話題曲紹介。三沢カヅチカさんの「豊洲の女」2017年6月1日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの話題曲紹介は、2017年6月1日発売の三沢カヅチカさんの「豊洲の女」です。

有線週間【演歌】月間お問い合わせランキングTOP10で3位に登場しています。

小池都知事をパロディー化 謎の新曲「豊洲の女」が話題に

小池百合子東京都知事をパロディー化したCDが6月1日に全国発売され、話題を呼んでいる。新人歌手・三沢カヅチカ(年齢不詳)のデビュー作「豊洲の女」(エスプロレコーズ)。関係者によると、安倍晋三首相に近い人物が、企画に大きく関わっているという。

「豊洲の女」落ちぶれてしまった女性が過去を思い出しながらお酒を飲んでいる・・・次の季節が巡ってきても、やはり私は豊洲の女。 「逆賊ブルース」天の言葉に背向いてまでも、君が欲しいものは何? やっちまえ!悪魔がそそのかしたとき、ためらうオレも逆賊さ。

 ♪化粧だけでは 隠しきれない 今の私は豊洲の女 あの日の新宿 花の銀座 今の私は豊洲の女~という挑発的なフレーズで始まり、過去の栄光に浸りつつ、先に進めない女性の葛藤を歌う。「ダイバーシティ」「ブルーオーシャン」など小池氏にまつわるキーワードが並び、三沢が情感たっぷりに歌い上げている。豊洲を舞台にしたPVには、後ろ姿が小池氏によく似た女性が登場する。

 小池都政に批判的な哲学者・作家の適菜収氏(42)が「いろいろな形の風刺、批評があっていい」として作詞。適菜氏の知人で、安倍内閣の官房参与を務める京大大学院の藤井聡教授(48)が賛同し、“謎の歌手”三沢を紹介された。三沢は声や歌い方が藤井教授とうり二つで、実は同一人物なのではとの見方も浮上している。

三沢カヅチカ 「豊洲の女」

三沢カヅチカ 「逆賊ブルース」 (豊洲の女)の c/w

収録曲
1. 豊洲の女
2. 逆賊ブルース

http://amzn.to/2viOggu

小池都知事をパロディー化 謎の新曲「豊洲の女」が話題に The News

ahttps://www.youtube.com/watch?v=NU-mQ2V1Zhw

豊洲の女小池都知事をパロディー化!!!謎の新曲「豊洲の女」が話題に!!!

衝撃!小池百合子都知事をパロディ化した謎の新曲「豊洲の女」の歌詞内容がヤバいとネットで話題に!

本作は政治を風刺したものですが、色々と考えさせたり、想像を膨らませてくれてりして、聴いていてついほくそ笑んでしまいます。
正面切っての権力批判も大事ですが、それだけではその論理の複雑性に中々民衆には届きませんが、ポップカルチャーに載せれば物語として人々の頭に入りやすい。
しかしながら、こと音楽に関しては、このような風刺は我が国にはあまり無かった(昔のRCサクセションとかには少しあったようですが)ですよね。されども、権力を風刺するって大事なことだと思うんですよ、民衆からの無言の圧力と成り得ますから。
その意味では、本作は大変意欲的で意義のあるものであるでしょう。

更には、音楽もしっかり作り込まれていることが素人の僕にも分かり、それを三沢氏が色っぽく歌い上げているので、クオリティは巷のポップミュージックよりも高いのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク