり通り振袖を古着屋へ売り払った。その振袖は本郷元町の麹屋吉兵衛の娘お花の手に渡ったが、それ以来お花は病気になり、明暦2年の同じ日に死亡した。振袖は再び古着屋の手を経て、麻布の質屋伊勢屋五兵衛の娘おたつのもとに渡ったが、おたつも同じように、明暦3年の1月16日に亡くなった。

おたつの葬儀に、十右衛門夫婦と吉兵衛夫婦もたまたま来ており、三家は相談して、因縁の振り袖を本妙寺で供養してもらうことにした。しかし、和尚が読経しながら振袖を火の中に投げ込んだ瞬間、突如吹いたつむじ風によって振袖が舞い上がって本堂に飛び込み、それが燃え広がって江戸中が大火となった。

靴磨きの源さん

「働き方」のお話です。

靴磨きという超マイナーの分野でさえも、創造力をフル活用した超ド級の名人がいます。

「靴磨きの源さん」こと井上源太郎さんです。

キャピトル東急ホテルの地下に40年以上店を構え、現在はホテルオークラにお店を構えている井上さんは、靴磨きという仕事において職人気質を極めた人です。

靴のオリジナルの状態を知るために、何十万円もする靴を自分ですべて買って革質などを研究しました。

さらには市販の靴墨の成分を分析依頼して研究し、自分のオリジナルの靴墨まで調合。

季節や天気に合わせて最適なクリームまで使い分け、他の人にはできないピカピカの状態に磨き上げます。

現在は憧れの超高級靴「ベルルッティ」のカラリストとしての立場にまでなっていて、外国人客も多いため、英語とフランス語も堪能になりました。

マイケル・ジャクソン、ソフィア・ローレンのような海外芸能人から小泉純一郎元首相がSPたちを伴ってお店に訪れたように、熱烈なファンを国内外に持っていますし、仕事を離れた交友関係も広いです。

まさしく達人といえるでしょう。

同じことをやっていても、その人の目的意識やビジョンによって結果は異なってきます。


イソップ寓話にある「3人のレンガ職人

世界中をまわっている旅人が、ある町外れの一本道を歩いていると、一人の男が道の脇で難しい顔をしてレンガを積んでいた。旅人はその男のそばに立ち止まって、

「ここでいったい何をしているのですか?」

と尋ねた。

「何って、見ればわかるだろう。レンガ積みに決まっているだろ。朝から晩まで、俺はここでレンガを積まなきゃいけないのさ。あんた達にはわからないだろうけど、暑い日も寒い日も、風の強い日も、日がな一日レンガ積みさ。腰は痛くなるし、手はこのとおり」

男は自らのひび割れた汚れた両手を差し出して見せた。

「なんで、こんなことばかりしなければならないのか、まったくついてないね。もっと気楽にやっている奴らがいっぱいいるというのに・・・」

旅人は、その男に慰めの言葉を残して、歩き続けた。

もう少し歩くと、一生懸命レンガを積んでいる別の男に出会った。先ほどの男のように、辛そうには見えなかった。旅人は尋ねた。

「ここでいったい何をしているのですか?」

「俺はね、ここで大きな壁を作っているんだよ。これが俺の仕事でね。」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「なんてことはないよ。この仕事のおかげで俺は家族を養っていけるんだ。ここでは、家族を養っていく仕事を見つけるのが大変なんだ。俺なんて、ここでこうやって仕事があるから家族全員が食べいくことに困らない。大変だなんていっていたら、バチがあたるよ」

旅人は、男に励ましの言葉を残して、歩き続けた。

また、もう少し歩くと、別の男が活き活きと楽しそうにレンガを積んでいるのに出くわした。

「ここでいったい何をしているのですか?」

旅人は興味深く尋ねた。

「ああ、俺達のことかい?俺たちは、歴史に残る偉大な大聖堂を造っているんだ!」

「大変ですね」

旅人はいたわりの言葉をかけた。

「とんでもない。ここで多くの人が祝福を受け、悲しみを払うんだぜ!素晴らしいだろう!」

旅人は、その男にお礼の言葉を残して、また元気いっぱいに歩き続けた。


まさに、目的意識やビジョンに違いがあるのを分かりやすく教えてくれるお話です。

そして、大事なのが「結果」の違いだけではなく、そこへ向かう「プロセス」の楽しさややりがい等も違ってきますね。

どうやるにしても、同じ時間が流れるなら、よい心持で仕事していきたいですね。

スポンサーリンク