有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50:2022/05/06付(2022.04.23-2022.04.29) – 1位 ~ 50位(今週は更新なし)

スポンサーリンク

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50:2022/05/06付(2022.04.23-2022.04.29) – 1位 ~ 50位(今週は更新なし)

今日は、2022年5月14日、今日の記念日です。

種痘記念日

1796年のこの日、イギリスの外科医ジェンナーが初めて種痘の接種に成功した。

種痘の登場以前は、天然痘は最も恐ろしい病気の一つだった。発症すると、高熱に引き続いて、全身に化膿性の発疹ができるため、運良く治った人もあばた面になった。

以前より、一度天然痘にかかった人は、二度とこの病気にならないことが知られていた。また、ジェンナーは、乳絞りの女性から牛痘にかかると天然痘には罹からないことを聞いた。そこで、牛痘にかかった乳絞りの女性サラ・ネルムズの手の水疱からとった膿を、近所に住んでいた8歳の男児フィップスの腕に接種した。10日後に発症したがすぐに治癒し、その後天然痘を接種しても感染しなかった。この実験は、学会には認められなかったが、ジェンナーは貧しい人たちに無料で種痘の接種を行い、次第に認められるようになった。

天然痘による死亡者は劇的に減少し、1979(昭和54)年10月末に世界保健機構(WHO)によって根絶が確認された。

温度計の日

水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの、1686年の誕生日。なお、この日附はユリウス暦によるものであるが、ファーレンハイトの生地ダンツィヒ(グダニスク)では既にグレゴリオ暦に改暦しており、それによれば5月24日となる。

華氏温度は、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均体温を96度とし、その間を等分して得られる。この温度目盛りによると、水が凍る温度は32度、沸騰する温度は212度となる。ファーレンハイトが1724年に発表し、現在では主にアメリカ・カナダ・イギリスで用いられている。

中国では、ファーレンハイトに華倫海の字を当てたことから、「華氏」と呼ばれるようになった。

日本で言うところのいわゆる「温度」とは、「摂氏温度」をさします。水の沸点を100度、融点を0度として、その間を100等分した目盛りのことで「℃」という記号で表します。1742年にスウェーデンの物理学者セルシウスが考案したことから「セルシウス度」ともいわれます。

一方で「華氏温度」とは、水銀温度計を発明したドイツの物理学者ファーレンハイトによって1724年に考案された温度のこと。「°F」で表され、「ファーレンハイト度」とも呼ばれます。中国で「ファーレンハイト」に「華倫海」の字を当てたことから「華氏」と呼ばれるようになりました。
彼がこの温度を考案した説には複数の言われがありますが、その一つが、海水が凍る温度を0度、羊の肛門の温度を100度として、その間を100等分した目盛りに設定した、というものでした。華氏温度はアメリカやカナダ、イギリスで現在も用いられているんですよ。
ちなみに華氏温度では、水の沸点は212度、融点は32度となります。

華氏温度(°F)を摂氏温度(℃)に換算するには「℃=5(°F-32)÷9」を当てはめます。

今週の上位5曲は

今週は更新がありませんでしたので先週と同じ順位です。

1 位は、 氷川きよし さんの「 群青の弦 」
2 位は、 大月みやこ さんの「 北の果て・・・ 」
3 位は、 松前ひろ子 さんの「 望郷酒がたり 」
4 位は、 水森かおり さんの「 九十九里浜 」
5 位は、 五条哲也 さんの「 大阪グッバイ 」

今週の入れ替わり曲は

今週は更新がありませんでしたので、入れ替わりはありません。

五条哲也 さんの「 大阪グッバイ 」

『五条哲也流ブルース』をテーマに制作された待望の新曲!

2020年10月に発売した「まよい川」から約1年半振りとなる五条哲也の新曲は、松井五郎・浜圭介両氏のコンビで『五条哲也流ブルース』をテーマに制作された「大阪グッバイ」。五条哲也の持つ世界観に深みを持たせ、年齢的にも円熟味を増したおんな唄に仕上がりました。
カップリングにはアルバム「五条哲也の魅力 ~おんな心唄う~」から浜圭介氏が手がけた「ひとり旅」「役者」の2曲を収録。

収録曲

(1)大阪グッバイ
作詩:松井五郎/作曲:浜 圭介/編曲:矢田部 正
(2)ひとり旅
作詩:吉田 旺/作曲:浜 圭介/編曲:D.C.O
(3)役者
作詩:荒木とよひさ/作曲:浜 圭介/編曲:夏目哲郎
(4)大阪グッバイ[オリジナル・カラオケ]
(5)ひとり旅[オリジナル・カラオケ]
(6)役者[オリジナル・カラオケ]
(7)大阪グッバイ[女性用カラオケ(1音上げ)]

2022年4月27日発売

 

五条哲也 さんの「 大阪グッバイ 」は、月刊カラオケファン2022年6月号、歌の手帖2022年6月号に楽譜があります。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

前週の有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50:2022/05/06付(2022.04.23-2022.04.29) - 1位 ~ 50位 今日は、2022年5月7日、今日の記念日です。 世界エイズ孤児デー 2002年にニューヨークで開催された国連子ども特別総会で制定。 コナモンの日 ...

有線ランキングより

http://ranking.cansystem.info/?k=rje

有線週間【演歌】リクエストランキングTOP50

順位 歌手 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 氷川きよし 群青の弦 2022年03月号 2022年03月号 2022年5月・6月号
2 大月みやこ 北の果て・・・ 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
3 松前ひろ子 望郷酒がたり 2022年06月号 2022年06月号
4 水森かおり 九十九里浜 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
5 五条哲也 大阪グッバイ 2022年06月号 2022年06月号
6 青山新 君とどこまでも 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
7 津吹みゆ 壇ノ浦恋歌 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
8 辰巳ゆうと 雪月花 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
9 三山ひろし 花恋歌~はなれんか~ 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
10 ネオントリオ 三味線流し
11 香西かおり 恋街しぐれ 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
12 山内惠介 誰に愛されても 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
13 石川さゆりXNARGO/谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ) 虹が見えるでしょう 2022年06月号 2022年06月号
14 ポチ ふたり
15 岩佐美咲 アキラ 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
16 一条貫太 旅路の先に 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
17 市川由紀乃 都わすれ 2022年04月号 2022年04月号 2022年3月・4月号
18 キム・ヨンジャ 酔いあかり 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
19 彩青 沓掛道中 2022年06月号 2022年06月号
20 朝花美穂 しゃくなげ峠 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
21 おかゆ 赤いひまわり 2022年06月号 2022年06月号
22 モングン 紅夕月 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
23 松原健之feat.植村あかり(Juice=Juice)&川村文乃(アンジュルム)&小片リサ 風のブーケ 2021年11月号 2021年11月・12月号
24 北岡ひろし 伏見十石舟 2021年07月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
25 平松賢人 灼熱ロマンス
26 島津悦子 絆~きずな~ 2022年06月号 2022年06月号
27 坂本つとむ LOSTプロポーズ
28 二見颯一 0時の終列車 2022年06月号 2022年06月号
29 葉月みなみ 許さないで…ねぇ 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
30 蒼彦太 母ちゃんへ 2022年06月号 2022年06月号
31 三田りょう 天山遥かに 2021年08月号 2021年08月号 2021年9月・10月号
32 柾木祐二 涙のテキーラ 2022年04月号 2022年04月号
33 真田ナオキ 渋谷で・・・どう? 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
34 羽山みずき こころ町 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
35 パク・ジュニョン 銀閣寺 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
36 はやぶさ サンキュ!ピースfeat.辰巳ゆうと 2021年09月号 2021年09月号 2021年9月・10月号
37 川中美幸 冬の華 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
38 鳥羽一郎 一本道の唄 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
39 椎名佐千子 面影みなと 2022年05月号 2022年05月号
40 黒谷兄弟withさおりママ 酒場のママさん 2022年01月号 2022年01月号 2022年1月・2月号
41 山口ひろみ 哀愁港町 2022年05月号 2022年06月号 2022年5月・6月号
42 岩本公水 憂愁海峡 2022年06月号 2022年06月号
43 野中さおり 雪すみれ 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
44 黒川真一朗 東京演歌 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
45 田川寿美 雨あがり 2021年11月号 2021年11月号 2021年11月・12月号
46 丘みどり 雪陽炎 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
47 谷龍介 冬運河 2021年12月号 2021年12月号 2022年1月・2月号
48 金田たつえ 故郷のれん 2022年06月号 2022年06月号
49 純烈 君を奪い去りたい 2022年03月号 2022年03月号 2022年5月・6月号
50 山崎ていじ 居酒屋「ての字」 2022年04月号 2022年04月号 2022年5月・6月号
スポンサーリンク