JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/6/1更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/6/1更新

今日は、6月2日、今日はどんな日でしょうか。

横浜港開港記念日,長崎港記念日

1859(安政6)年のこの日、前年に締結された日米修好通商条約により、それまでの下田・箱館(現在の函館)のほか、神奈川(現在の横浜)・長崎の港が開港した。

横浜カレー記念日

横濱カレーミュージアムが制定。
1859(安政6)年の横浜港開港とともにカレーも日本に入ってきたとして、この日を記念日とした。

路地の日

長野県下諏訪町の「路地を歩く会」が、路地の良さを見直そうと制定。
六(ろ)二(じ)で「ろじ」の語呂合せ。

裏切りの日

1582(天正10)年のこの日、本能寺の変で、織田信長が明智光秀に裏切られて攻められ、本能寺で自害した。
中国の毛利攻めに難儀している羽柴秀吉の応援を命じられた明智光秀は、進軍の途中で道を変更し、本能寺の織田信長を襲った。襲撃を知った信長は近侍の森蘭丸に誰の襲撃か尋ね、光秀と聴くと「是非もなし」と応えて自害したと、『信長公記』に伝えられている。

甘露煮の日

甘露煮を製造する平松食品が制定。
六(ろ)二(に)で「かんろに」の語呂合せ。

ローズの日

奈良県香芝市の雑貨店・フレンチレースが制定。
六(ろ)2(ツー)で「ローズ」の語呂合せ。

おむつの日

大王製紙が制定。
0(オー)六(む)2(ツー)で「おむつ」の語呂合せ。

共和国記念日 [イタリア]

1946年のこの日、国民投票により、それまでの王制に代って共和制を政体とすることが決められた。

イタリアワインの日

イタリア大使館とイタリア貿易振興会が2007年に制定。
イタリアの祝日「共和国記念日」にあわせてイタリアワインをPRするイベントが行われる。

現国王戴冠記念日 [ブータン]

2008年のこの日、2006年に26歳で即位したブータンの現国王ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクが戴冠した。

光琳忌

江戸時代の画家・工芸家、尾形光琳の1716(享保元)年の忌日。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
3 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」
4 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
5 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」

今週は、曲はほぼいつもの曲が多いのですが、順位が変動しています。

1位と2位が入れ替わっています。石川さゆりさんはほぼこの「 天城越え 」と「 津軽海峡・冬景色 」2曲で独占していますね。

3 位は、 大川栄策 さんの「 さざんかの宿 」が先週7位からアップですね。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、10曲が入れ替わりました。すべて懐かしい曲ですね。

74 位の 美空ひばり さんの「 柔 」
82 位の 霧島昇&ミス・コロムビア さんの「 旅の夜風 」
84 位の 前川清 さんの「 男と女の破片 」
86 位の 春日八郎 さんの「 お富さん 」
89 位の 山本譲二 さんの「 花も嵐も 」
92 位の 霧島昇 さんの「 誰か故郷を想わざる 」
93 位の 増位山太志郎 さんの「 そんな夕子にほれました 」
94 位の 大木英夫&津山洋子 さんの「 新宿そだち 」
99 位の 桂銀淑&堀内孝雄 さんの「 都会の天使たち 」
100 位の 増位山太志郎 さんの「 男の背中 」

大木英夫&津山洋子 さんの「 新宿そだち 」

デュエット曲の定番のひとつ、「新宿育ち」。イントロの「女なんてさ 女なんてさ」は中高年なら一度ならず耳にしたことがあるはずだ。津山洋子さんが大木英夫さん(2010年3月25日死去)とのコンビで歌った「新宿育ち」は1967年に発売され、160万枚のミリオンセラーを記録。平成の今もなお歌い継がれている名曲である。

 津山さんはその後、歌手の高樹一郎さんとコンビを組んで結婚。30万枚超を売り上げる大ヒットデュエット曲「夫婦みち」を83年にリリースした。現在もオシドリ演歌夫婦としてステージをこなし、高樹さんが経営する新宿・歌舞伎町のパブ「新宿育ち」のママさんでもある。

 「今年、コンビ結成45周年を迎えるのですが、これだけ長いのは私たちだけですね。もちろんケンカもしますが、夫婦だから続けて来られたんじゃないかしら」と津山さんが言えば、「不思議なもんで、ヘベレケになるまで飲んでも、目が覚めると必ず家にいるんです。帰巣本能が強いのかもしれません(笑)」と高樹さんが顔をほころばせる。高樹さんがドッシリと構え、津山さんは少し控え目。演歌を地でいく名コンビぶりだ。

 昨年3月11日に発生した東日本大震災の被災地が生まれ故郷の2人。多くの親戚や幼なじみが被災し、「よくお世話になった、宮城県松島町に住む司会者の小野さんや、南相馬市の歌手仲間・斎藤輝美さんら3人を亡くしました」(津山さん)。

 一週間後の同月18日に、友人ら有志と宮城県白石市に救援物資を運んだのを皮切りに、昨年は物資輸送4回、街頭募金と炊き出しを各1回、慰問を含めたチャリティショーは10回開催。今年も、数々の企画がある。

 「私たちの歌で喜んで下さる被災者がいる限り、仲間とともにボランティアは続けるつもりです」(高樹さん)。

 ■たかぎ・いちろう 1941年6月1日、宮城県桃能町(現・石巻市)生まれ。67年、津山さんとコンビを結成し、81年に結婚。83年に発売したデュエット曲「夫婦みち」が大ヒット。2011年には新曲「大銀杏」を発売した。パブ「新宿育ち」(新宿区歌舞伎町2の10の6 ピア新宿5階 電話03・3203・3835)経営。NPO法人日本艶歌歌謡協会理事長。

 ■つやま・ようこ 1946年2月9日、福島県石川町生まれ。64年にデビュー。67年に発売した故・大木英夫さんとのデュエット曲「新宿育ち」が160万枚超の大ヒットとなった。2007年にはコンビ結成40周年記念曲「さくら通りの花見唄」を発売した。

https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120118/enn1201180829001-n1.htmより引用

 

[収録曲]

1. 氷雨 ( 日野美歌 )
2. 雨の新宿 ( 大木英夫・津山洋子 )
3. 嵯峨野の女 ( 森若里子 )
4. めおとの旅 ( 千昌夫・阿部三登里 )
5. おまえさん ( 木の実ナナ )
6. 別れても好きな人 ( 森美樹・松平直樹とブルーロマン )
7. ハチのムサシは死んだのさ ( 平田隆夫とセルスターズ )
8. 男と女のラブゲーム ( 日野美歌・葵司朗 )
9. 旅愁 ( 西崎みどり )
10. 涙のナイトイン東京 ( 日野美歌・葵司朗 )
11. 女のさだめ ( 三船和子 )
12. 新宿そだち ( 大木英夫・津山洋子 )
13. 鳴門海峡 ( 日野美歌 )
14. あなたまかせの夜だから ( 大木英夫・二宮善子 )
15. 男と女のクリスマス ( 日野美歌・青山修二 )
16. 他人船 ( 小野由紀子 )

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/5/25更新 今日は、5月26日、今日はどんな日でしょうか。 東名高速道路全通記念日 1969年のこの日、大井松田IC~御殿場ICが開通し、東京から愛知県小牧市まで346kmにおよぶ東名高速道路が全線開通した。 小牧ICで、4年前...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2022/6/1更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
2 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
3 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
5 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
6 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
7 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
9 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
10 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
11 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
12 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2022年05月号  
13 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
14 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
15 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
16 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
17 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
18 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
19 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
20 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
21 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
22 都はるみ 好きになった人      
23 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
24 美空ひばり 港町十三番地      
25 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
26 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
27 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
28 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
29 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
30 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
31 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
32 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
33 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
34 三山ひろし 花恋歌~はなれんか~ 2022年03月号 2022年03月号 2022年3月・4月号
35 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
36 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
37 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
38 岩本公水 憂愁海峡 2022年06月号 2022年06月号  
39 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
40 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
41 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
42 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
43 梅沢富美男 夢芝居      
44 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号    
45 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
46 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
47 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
48 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
49 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
50 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
51 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
52 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
53 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
54 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
55 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
56 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
57 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
58 千昌夫 星影のワルツ      
59 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
60 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
61 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
62 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
63 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
64 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
65 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
66 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
67 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
68 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
69 石原裕次郎 ブランデーグラス      
70 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
71 香西かおり 恋街しぐれ 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
72 椎名佐千子 面影みなと 2022年05月号 2022年05月号  
73 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
74 美空ひばり      
75 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
76 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
77 市川由紀乃 都わすれ 2022年04月号 2022年04月号 2022年3月・4月号
78 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
79 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
80 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
81 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
82 霧島昇&ミス・コロムビア 旅の夜風 2001年05月号    
83 天童よしみ あなたに咲いた花だから 2022年02月号 2022年02月号 2022年3月・4月号
84 前川清 男と女の破片      
85 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
86 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
87 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
88 三橋美智也 古城 2008年03月号    
89 山本譲二 花も嵐も 2000年03月号 2020年08月号 2000年3月・4月号
90 岩出和也 都会の迷子 2022年05月号 2022年05月号  
91 千昌夫 夕焼け雲      
92 霧島昇 誰か故郷を想わざる      
93 増位山太志郎 そんな夕子にほれました      
94 大木英夫&津山洋子 新宿そだち      
95 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
96 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号  
97 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
98 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
99 桂銀淑&堀内孝雄 都会の天使たち   2022年05月号  
100 増位山太志郎 男の背中