演歌NEWS:吉幾三 歌手引退宣言は風物詩

Pocket

スポンサーリンク

これで何回目。吉幾三さんの「歌手引退」宣言は節目の風物詩だそうです。

確かに前回の記事で「歌手引退」の話題がありましたね。

今回はそれの撤回記事です。(笑)

1日に放送されたフジテレビ「ダウンタウンなう」で、松本人志さんが歌手吉幾三さん(64)について苦笑いでこぼしてましたね。
「本音でハシゴ酒」コーナーに出演した吉幾三さんが「3月で歌手引退」を宣言してネットニュースを賑わせましたが、「アルコールが入った上での発言で、歌手活動は休止いたしません」とあっさり白紙になったそうです。(笑)

《先週の言葉》「吉幾三さん、ウソやったらしい。ウソつく三ですよ」

 1日に放送されたフジテレビ「ダウンタウンなう」で、松本人志さんが歌手吉幾三さん(64)について苦笑いでこぼした言葉です。8月の同番組の「本音でハシゴ酒」コーナーに出演した吉幾三さんが「3月で歌手引退」を宣言してネットニュースを賑わせましたが、その後、所属事務所が「アルコールが入った上での発言で、歌手活動は休止いたしません」とあっさり白紙に。とほほな松本さんが「それ言われたらこの番組成立しない」と半笑いで語りました。

吉さんは「○周年」の節目になるとあちこちのインタビューで引退宣言をする常習犯でもあります。でも、まさかテレビで、それもダウンタウンの番組で「45周年で人生終えようと思って。歌をね、歌うことを」「来年の3月まで歌って、ちょっと休ませてもらいます」と絶好調に引退表明するとは思わなかったので驚きました。実際、吉さんはかなりの泥酔状態でしたが、“スクープ発言”に「えーっ」「辞めるんですか」と驚いていた松本さんや坂上忍さんの気持ちを考えると、放送自体が何だったんだという話で、脱力も分かります。

 弊紙の記事をさかのぼると、「吉幾三」「引退」でヒットした最も古い記事は89年。なんと吉さんが37歳の時です。NHK紅白歌合戦の音合わせが行われたスタジオのロビーで「来年の抱負」を聞かれ、歌手引退の意志を語っています。厳しい表情で「青森にいる家族のためにも、来年秋からの仕事を入れていない。作詞作曲はするかもしれませんが、歌はもうやりません」。大きな頭記事で、見出しは「吉幾三歌手引退へ」となっています。

 翌90年には「引退撤回」のインタビュー記事があり、その翌年の91年には「作詞作曲に専念したいので3カ月の休養を表明」と、めまぐるしい展開です。97年には別のスポーツ紙に「30周年で歌手引退」を大々的に宣言して撤回するなど、もはやネタというか、どんどん風物詩化しておもしろい方向性へ。ちなみに、直近の13年の本紙のインタビューでは「65歳までに歌手引退」「来年あたりからアメリカに住み、永住になると思う」と語っています。

 37歳の時から、歌手を辞めて作詞作曲に専念したい、海外で勉強したいという本音にうそはないのでしょう。しかし、経営する複数の会社などのことを考えるといろいろ現実味がなく、確信犯的に引退宣言をしては撤回するという流れになっているのだと思います。

 特に今回はあれだけ酔っていたので、引退宣言以外もかなりの暴走でした。トーク後、松本さんが「意外と一夜明けたら全然辞めへん」とつっこんでいたのが、いい勘していてさすがでした。

これに対してネット上て゛は、
雪国・海峡など名曲も多いが奇抜なCMソングの魅力もある。。
なかなか憎めない良いキャラ!!
引退は本当に何回言うんでしょうか?(笑)
この人しゃべりもうまくて下ネタも得意なじいさんやけど、いい歌作るよな。昭和の心にしみる歌
なと゛の声か上がっていますね。


以下前回の記事です。

演歌歌手で、作詞作曲も手掛ける吉幾三さんの歌手活動休止のニュースです。

確かに45周年を迎えたら、一時休止して旅に出たいということを以前にも言ってましたねす。

以下引用です。

8/11(金) 23:20配信

演歌歌手の吉幾三(64)が11日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・9時55分)に出演し、突如歌手活動の休止宣言をした。

 吉は番組の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演、開始直後から大暴走、酔った勢いで突如、「僕ね45年で人生終えようと思ってる。生きるけど。芸能界を…」と衝撃告白。これには出演者も「(芸能界を)辞めるんですか?」と驚きを隠せなかった。

 吉は芸能界ではなく「歌をね。歌うことを。今日そんなニュースでいい?」と笑いをとりながら話すも「初めて言わせてもらうけど、45年経ったら旅に出たいの。歌を勉強しに。南米とか、キューバとか…色んな音楽を聴きたい、これから作曲家として、日本の歌謡曲えお育てて行くには色んな音楽を聴いて…」と理由を話し、「声が出るうち歌って、来年の3月まで歌って。勉強に行くし、ちょっと休ませてもらいます」と本音を語った。

 しかし、酔っぱらっているせいか「引退したらヤバイだろ」と引退は訂正「僕に作ってもらいたいっていう歌手の方がいるから、少し休ませてもらいます。招待するからきて。僕の行くところに」とダウンタウンを旅先へ招待するも。松本人志(53)は「嫌や」と即答、一同爆笑した。

 さらに、坂上忍(50)に「1人で行くんですか?」と問われると、「もちろん」と1人で旅に出ると話し「家族とうまくいってないのよ…ゴミ出せ…俺ゴミ出すんだぜ…俺、吉幾三だぜ」と自虐で笑いを誘っていた。

吉幾三、来年4月から音楽修業で海外へ

2017年7月21日20時16分  スポーツ報知

歌手の吉幾三(64)が21日、都内でCS放送「歌謡ポップスチャンネル」の特別番組「あなたの街に聞きに幾三!!~ありがとうを歌に込めて~」(9月18日放送)の取材会に参加した。

 今年で芸能生活45周年を迎え、全国で記念コンサートを行っているが、「来年は少し休ませてもらおうと思ってます」と宣言。会見後に取材に応じ、来年4月は仕事をセーブし、音楽を勉強するため米国やキューバ、南米など世界を巡ると明かした。「仕事をしたままだと海外にまとまって行けないから。1か月くらいで日本と海外を行ったり来たりして、キューバとか南米とか。ラテンの音楽とかいろんな音楽を聴きたい」と演歌・歌謡曲以外のジャンルの音楽を吸収し、さらなる成長を目指すプランを語った。

 吉が視聴者の住む街を訪れ、「家族への感謝の思い」を直接聞きに行く同番組。この日まで3日間、ともに福島県を旅したタレント・あばれる君(30)が「いつも無人島に行ったり、臭い虫を食べさせられてばかりだった。こんなご褒美ロケはない」とご満悦。だが、出演をオファーした吉は「(福島出身の)西田敏行と中畑清が忙しかったから。(あばれる君は)3番目だ」と笑いを誘った。

最近は、自分の歌(ららばい)も、ほかの歌手の方に手掛けた作品も多いですよね。

真田ナオキさんという弟子も育ってきたし、ここで休止して、新たな境地を見出して発表していただきたいですね。


8月16日にGEORGE&YOSHIで「大人の玉入れ」を出しています。

その他にも楽曲を提供しています。

9月20日発売の清水節子さんの「女の酒って…なんだろうネ」は吉幾三さんの作詞作曲です。