JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/5/4更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/5/4更新

今日は、5月5日、今日はどんな日でしょうか。

こどもの日(Children’s Day)

“こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する”国民の祝日。

1948(昭和23)年7月公布・施行の祝日法によって制定された。

端午の節句,菖蒲の節句

邪気を払う為、菖蒲や蓬を軒に挿し、粽や柏餅を食べる。
「端」は物のはし、つまり「始り」という意味で、「午」は「五」に通じることから、元々「端午」は月の始めのの五の日のことだった。その中でも数字が重なる5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになった。
日本ではこの日、男性は戸外に出払い、女性だけが家の中に閉じ蘢って田植えの前に身を清める神聖な儀式の日だった。
しかし、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることから、鎌倉時代ごろから男の子の節句とされ、甲胄・武者人形等を飾り、庭前に鯉のぼりを立てて男の子の成長を祝うようになった。

児童憲章制定記念日

1951(昭和26)年のこの日、子供の権利に関する宣言「児童憲章」が制定された。

おもちゃの日

日本玩具協会・東京玩具人形問屋協同組合が1949(昭和24)年に制定。

端午の節句に因み、おもちゃや人形のPRの為に設けられた。

おもちゃ週間 4月29日~5月5日

わかめの日

日本わかめ協会が1983(昭和58)年に制定。
「こどもの日」に因み、子供の成長、発育に欠かせないミネラル、カルシウム等を含んだわかめをたくさん食べてもらおうと設けられた。また、この頃は新わかめの収穫時期でもある。

こんぶの日 11月15日

こどもに本を贈る日

書籍取次のトーハンが制定。全国の書店でキャンペーンが行われる。

国際助産師の日

1990年に日本で開催された国際助産師連盟の国際評議会で制定され、1992年から実施。

手話記念日

日本デフ協会が2003年3月20日に制定。
手話が左右の五本指を使うことから。

自転車の日

自転車月間推進協議会が1998(平成10)年に制定。
自転車月間の中の祝日を自転車の日とした。

自転車月間 5月1日~5月31日
サイクリングの日 5月22日

薬の日

全国医薬品小売商業組合連合会が1987(昭和62)年に制定。
611(推古天皇19)年のこの日、推古天皇が大和の兎田野で薬草を採取する薬狩りを催し、これから毎年この日を「薬日」と定めたという故事に因む。

くらしと薬の月間 5月1日~5月31日

フットサルの日

フットサルに関する事業を行う株式会社エフネットスポーツが制定。
フットサルが5人対5人で行うスポーツであることから。

レゴの日

ブロック玩具「レゴ」を販売するレゴジャパン株式会社が制定。
「05」を「レゴ」と読む語呂合せと、「こどもの日」であることから。

ヨーロッパ・デー

欧州評議会が制定。
1949年のこの日、欧州評議会が設立された。
この日とは別に、5月9日が欧州連合が定めたヨーロッパデーとなっている。

ヨーロッパデー 5月9日

解放記念日 [オランダ・デンマーク]

1945年のこの日、第二次大戦下でナチス・ドイツに占領されていたオランダ・デンマークが解放された。

愛国者勝利の日 [エチオピア]

1941年のこの日、イタリアの植民地となっていたエチオピアで、エチオピア皇帝ハイレ・セラシエ1世が首都に再入城した。
この年の11月にエチオピア内の全イタリア軍が降伏した。

シンコ・デ・マヨ [メキシコ]

1862年のこの日、プエブラの会戦でメキシコ軍がフランス軍を奇跡的に撃退した。

インド人到達の日 [ガイアナ]

1838年のこの日、奴隷制度廃止後の農園労働者としてインド人移民が初めてガイアナに来た。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
4 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」

今週も、先週と全く同じ順位と曲でした。5週連続同じですね。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、4曲が入れ替わりました。今週は懐かしい曲が4曲ですね。

87 位の 吉幾三 さんの「 俺ら東京さ行ぐだ 」
95 位の 森昌子 さんの「 越冬つばめ 」
97 位の 前川清 さんの「 男と女の破片 」
100 位の 桂銀淑 さんの「 すずめの涙 」

桂銀淑 さんの「 すずめの涙 」

日本の大晦日の風物詩といえるNHK紅白歌合戦。その紅白歌合戦に7回も出場した韓国人歌手をご存じだろうか。

その名は桂銀淑。若い世代は知らなくとも、50代のミドル世代や中高年は、あの独特のハスキーボイスで彼女が歌った演歌を覚えているはずだ。

『すずめの涙』に『夢おんな』『酔いどれて』『真夜中のシャワー』などヒット曲は多数。1980年代後半から90年代にかけて多数のヒット曲を連発し、紅白歌合戦だけではなく、レコード大賞など各種音楽賞の常連でもあった。

日本で韓流ブームが起きるずっと前に、日本でその名を轟かせた韓国人の“演歌の女王”。まさに韓流ゼロ世代のひとりだった。一説にはあの元総理大臣の小泉純一郎氏も桂銀淑の大ファンだったという。

しかし、ここ数年はすっかりその姿を見なくなった。

始まりは2001年。当時所属していた日本の芸能事務所との借金トラブルが発覚。テレビやラジオに登場しなくなり、その後は離婚や借金裁判などスキャンダルが続いた。

2007年11月には覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕。懲役1年6カ月・執行猶予3年を言い渡され、日本当局からビザの延長ができないという通知も受けて、2008年8月に韓国に帰国してしまったのだ。

韓国に戻った桂銀淑はしばらくの間、ブランク期間を設けたが、2014年1月から歌手活動を再開。3月には韓国で32年ぶりとなる新曲も発表したが、2014年8月に詐欺罪で在宅起訴されてしまう。

2015年6月には覚せい剤使用で逮捕。11月には詐欺容疑と覚せい剤使用で懲役1年6カ月、罰金80万ウォン(約8万円)の実刑判決を受けて、刑務所生活を送った。

こうしたことから、桂銀淑は現在も韓国の地上波に出演できずにいるが、歌手活動は続けており、小規模ながらステージにも立っていると伝えられている。

https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=10591より引用

桂銀淑 さんの「 すずめの涙 」は、歌の手帖2022年3月号、に楽譜があります。

<<巻末特集>>

編曲家・若草恵
歌心のオーケストレーション~アレンジ美学の中にあります。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/4/20更新 今日は、4月21日、今日はどんな日でしょうか。 民放の日 日本民間放送連盟(民放連)が1968年に「放送広告の日」として制定。1993年に「民放の日」に改称した。 1951年のこの日、日本で初めて民放16社に放送の予...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2022/5/4更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
5 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
6 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
9 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
10 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
11 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2022年05月号  
12 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
13 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
14 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
15 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
16 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
17 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
18 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
19 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
20 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
21 三山ひろし 花恋歌~はなれんか~ 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
22 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
23 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
24 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
25 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
26 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
27 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
28 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
29 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
30 梅沢富美男 夢芝居      
31 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
32 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
33 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
34 都はるみ 好きになった人      
35 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
36 香西かおり 恋街しぐれ 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
37 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
38 市川由紀乃 都わすれ 2022年04月号 2022年04月号 2022年3月・4月号
39 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
40 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
41 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
42 椎名佐千子 面影みなと 2022年05月号 2022年05月号  
43 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
44 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
45 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
46 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
47 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
48 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
49 岩本公水 憂愁海峡 2022年06月号 2022年06月号  
50 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
51 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
52 美空ひばり 港町十三番地      
53 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
54 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
55 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
56 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
57 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
58 岩出和也 都会の迷子 2022年05月号 2022年05月号  
59 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
60 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
61 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
62 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
63 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
64 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
65 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
66 天童よしみ あなたに咲いた花だから 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
67 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
68 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
69 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
70 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
71 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号    
72 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
73 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
74 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
75 千昌夫 星影のワルツ      
76 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
77 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
78 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
79 石原裕次郎 ブランデーグラス      
80 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
81 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
82 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり      
83 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
84 北野まち子 高瀬川慕情 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
85 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
86 三橋美智也 古城 2008年03月号    
87 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ      
88 山内惠介 誰に愛されても 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
89 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
90 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
91 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
92 大月みやこ 女の港 2004年07月号 2011年04月号  
93 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
94 水森かおり 九十九里浜 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
95 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
96 大月みやこ 北の果て・・・ 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
97 前川清 男と女の破片      
98 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号  
99 キム・ヨンジャ 酔いあかり 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
100 桂銀淑 すずめの涙   2022年03月号