新曲演歌紹介。入山アキ子さんの「知床岬」2017年9月6日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2017年9月6日発売の入山アキ子さんの「知床岬」です。

“歌う看護師” 入山アキ子 恩師、鈴木淳、悠木圭子のゴールデンコンビによる書下ろし楽曲! ますます磨きのかかった入山アキ子の魅力が光る楽曲が完成。

デビュー10年です。歌う看護師がまた岬物ですね。ざんざ岬に続いてです。
今回もカラオケで人気となること間違いなしです。

入山アキ子「知床岬」
テイチクレコードTEICHIKU RECORDS公式チャンネル

入山アキ子「知床岬」カラオケ

入山アキ子「知床岬」リリースコメント

収録曲

1. 知床岬
作詞 悠木圭子 / 作曲 鈴木 淳 / 編曲 前田俊明
2. 雨に散る花
作詞 悠木圭子 / 作曲 鈴木 淳 / 編曲 前田俊明
3. 知床岬(オリジナル・カラオケ)
4. 知床岬(メロ入りカラオケ)
5. 雨に散る花(オリジナル・カラオケ)

2017年9月6日発売

入山アキ子 「 信濃慕情」

入山アキ子 「女・なみだ酒」

入山アキ子 「女・なみだ酒」

入山アキ子 オフィシャルブログ「入山アキ子・白革の手帖」Powered by Ameba

https://ameblo.jp/iriyamaakiko/

入山アキ子 公式ホームページ

http://入山アキ子.jp/

入山アキ子 | テイチクレコードTEICHIKU RECORDS公式ホームページ

http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/iriyama/

入山アキ子 プロフィール

<プロフィール>引用

出身地 山口県美祢市
生年月日 昭和44年9月9日
星座 乙女座
血液型 A型
職歴 防衛医大病院 看護師(胸部外科主任) / 豊岡第一病院 内科外来師長
趣味 御朱印収集 / 自己流の書 / 音泉巡り
好きな言葉 感謝 / 一期一会

看護師から歌手へ ~歌も看護も心から~

山口県出身。作曲家 鈴木淳氏に師事。
国家公務員・看護師(防衛省技官)から歌手へ転身。
北海道稚内市ふるさと大使(平成21年4月27日)、
山口県美祢市ふるさと交流大使(平成22年年10月17日)、
和歌山市加太夕陽鯛使(平成26年6月13日)、
山口県「山口ふるさと大使」(平成26年8月27日)を拝命し、
地域づくり、町おこしなどの事業・イベントにも積極的に参加している。
看護師免許を生かし健康講座も行う異色歌手。

看護師の経験を活かし施設訪問、ボランティア、看護・健康講座の講演と歌唱を行うなど、異色の歌手として活動の場をひろげている。

舞台活動拠点である埼玉県、山口県ではワンマンコンサート、ディナーショーを毎年開催している。

【所属事務所】(株)ワクイ音楽事務所

【TV・ラジオ出演】
TBS『水戸黄門』、
NHK BS2『ザ・スター』八代亜紀さん特集、東京MXテレビ他
全国10局ネット『うたなび』、
テレ玉『プロをめざせGOGO うたじまん』他、
KRY山口放送ラジオ、KRYテレビ『熱血テレビ』生出演、
北陸放送、長崎放送、
FM ちゃっぴーレギュラー番組『入山アキ子の維新!伝心!』
平成25年9月よりテレビ埼玉レギュラー番組『入山アキ子とマイク河原のここ一番の歌謡曲』 詳細

【OA情報】
テレ玉「ここ一番の歌謡曲」毎週金曜日朝5:30~
群馬テレビ「  〃  」毎週月曜日昼12:45~

【雑誌掲載】歌の手帖、カラオケファン、エンジャル、カラオケONGAKU、みんなの歌謡曲、ミュージックジャーナル、連合通信、健康

【新聞掲載】読売新聞、産経新聞、東京新聞、埼玉新聞、中国新聞、山口新聞、宇部日報、新潟日報、日報宗谷、稚内プレス、家庭新聞(所沢)

◇お問い合わせ・仕事依頼は下記へお願いいたします◇

イリヤマプランニング
〒359-1144 埼玉県所沢市西所沢1-26-1-202
TEL : 04-2956-0448 FAX : 04-2959-6602
Mail: akiko@iriyamaakiko.com http://入山アキ子.jp/

(株)ワクイ音楽事務所
〒150-0011 東京都渋谷区東1-24-1-201
TEL : 03-6427-7692

(株)テイチクエンタテインメント 宣伝部
〒150-8516 東京都渋谷区神宮前6-27-8 京セラ原宿ビル6階
TEL : 03-5778-1705 FAX : 03-5778-1735 http://www.teichiku.co.jp/

縁がつなぐ「出会い」と
現在も続く「挑戦」の先にあるもの

「防衛省技官」から「演歌歌手」へ転じた異色の経歴を持つ演歌歌手の入山アキ子さん。現在は山口と埼玉県とを行き来しながら、全国各地でコンサートやディナーショー、老人ホームへの慰問などを続け、歌のパワーと人との出会いに感謝する気持ちを届けている。優しい笑顔の中に故郷・山口への熱い思いを秘めた彼女の素顔に迫る。
 
美東の大自然の中で育った好奇心旺盛な子ども時代。高校では生徒会副会長、演劇部部長を務めながら「全国大会に出れば東京に行ける」という理由から放送部にも入部。高校2年で、県代表として東京行きを果たす。将来の目標は学校の先生かアナウンサー。「人前で話をする仕事に就きたかった。このころから『大きな舞台への憧れ』と『努力をすれば思いは通じるという信念』を持っていた」
 
しかし、高校卒業後は「手に職をつけなさい」という母の助言を受け、看護師の道へ。学費の面で親に迷惑をかけたくないという思いから、学費免除制度のある防衛医大(埼玉県)へ進学。その後、埼玉県内の病院で看護師として11年間勤務。「実際に命の現場に立ち、そのはかなさを感じた。だからこそ、生きている間に笑顔の多い人生を送ってほしいと思うようになった」という。
 
自分にできることは何かを考えた時に、ふと思い浮かんだのが歌だった。看護師をしていた96(平8)年、友人が参加する歌のオーディションに“付き添い”として出場し、優勝を勝ち取った。プロへの誘いもあったが、この時は断った。だが、後に恩師となる作曲家・鈴木淳氏(防府市出身)との出会いもあって、02(平14年)に看護師とアマチュア歌手の「二足のわらじ」生活が始まった。

二度の転機 見失いかけた夢

仕事も歌もうまくいきはじめた矢先の03(平15)年7月、父親が脳内出血で倒れた。演歌好きな父のために、毎日病床で父が好きな歌のCDを流した。「私が歌うことで父を元気づけることができれば」と04(平16)年8月、プロの歌手となることを決めた。デビュー曲は故・村上幸子さんの代表曲「不如帰」。実は上京時に父からもらったCDが村上さんのものだった。運命を感じずにはいられなかった。デビュー直後はひたすらステージをこなし、CD・テープを売り歩く日々。「『何のために歌手になったのか?』と考える余裕もなく、ただ歌うことだけに必死だった」と振り返る。
 08年(平20)年10月には、3曲目の「ザンザ岬」をリリース。この曲の作詞は周防大島町出身の故・星野哲郎氏、作曲は鈴木淳氏。「山口からヒット曲を!」を合言葉に、県内を中心に1日4~5軒の店を回った。そんな最中、今度はいつも支えてくれていたマネジャーが病気で突然入院。「一緒に頑張ろうと活動を始めたばかりなのに、本当に1人だけでやっていけるのだろうか」という不安を抱えながら、単身で地方を回り続けた。必死だった彼女に、手を差し伸べてくれたのが「故郷」だった。山口での活動を後押ししてくれる人物と出会い、理解し応援してくれる人がいるということが力になった。「自分だけのためではなく、誰かのため、聴いてくれる人のために歌うんだ」。心からそう思えるようになっていた。今では「口コミ」による仕事の依頼も増え、着実に広がる人との「つながり」を感じている。10(平22)年から「美祢市ふるさと交流大使」を務め、6月2日(土)には美祢市民会館でふるさとチャリティーコンサートも開催。
「歌には人と人とをつなぐ力がある。あきらめない心、志を貫く心、人を思いやる心を忘れずに、歌を通してたくさんの人をつないでいきたい。まだまだ夢の途中。これからもふるさと・山口県にたくさんの恩返しをしていきたい」


入山アキ子さんのニューシングル「知床岬」は月刊カラオケファン 2017年 10 月号歌の手帖 2017年 10 月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年 10 月号歌の手帖 2017年 10 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 10 月号はすでに発売されていますが、amzonでも購入できます。

入山アキ子さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

入山アキ子さんの楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

入山アキ子さんの楽譜は、ミュージックスターでは残念ながらありませんでした。

「ぷりんと楽譜」では「入山アキ子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

スポンサーリンク