JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/8/31更新

スポンサーリンク

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/8/31更新

今日は、9月1日、今日はどんな日でしょうか。今日から9月ですね。新学期の所もあると思います。気分新たに頑張りましょう。

台風も近づいています。防災に備えましょう。

防災の日

伊勢湾台風が襲来した翌年の1960年に閣議決定。
1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が発生した。
毎年、各地で防災訓練が行われる。

防災とボランティアの日 1月17日

防災用品点検の日

防災アドバイザーの山村武彦氏が提唱。
関東大震災の起きた9月1日のほか、3月1日・6月1日・12月1日の年4回。

くいの日

東日本基礎工業協同組合が1993年に制定。
「く(9)い(1)」(杭)の語呂合せ。
基礎工事現場での殉職者の慰霊及び基礎工事の安全作業を推進する日。

宝塚歌劇団レビュー記念日

宝塚歌劇団が1989年に制定。
1927年のこの日、宝塚少女歌劇団が日本初のレビュー『モン・パリ』の初演を行った。

キウイの日

ニュージーランド産キウイフルーツの輸入等を行っているゼスプリインターナショナルが制定。
「キュー(9)イ(1)」の語呂合せ。

マテ茶の日

日本マテ茶協会が制定。
マテ茶の生産国・アルゼンチンでこの日にマテ茶の収穫祭が行われることから。

民放ラジオ放送開始記念日

1951年のこの日、名古屋の中部日本放送と大阪の新日本放送(現 毎日放送)が日本初の民放ラジオとして放送を開始した。

霞ヶ浦の日 [茨城県]

茨城県が1982年に制定。
1982年のこの日、「霞ヶ浦富栄養化防止条例」が施行された。
県民の水質浄化意識を高める為に、霞ヶ浦浄化キャンペーンが行われる。

独立記念日 [ウズベキスタン]

1991年のこの日、ウズベキスタンがソビエト連邦からの独立を宣言した。

憲法記念日 [スロバキア]

1992年のこの日、翌年1月のチェコスロバキアからの分離独立を前にしてスロバキア共和国憲法が制定された。

(旧)革命記念日 [リビア]

1969年のこの日、リビアで国王の外遊中にカダフィ大佐らが無血クーデターを起こし、国王を退位させ共和国を宣言した。

木歩忌

俳人・富田木歩の1923年の忌日。

今週の上位5曲

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 テレサ・テン さんの「 時の流れに身をまかせ 」
4 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」
5 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」

今週は、1位から5位まで先週と同じ曲と順位です。

https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/enka/weekly

ピックアップした一部楽曲のカラオケ映像を【期間限定】公開中です。

サムネイルからYouTubeに移動して視聴できます。

今週新たに前回から入れ替わった曲

今週は、2曲が入れ替わりました。懐かしい曲が2曲ですね。

21 位の 新川二朗 さんの「 東京の灯よいつまでも 」
82 位の 水田竜子 さんの「 そのわけは旭川 」

新川二朗 さんの「 東京の灯よいつまでも 」

石川県立羽咋高校卒業後、金沢ヘルスセンターへ出演中、たまたま仕事で居合わせた村田英雄に認められ直ちに上京、新栄プロダクション西川社長宅に2年間人間修行を叩き込まれた。その間 佐伯としを氏に師事する。昭和37年11月「君を慕いて」でキングレコードよりデビュー。
同39年7月「東京の灯よいつまでも」が大ヒット!
NHK第15回紅白歌合戦(昭和39年12月31日)に出演。
歌謡界の王座に着く。この曲は今でも多くの若者達に歌われてる。

演歌歌手の新川二朗さん死去

21日に82歳で死去した演歌歌手の新川二朗さんの死因が、脳梗塞による気管支炎だったことが22日、分かった。関係者が明らかにした。葬儀は近親者のみで営まれる。

4月に脳梗塞のような症状がみられ、千葉県内の病院に緊急入院。一時は意識不明に陥ったが、その後に回復。会話もできるようになり、電話で話した関係者は「“生きてるなら五体満足がいいね。病気したらダメだよ”と弱気だったので、“歌えるようになるまで頑張ろうよ”と励ました」と明かした。21日昼に容体が急変し、午後7時10分に息を引き取った。

 新川さんは1962年11月にデビュー。同じ事務所に北島三郎(85)がおり、「三郎」とともに北島の芸名の候補だった「二郎」の名で活動した(79年に「二朗」に改名)。

 ▼北島三郎 同じ新栄プロダクションでデビュー前から一緒に修業した身。自分の方が少し年上でデビューも少し早かったけれど、ほぼ同じ時期にデビューして、この芸能界でお互いの道を歩んできた。最近番組で一緒になった時に「ここまで来たのだからもうちょっと頑張ろう」と励まし合ったのに、こんな悲報を聞いて大変残念です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/610c79a419fab515c3719b11b829d269bfb3af9fより引用

ご冥福をお祈りいたします。

月刊カラオケファン2022年10月号、歌の手帖2022年10月号、新曲歌謡ヒット速報9・10月号は発売中です。

  

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

前回のJOYSOUNDカラオケランキング

JOYSOUND演歌カラオケランキングTOP100 2022/8/24更新 今日は、8月25日、今日はどんな日でしょうか。 即席ラーメン記念日 日清食品が制定。 1958年のこの日、日清食品が世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」を発売した。 東京国際空港開港記念日 1931年のこの...

JOYSOUND演歌カラオケ週間ランキング(2022/8/31更新)

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
4 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
5 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
6 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
9 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
10 坂本冬美 酔中花 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
11 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
12 浜圭介&桂銀淑 北空港 2005年02月号 2022年05月号  
13 五木ひろし&木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
14 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
15 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
16 ちあきなおみ 喝采 2009年03月号 2007年05月号  
17 石原裕次郎&牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
18 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
19 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
20 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
21 新川二朗 東京の灯よいつまでも 2006年02月号 2021年10月号  
22 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
23 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
24 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
25 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
26 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
27 都はるみ&宮崎雅 ふたりの大阪      
28 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
29 美空ひばり 真赤な太陽   2005年09月号  
30 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
31 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
32 都はるみ 好きになった人      
33 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
34 梅沢富美男 夢芝居      
35 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
36 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
37 角川博 八丁堀交差点 2022年09月号 2022年09月号  
38 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
39 松原のぶえ 春待ちしぐれ 2022年08月号 2022年08月号 2022年9月・10月号
40 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
41 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
42 吉幾三 酔歌   2017年09月号  
43 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
44 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
45 田川寿美 白秋 2022年08月号 2022年09月号 2022年9月・10月号
46 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
47 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
48 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
49 川野夏美 空席 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
50 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
51 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
52 美空ひばり 港町十三番地      
53 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
54 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
55 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
56 牧村三枝子 みちづれ   2008年04月号  
57 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
58 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
59 中村美律子 銀の雨 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
60 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
61 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
62 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
63 春日八郎 別れの一本杉 2017年06月号    
64 真木ことみ くれないの糸 2022年09月号 2022年09月号 2022年9月・10月号
65 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
66 川中美幸&弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
67 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
68 趙容弼(チョー・ヨンピル) 想いで迷子      
69 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
70 ヒロシ&キーボー 3年目の浮気      
71 日野美歌 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
72 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
73 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
74 五木ひろし 北前船 2022年07月号 2022年07月号 2022年9月・10月号
75 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
76 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
77 千昌夫 星影のワルツ      
78 橋幸夫&安倍里葎子 今夜は離さない 2000年02月号    
79 岩本公水 憂愁海峡 2022年06月号 2022年06月号 2022年7月・8月号
80 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
81 秋元順子 愛のままで・・・ 2008年03月号 2008年03月号 2009年5月・6月号
82 水田竜子 そのわけは旭川 2022年10月号 2022年09月号  
83 平浩二 バス・ストップ 2007年03月号    
84 高山厳 心凍らせて 2019年06月号 2018年11月号 2014年7月・8月号
85 三橋美智也 古城 2008年03月号    
86 坂本冬美 夜桜お七 2003年07月号 2006年05月号  
87 石原裕次郎 ブランデーグラス      
88 里見浩太朗&横内正 あゝ人生に涙あり      
89 池田輝郎 湯の花みれん 2022年08月号 2022年08月号 2022年9月・10月号
90 小林旭 熱き心に 2007年12月号 2007年11月号  
91 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
92 千昌夫 夕焼け雲      
93 渥美二郎 釜山港へ帰れ   2008年09月号  
94 佳山明生 氷雨 2003年01月号 2008年09月号  
95 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
96 美空ひばり お祭りマンボ      
97 吉幾三 俺ら東京さ行ぐだ      
98 石原裕次郎 恋の町札幌   2011年12月号  
99 森昌子 越冬つばめ   2011年10月号  
100 前川清 男と女の破片