カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月5日更新分)

スポンサーリンク

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(9月5日更新分)

今日は、9月7日、今日の記念日です。

クリーナーの日

メガネクリーナーの製造会社・パールが制定。
「ク(9)リーナ(7)ー」の語呂合せ。

CMソングの日

151年のこの日、初めてCMソングを使ったラジオCMがオンエアされた。

小西六(現在のコニカ)の「さくらフイルム」のCMだったが、歌の中に社名・商品名は入っていなかった。

独立記念日 [ブラジル]

1822年のこの日、ブラジルがポルトガルから独立した。
当初は帝政を宣言していたが、1889年11月15日に共和制に移行。その2年後に共和国憲法を制定して連邦制・大統領制になった。

泉鏡花忌

小説家・泉鏡花の1939年の忌日。

吉川英治忌

小説家・吉川英治の1962年の忌日。

今週の1位~5位は

1 位は、 石川さゆり さんの「 津軽海峡・冬景色 」
2 位は、 石川さゆり さんの「 天城越え 」
3 位は、 美空ひばり さんの「 川の流れのように 」
4 位は、 藤山一郎・奈良光枝 さんの「 青い山脈 」
5 位は、 吉幾三 さんの「 酒よ 」

今週は、先週と全く同じ順位と曲ですね。

今週の入れ替わり曲は

今週は2曲が入れ替わっています。今回は前2回と比べて極端に少なくなりました。すべて懐かしい曲ですね。

76 位の 岡ゆう子 さんの「 長良川 」は、リニューアル・リミックスされたニューシングルです。 

76 位の 岡ゆう子 さんの「 長良川 」
97 位の 三船和子 さんの「 だんな様 」

岡ゆう子 さんの「 長良川 」

知らない貴方は超ラッキー!“歌う日本地図”こと岡ゆう子悲運の名曲「長良川」がパワーアップして登場!!
今作は、岡ゆう子が2005年に発表し『歌う日本地図』の異名を持つ岡ゆう子の「ご当地ソング」の中でも随一の人気を誇っていたにも関わらず、諸事情により殆どプロモーションできなかった「悲運の名曲」。今もなお高いポテンシャルを秘めた楽曲で、この度強力プッシュでリリース致します。
カップリングには同じ長良川を舞台にした春日八郎が歌った名曲「長良川旅情」をカバー収録。
更に更に!こちらも人気曲「ひえつき望郷歌」をカラオケ愛好家の中では定番となっている斉藤功氏のギターアレンジでレコーディングし収録します!

 

収録曲

1.長良川
作詞:夢 ユメ子/作曲:徳久 広司/編曲:前田 俊明
2.長良川旅情
作詞:服部 鋭夫/作曲:山口 俊郎/編曲:川上 英一
3.ひえつき望郷歌 ギターバージョン
作詞:仁井谷 俊也/作曲:岡 千秋/編曲:斉藤 功
4.長良川 (オリジナルカラオケ)
5.長良川旅情 (オリジナルカラオケ)
6.ひえつき望郷歌 ギターバージョン (オリジナルカラオケ)

2022年7月27日発売

 

佐賀県嬉野市出身。1979年にデビュー。人生の喜怒哀楽をさわやかな笑顔に包み、日本的なつつましさと声の明るさが程よく溶け合い、聞く者の心をとらえて離さない歌唱力の持ち主。また、全国各市町村からの依頼で、町民歌、村民歌、音頭、意識高揚歌など吹き込んだ曲数は400曲以上。47都道府県を制覇しており、”歌う日本地図”の異名を持つ。

月刊カラオケファン2022年10月号、歌の手帖2022年10月号は、8月20日(土)発売です。新曲歌謡ヒット速報9・10月号は発売中です。

  

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。文字もリンクしています。

先週の演歌・歌謡曲ランキング

カラオケDAMの【演歌ランキング】週間ランキングトップ100(8月29日更新分) 今日は、8月31日、今日の記念日です。今日で8月も終わりで、夏休みもおわりのところもあるでしょうね。台風も大型で強い勢力なので恐ろしいですね。今のうちに対策しておきましょうね。 野菜の日 全国青果物商業協同組合連...

詳しくは、カラオケDAMのホームページを見てください。

【演歌ランキング】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/enka-weekly.html

【急上昇ランキング[デイリー]】

http://www.clubdam.com/app/dam/ranking/burst-daily.html

今週のDAMカラオケランキングTOP100

順位 歌手名 曲名 カラオケファン 歌の手帖 新曲歌謡ヒット速報
1 石川さゆり 津軽海峡・冬景色 2007年11月号 2007年11月号  
2 石川さゆり 天城越え 2005年06月号 2010年09月号  
3 美空ひばり 川の流れのように 2000年12月号 2007年05月号  
4 藤山一郎・奈良光枝 青い山脈 1999年03月号    
5 吉幾三 酒よ 2005年06月号 2017年09月号  
6 テレサ・テン 時の流れに身をまかせ 2002年07月号 2015年07月号  
7 大川栄策 さざんかの宿 2002年05月号 2007年01月号  
8 美空ひばり 愛燦燦 2000年12月号 2011年09月号  
9 欧陽菲菲 ラヴ・イズ・オーヴァー   2014年02月号  
10 石原裕次郎 北の旅人 2005年06月号 2014年09月号 2017年5月・6月号
11 テレサ・テン つぐない 2002年07月号 2009年01月号  
12 坂本冬美 酔中花 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
13 千昌夫 北国の春   2009年04月号  
14 岡本敦郎 高原列車は行く 1999年05月号 2020年09月号  
15 舟木一夫 高校三年生   2009年04月号  
16 鳥羽一郎 兄弟船 2001年10月号 2011年04月号  
17 美空ひばり みだれ髪 2000年12月号 2011年04月号  
18 平和勝次とダークホース 宗右衛門町ブルース   2014年04月号  
19 岡晴夫 憧れのハワイ航路 2020年10月号    
20 千昌夫 星影のワルツ      
21 五木ひろし・木の実ナナ 居酒屋 2005年06月号 2006年06月号 2011年1月・2月号
22 石原裕次郎・牧村旬子 銀座の恋の物語 2000年07月号 2012年10月号  
23 浜圭介・桂銀淑 北空港 2005年02月号 2022年05月号  
24 石原裕次郎 赤いハンカチ   2015年04月号  
25 北島三郎 北の漁場 1999年12月号 2006年04月号  
26 渡哲也 くちなしの花   2012年05月号  
27 都はるみ・宮崎雅 ふたりの大阪      
28 渥美二郎 夢追い酒 2002年02月号 2009年04月号  
29 都はるみ 好きになった人      
30 五木ひろし 長良川艶歌 2000年01月号 2006年06月号  
31 コロムビア・ローズ(初代コロムビア・ローズ) 東京のバスガール   2010年11月号  
32 美空ひばり お祭りマンボ      
33 島倉千代子 人生いろいろ 2004年12月号 2014年02月号  
34 竜鉄也 奥飛騨慕情 1999年11月号 2008年01月号  
35 水前寺清子 三百六十五歩のマーチ   2011年04月号  
36 欧陽菲菲 雨の御堂筋 1999年08月号 2013年07月号  
37 いしだあゆみ ブルー・ライト・ヨコハマ 2004年05月号 2012年03月号  
38 天童よしみ 珍島物語   2021年07月号 1996年3月・4月号
39 川中美幸・弦哲也 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
40 門倉有希 ノラ 2003年10月号   1998年9月・10月号
41 川野夏美 空席 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
42 北島三郎 まつり 2021年08月号 2006年04月号  
43 松原のぶえ 春待ちしぐれ 2022年08月号 2022年08月号 2022年9月・10月号
44 小林旭 昔の名前で出ています   2011年03月号  
45 並木路子 リンゴの唄 1999年02月号    
46 中村美律子 河内おとこ節   2016年12月号  
47 新川二朗 東京の灯よいつまでも 2006年02月号 2021年10月号  
48 吉幾三 雪國 2021年10月号 2013年03月号  
49 梅沢富美男 夢芝居      
50 テレサ・テン 別れの予感 2002年07月号 2015年07月号  
51 都はるみ 大阪しぐれ 1999年03月号 2010年09月号  
52 川中美幸 二輪草   2016年05月号 1998年3月・4月号
53 坂本冬美 また君に恋してる 2010年04月号 2010年03月号 2009年5月・6月号
54 福田こうへい 南部蝉しぐれ 2012年12月号 2010年11月号 2012年11月・12月号
55 橋 幸夫・吉永小百合 いつでも夢を 2004年09月号 2010年10月号  
56 岩本公水 憂愁海峡 2022年06月号 2022年06月号 2022年7月・8月号
57 春日八郎 お富さん 2000年05月号    
58 テレサ・テン 愛人 2002年07月号 2015年07月号 2004年5月・6月号
59 美空ひばり      
60 田川寿美 白秋 2022年08月号 2022年09月号 2022年9月・10月号
61 海原千里・万里 大阪ラプソディー      
62 五木ひろし 夜明けのブルース 2012年06月号 2008年01月号 2012年7月・8月号
63 長山洋子 じょんから女節 2003年08月号 2004年02月号  
64 テレサ・テン 空港 2002年07月号 2007年08月号  
65 内山田洋とクール・ファイブ 長崎は今日も雨だった   2007年10月号  
66 三沢あけみ・和田弘とマヒナスターズ 島のブルース 2002年10月号    
67 細川たかし 北酒場   2010年04月号  
68 山川豊 アメリカ橋   2016年06月号 1998年3月・4月号
69 角川博 八丁堀交差点 2022年09月号 2022年09月号  
70 小林幸子 雪椿   2021年06月号  
71 藤山一郎 長崎の鐘 2005年10月号 2020年09月号  
72 菅原都々子 月がとっても青いから 2007年03月号 2007年03月号  
73 フランク永井 おまえに      
74 香西かおり 流恋草 2000年09月号    
75 細川たかし 矢切の渡し   2006年11月号  
76 岡ゆう子 長良川 2005年08月号 2005年08月号 2005年7月・8月号
77 八代亜紀 舟唄 2007年11月号 2006年03月号  
78 すぎもとまさと 吾亦紅 2007年05月号 2007年04月号 2007年5月・6月号
79 山本譲二 みちのくひとり旅 1999年02月号    
80 橋 幸夫・三沢あけみ 東京音頭      
81 朝花美穂 しゃくなげ峠 2022年05月号 2022年05月号 2022年5月・6月号
82 美空ひばり 港町十三番地      
83 石原裕次郎 夜霧よ今夜も有難う 2002年03月号 2015年04月号 2018年9月・10月号
84 中村美律子 銀の雨 2022年07月号 2022年07月号 2022年7月・8月号
85 瀬川瑛子 命くれない   2006年11月号  
86 三橋美智也 古城 2008年03月号    
87 氷川きよし きよしのズンドコ節 2002年03月号   2002年3月・4月号
88 川中美幸 ふたり酒 1999年01月号 2016年05月号  
89 三橋美智也 哀愁列車      
90 五木ひろし 細雪 2002年05月号 2006年06月号 2004年1月・2月号
91 井沢八郎 ああ上野駅 1999年05月号    
92 鶴岡雅義と東京ロマンチカ 小樽のひとよ   2007年07月号  
93 梓みちよ 二人でお酒を   2012年09月号  
94 杉良太郎 すきま風   2009年04月号  
95 二葉百合子 岸壁の母 1999年09月号 2009年03月号  
96 ペギー葉山 南国土佐を後にして 1999年12月号    
97 三船和子 だんな様   2021年01月号 2007年11月・12月号
98 吉幾三 情炎 2013年06月号 2013年06月号 2013年7月・8月号
99 村田英雄 王将 2000年06月号 2014年08月号  
100 吉幾三 酔歌   2017年09月号