演歌以外:「心に火をつけるためには?」について。

スポンサーリンク

今日のお話は、「心に火をつけるためには?」というお話しです。

今日は、8月23日、今日はどんな記念日でしょうか。

奴隷貿易とその廃止を記念する国際デー(International Day for the Remembrance of the Slave Trade and Its Abolition)

国際デーの一つ。1998年にユネスコが制定。
1791年のこの日、フランス植民地のサン=ドマング(現在のハイチ)で、大西洋奴隷貿易廃止の重要なきっかけとなったハイチ革命が始った。

白虎隊自刃の日

1868(明治元)年のこの日、戊辰戦争で会津藩の白虎隊が城下の飯盛山で自刃した。
会津藩では軍を年齢により白虎・朱雀・青龍・玄武の4つの班に分けており、最年少の白虎隊は16歳から17歳までの少年で編成されていた。会津藩等の奥羽越列藩同盟が官軍と戦闘状態に入ると白虎隊も実戦に参加し、越後戦争や会津戦争で死闘を繰り広げていた。
この日、飯盛山にいた白虎隊の士中二番隊員が、城下の町に火の手が上がったのを会津落が落城したものと思い、20人の隊員全員が自刃した。

ウクレレの日 [ハワイ]

ウクレレがポルトガルからの移民が19世紀に持ち込んだ楽器が原型であることから、1879年にポルトガル移民が移民登録を行った日を記念日とした。

一遍忌,遊行忌

時宗の開祖・一遍上人の1289(正応2)年の忌日。

心に火をつけるためには?

喜多川泰さんの著書「株式会社タイムカプセル社」より紹介します。

英雄は経営者時代に、何度も講演会に足を運んでいた。

経営のヒントを得るというのも、大切な目的ではあったが、いちばんの目的は心に火をつけることだった。

自分の心に火をつけるためには、心に火を灯して生きている人の話を聞きに行くのがいちばんだった。

そのことを伝えるために、社員研修で、火をおこさせて飯ごう炊さんをさせたこともある。

火がついていないところに火をつけるのは、本当にたいへんだ。

何時間かけてもつかないことだってある。

だけど、すでについている火をもらうのは、ほんの数秒あればできる簡単なことだ。

心に火をつけるのだって同じように、何もないところから火をおこそうとすると、たいへんな労力を強いられるが、火がついている人からもらうのは一瞬でできる。

やる気が起きなくて、どうしたらやる気が出るかなぁなんて考える暇があったら、どんな内容でもいいから、心に火がついている人の話を聞きに行けと言っていた。


その通りですね。

元気な人に会いに行くと、元気が出ます。

講演会に参加すると、何だかんだでけっこうやる気も出ます。

読書の習慣でも、いろんな気づきからメラメラと闘志に火がつきます。

やはり自分自身をほっといたら、楽を求めるのが人間です。

そんな自分の心にいかにして火をつけ、それを継続して灯し、さらには周りの人にまで分け与えることができるようになるか。

それは、人との出会い、本との出会い、出来事との出会い、ではないでしょうか。

誰から学び、どんなことをしていくのかが大事ですね。

さて、今日も元気な人に会いに、元気をもらいにいくとしますか。

スポンサーリンク