カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(1月30日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(1月30日更新分)

今日は、2月2日、今日の記念日です。

世界湿地デー(World Wetlands Day)

1997年に制定。
1971年のこの日、湿地の保存に関する「ラムサール条約」が調印された。

情報セキュリティの日

2006年10月、政府の情報セキュリティ政策会議において制定。
2006(平成18)年のこの日、情報セキュリティ政策会議で「第1次情報セキュリティ基本計画」が定められた。

国際航空業務再開の日

1954年のこの日、戦後GHQにより禁止されていた国際航空業務が再開された。
1番機は日本航空の東京発ホノルル経由サンフランシスコ行で、38席のうち14人が招待客で、一般の乗客は5人だけだった。

交番設置記念日

1881年のこの日、1つの警察署の管内に7つの交番を設置することが定められた。
町の中に交番の建物を置き、そこを中心に制服の警察官が活動するという交番の制度は、1874年に東京警視庁が設置した「交番所」が世界初のものだった。当初は、建物はなく、街中の交差点等に警察署から警察官が出向いていたが、1881年より常設の建物を建てて警官が常駐する現在のような制度になった。

1888年10月に全国で「派出所」「駐在所」という名称に統一されたが、「交番」という呼び名が定着し、国際的にも通用する言葉になっているということから、1994年11月1日に「交番」を正式名称とすることになった。

交番の日 毎月27日
ふれ愛交番の日 毎月21日

バスガールの日

1920年のこの日、東京市街自動車の乗合バスに日本初の女性車掌(バスガール)がお目見えした。
初任給35円という、当時としては高給の待遇が話題になった。

おんぶの日

従来の物よりも楽に子供をおんぶできる「おんぶ紐」を製作した横浜市在住の母親が制定。
2つの2がおんぶする親と子供を表すとともに、「親も子もニコニコ笑顔で」との思いも込められている。

おじいさんの日

伊藤忠食品が制定。

「じい(2)じ(2)」の語呂合せ。あわせて8月8日を「おばあさんの日」としている。

おばあさんの日 8月8日

麩の日

協同組合全国製麩工業会が制定。
「ふ(2)」の語呂合せ。
毎月2日を「麩の日」としてPRしている業者もある。

夫婦の日

ふう(2)ふ(2)の語呂合せ。

よい夫婦の日 4月22日
いい夫婦の日 11月22日
いい夫妻の日 11月23日
夫婦の日 毎月22日

頭痛の日

「ず(2)つう(2)」の語呂合せ。

頭痛薬「タイレノール」を販売しているジョンソン・エンド・ジョンソンが2001年に制定。これとは別に慢性頭痛に悩む人たちで結成した「頭痛撲滅委員会」も制定していたが、どちらも現在は実施されていない。

ツインテールの日

日本ツインテール協会が2012年に制定。

二日灸,如月灸

この日に灸をすえると効果が高いと信じられている。
もとは旧暦2月2日の行事だった。

グラウンドホッグデー(Groundhog Day) [アメリカ・カナダ]

栗鼠の一種・グラウンドホッグは2月2日に冬眠から覚めるが、そこで自分の影を見ると驚いて巣穴に戻る、とされており、そこから春の到来時期を占う。

キャンドルマス(聖燭節,聖母マリアの清めの日)

教会でミサの始めに蝋燭を持った行列を行うため、「キャンドルマス」と呼ばれている。この日でクリスマスシーズンが終わり、クリスマスツリー等を燃やす。

今週の1位~5位は

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」
4 位は、 千昌夫 さんの「 北国の春 」
5 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」

1位は、石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」が17週連続1位です。

2位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」も17週連続です。

今週は、上位3曲は先週と同じ曲で同じ順位でしたが、4位に千昌夫 さんの「 北国の春 」と藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」がランクアップしています。

今週の入れ替わり曲は

今週は3曲が入れ替わっています。72 位の キム・ヨンジャ さんの「 酔いあかり 」が新曲ですね。

72 位の キム・ヨンジャ さんの「 酔いあかり 」
92 位の 二葉百合子 さんの「 岸壁の母 」
96 位の 美空ひばり さんの「 港町十三番地 」

キム・ヨンジャ さんの「 酔いあかり 」

演歌タイプの「酔いあかり」は、波止場町の酒場を舞台に幸せをつかもうとしている女性たちの人生模様を描いた楽曲です。その大衆的で身近なモチーフをマイナータイプの馴染みやすいメロディーに乗せて歌います。
「ありがとう」は、ヒット曲「コマプソ(チョ・ハンジョ)に日本語詩を付けてカバーしました。原曲では年配の男性が寄り添ってくれた妻に感謝を伝える内容となっておりますが、日本語詩では女性を主人公にしたキム・ヨンジャらしい作品です。

 

収録曲

1.酔いあかり
作詩:菅麻貴子/作曲:水森英夫/編曲:伊戸のりお
2.ありがとう(原題:コマプソ)
作詩:Kyung Bum Kim & Woo Kyung Kang
日本語詩/もりちよこ/作曲:Kyung Bum Kim & Ji Hwan Kim/編曲:京田誠一
3.酔いあかり (オリジナルカラオケ)
4.ありがとう (オリジナルカラオケ)
5.酔いあかり (一般用カラオケ)
6.ありがとう (一般用カラオケ)

2022年1月12日発売

 

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(1月23日更新分) 今日は、1月23日、今日の記念日です。 文化財防火デー 1949年のこの日、日本最古の壁画が描かれた奈良の法隆寺金堂が火災により焼損した。 これをきっかけに、文化財を火災や震災から守るとともに、文化財愛護思想の...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
4 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
5 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
6 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
7 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
8 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
9 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
10 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
11 森山愛子 ひとり風の盆 2021年12月号 2021年12月号 2022年1月・2月号
12 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
13 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
14 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
15 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
16 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
17 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
18 川野夏美 想い千すじ 2021年11月号 2021年11月号 2022年1月・2月号
19 千昌夫 星影のワルツ      
20 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
21 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
22 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
23 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
24 天童よしみ あなたに咲いた花だから 2022年02月号 2022年02号  
25 角川博 四条河原町 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
26 田中あいみ 孤独の歌姫(シンガー) 2021年12月号 2021年12月号 2022年1月・2月号
27 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
28 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
29 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
30 夏木綾子 海峡の雪 2022年02月号 2022年02号  
31 都はるみ 好きになった人      
32 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
33 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
34 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
35 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
36 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
37 福田こうへい 一番マグロの謳 2022年03月号 2022年02号  
38 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
39 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
40 美空ひばり      
41 梅沢富美男 夢芝居      
42 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
43 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
44 岡ゆう子 九州慕情 2021年12月号 2021年12月号 2022年1月・2月号
45 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
46 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
47 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号  
48 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号    
49 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
50 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
51 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
52 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
53 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
54 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
55 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
56 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
57 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
58 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
59 岩本公水 なさけ舟唄 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
60 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
61 島津亜矢 夏つばき 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
62 長山洋子 下町銀座 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
63 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
64 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
65 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
66 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
67 寺本圭佑 望郷本線 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
68 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
69 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
70 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
71 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
72 キム・ヨンジャ 酔いあかり 2022年02月号 2022年02号  
73 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
74 美空ひばり お祭りマンボ      
75 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
76 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
77 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
78 中村美律子 命の花道 2021年10月号 2021年10月号 2021年11月・12月号
79 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
80 都はるみ 北の宿から 2003年12月号 2021年09月号  
81 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
82 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
83 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
84 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
85 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
86 松尾和子・和田弘とマヒナスターズ お座敷小唄      
87 三橋美智也 古城 2008年03月号    
88 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ   2007年07月号  
89 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
90 フランク永井 おまえに      
91 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
92 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
93 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
94 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
95 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
96 美空ひばり 港町十三番地      
97 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
98 三橋美智也 哀愁列車      
99 梓みちよ 二人でお酒を   2012年09月号  
100 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号