演歌話題:藤あや子さんが座長を務める東京・明治座の特別公演が3日に開幕。

Pocket

スポンサーリンク

演歌歌手の藤あや子さんが座長を務める東京・明治座の特別公演が3日、東京明治座で開幕しました。

 歌手生活30周年を記念した公演。1部の芝居「明治一代女」では水谷八重子さん、美空ひばりさんらが演じた芸者・お梅を熱演。2部の歌謡ショーでは自身が作詞した新曲「命の花よ」などを歌唱。

 「ただひたすらに、そしてがむしゃらに歩んできたこの歌の道…これからも常に前向きに、私らしく歩み続けていきたい」と、東京明治座で30日まであります。

明治座公演一覧 | 明治座 公式サイト

http://www.meijiza.co.jp/lineup/2017_09/

2017年9月3日(日)~30日(土)
歌手生活30周年 藤あや子 特別公演 特別出演 三山ひろし

  • 1部 明治一代女
    • 作:川口松太郎 脚本:齋藤 雅文 演出:金子良次 美術:中嶋正留
    • 出演:藤あや子
    • 松村雄基 松田悟志
    • 三山ひろし(特別出演) 他
  • 2部 藤あや子30thアニバーサリー 艶やかな歌つづり
    • 出演:藤あや子
    • 三山ひろし(特別出演)
    • ショー・ゲスト
    • 椎名佐千子 丘みどり 羽山みずき 杜このみ
  • 開演時間:11:00/16:00
  • 料金(税込):
    S席(1階席、2階席)13,000円 A席(3階席)6,500円

    • ※6歳以上有料/5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください
  • 公演プログラム 1,200円(税込)
    • 藤あや子の艶やかな魅力満載のフルカラー・全40ページ。

      • ・あらすじ、出演者紹介
      • ・「明治一代女」と明治座、深い縁のおはなし
      • ・特別インタビュー 30年を彩ったわたしの10曲

藤あや子歌手生活30周年記念シングル第二弾。明治座「明治一代女」のイメージ・ソング。
作詞は藤あや子本人、作曲は北島三郎。初回生産限定盤は、明治座公演のビジュアルを配したピクチャーディスクです。

  • 1. 命の花よ
  • 2. 命の花よ(シアター・バージョン)
  • 3. 命の花よ(オリジナル・カラオケ)
  • 4. 命の花よ(シアター・バージョン/オリジナル・カラオケ)
  • 5. 命の花よ(インストゥルメンタル)

https://entameclip.com/news/78288より引用

1987年に「村勢真奈美」としてCBSソニーよりデビューし(「藤あや子」に改名してのデビューは1989年)、今年、歌手生活30周年を迎えた藤あや子が、9月3日、明治座では初の単独座長公演となる「歌手生活30周年 藤あや子特別公演」の初日を迎えた。

第一部の芝居「明治一代女」は、明治時代に日本橋浜町で起きた「花井お梅事件(箱屋事件)」を題材にした川口松太郎・原作の小説、戯曲を元に作られた作品である。初演は1935年11月の明治座で、花柳章太郎が主役のお梅を演じて好評を得た名作だ。その後は、水谷八重子・美空ひばり・水谷良重(現・水谷八重子)といった錚々たる名女優・大スター達が同じ役を演じてきたが、今回はそのお梅役を藤あや子が演じる。

艶やかな芸者姿の藤は、女優顔負けの堂々とした演技で観客を魅了。松村雄基、松田悟志といった実力派俳優を相手に、難しい役どころである悲劇のヒロインを見事に演じきり、観客の涙を誘った。特にラストシーンでの切なくも美しい演出は圧巻である。

第二部の歌謡ショーは「藤あや子30thアニバーサリー 艶やかな歌つづり」と題し、第一部の芝居とはがらりと雰囲気も変わり豪華ゲスト陣が華を添え、藤あや子ならではの艶やかで華やかな歌謡ショーを披露した。

自身の15周年記念曲で、山口百恵のヒット曲としても知られる「曼珠沙華」で登場した藤は、予想外にも着物ではなく純白のドレス姿で登場し、観客を魅了。続けて今年6月にリリースしたカバーアルバム「GENTLEMAN~私の中の男たち~」の中から小田和正の名曲「たしかなこと」を歌唱し、会場は意外な選曲にも驚きつつも、その伸びやかな歌声は大きな拍手に包まれた。

ステージには、本公演の特別出演となる男性演歌歌手のホープ・三山ひろしが登場し、新曲「男の流儀」や「明治一代女」の劇中歌でもある「雪に散る」などを熱唱した。三山は、藤とのデュエットでも「ビタミンボイス」と称される、その素晴らしい歌声を披露し大歓声を浴びた。

ショーの後半では、島倉千代子最後のシングル曲をカバーした「からたちの小径」や、10周年記念曲で代表曲でもある「雪 深深」を熱唱。そして「明治一代女」のために書き下ろし、8月23日に発売したばかりの新曲「命の花よ」(作詞は「小野 彩」こと藤あや子、作曲は「原 譲二」こと北島三郎)を披露した藤は、「明治座では初の単独座長公演ということで、大変緊張しましたが、温かいお客様の拍手に包まれ、幸せな時間を過ごすことができました。お芝居では難しい役どころに挑戦させて頂きますが、明治の女を昭和の女が演じるという面白さがあります。30周年という節目に、素晴らしい作品にめぐり合い、また、素敵な共演者に囲まれて、本当に感謝しております。明治座ならではの豪華なステージになっておりますので、ぜひ、またお越し頂いて、生のステージをお楽しみ頂きたいと思います」と笑顔で話した。

そして、最後に藤が作詞を担当した「あや子のお国自慢だよ(明治座バージョン)」を共演者と一緒に賑やかに歌い踊り、大きな歓声に包まれたまま、無事に終演を迎えた。

公演は東京・明治座にて9月30日まで。歌手生活30周年を迎え、艶やかな舞台でますますファンを魅了する藤あや子から目が離せない。

藤あや子さんの「命の花よ」は別のページでも紹介しています。

藤あや子「命の花よ」

三山ひろし・第一部を語る

三山ひろし・第二部を語る

2017年9月3日(日)~30日(土) 歌手生活30周年 藤あや子 特別公演 特別出演 三山ひろし http://www.meijiza.co.jp/lineup/2017_09/


藤あや子オフィシャルブログ「あや子日記」Powered by Ameba

https://ameblo.jp/ayako-fuji/

藤あや子 | ソニーミュージック オフィシャルサイト

http://www.sonymusic.co.jp/artist/AyakoFuji/

藤あや子 プロフィール

<プロフィール>引用

生年月日 1961/5/10
星座 おうし座
血液型 B型
出身地 秋田
ジャンル 歌手・アーティスト
デビュー年 1987年
デビュー作 ふたり川 (シングル・CBSソニー) 村瀬真奈美の名でデビュー
デビューしたきっかけ 高校卒業後地元のミス花嫁コンテスト優勝、勝ち抜き歌謡天国 (NHKテレビ)で優勝
代表作 おんな (シングル) 藤あや子の名でデビュー/1989年
こころ酒 (シングル)/1992年
むらさき雨情 (シングル)/1993年
女泣川 (シングル)/1994年
趣味 絵画 陶芸 作詞 作曲

藤あや子(フジ アヤコ) 演歌歌手。1961年05月10日生まれ、秋田県出身。1985年にNHK『勝ち抜き歌謡天国』で優勝し、1989年にシングル「おんな」でデビュー。代表作はシングル「こころ酒」、「むらさき雨情」、「花のワルツ」など。『日本有線大賞』など、受賞歴も多数。華やかなステージと艶のある歌声で、男女問わず支持を受けている。

藤あや子のニューシングル「命の花よ」は月刊カラオケファン 2017年10月号、月刊歌の手帖2017年10月号および月刊ミュージックスター2017年10月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年10月号、月刊歌の手帖2017年10月号および月刊ミュージックスター2017年10月号はすでに発売されていますが、amzonでも購入できます。

藤あや子の楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

藤あや子の楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

藤あや子の楽譜は、ミュージックスターで下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「藤あや子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

スポンサーリンク