演歌好き話題:「東京五輪音頭-2020-」

Pocket

スポンサーリンク

東京2020大会に向けて制作した「東京五輪音頭-2020-」のミュージック・ビデオ(MV)が公開されました。

3年後の今ごろは、ちょうど東京2020大会の真っ最中。 世界からやって来た方々に「顔と顔」を合わせながら、楽しんで頂きたいですね。 そんな気持ちを込めて東京五輪音頭-2020-、復活させました。 歌ってくれるのは石川さゆりさん、加山雄三さん、竹原ピストルさん。 歌詞も振り付けも2020仕様です。

公式ホームページです

https://tokyo2020.jp/jp/special/ondo/

「東京五輪音頭-2020-」は、1964年東京オリンピックのために制作された「東京五輪音頭」をリメークしたものです。

 

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、平和の祭典です。
「PEACE(平和)」は、東京2020大会に向けて、日本の強い思いを込めたメッセージです。
「東京五輪音頭-2020-」は、「東京五輪音頭」の曲調・歌詞を現代風にアレンジするとともに、「パラリンピック」の要素を加え、全ての人がスポーツを楽しむことができる世界を表現し、また、若者や子供たちも楽しく踊ることができるよう、現代風アレンジと新たな振付けが加わります。

TOKYO 2020 – Gorin Ondo Dance 東京五輪音頭-2020

東京五輪音頭-2020- の踊り方

「東京五輪音頭- 2020-」制作発表会

東京五輪音頭 三波春夫

東京五輪音頭 三波春夫

新東京五輪音頭で盛り上げ 現代風の歌詞や振り付けも


制作

作詞:宮田 隆 / 作曲:古賀 政男
編曲:村田 陽一(リオ2016オリンピック閉会式フラッグハンドオーバー等を手掛けるアレンジャー/作曲家)
編詞:東京五輪音頭-2020-制作チーム

振付

井手 茂太
(星野源、椎名林檎などのMVや、野田秀樹、三谷幸喜など多くの舞台作品を手がける振付家。ダンスカンパニー「イデビアン・クルー」主宰。)

アーティストからのコメント

石川 さゆり

1964年の東京オリンピック、本当に日本がこんなにわくわくとしながら、みんなでオリンピックに向かったというのを子供ながらに記憶しております。
その時に東京五輪音頭をみんなが歌って、日本のみんなが世界中の皆様をお迎えした、素晴らしいスポーツの祭典だったように記憶しております。
2020年に向けて、日本中のみなさまが元気になって、幸せいっぱいに歌い、踊り、世界中の皆様をお迎えしましょう。
日本中のみなさまが元気でありますように、そして、素敵な夢がいっぱい広がりますように、どうぞ、みなさんも2020年に向かってください。
石川さゆりも応援いたします。

加山 雄三

1964年オリンピック以来、船の上で、よく東京五輪音頭を歌っていました。
なかなか三波春夫さんみたいな節回しができませんが、一所懸命歌ったので、聞いてください。
オリンピックは、幸せ・平和の象徴だと思います。HAPPY&PEACEですね。
「東京五輪音頭-2020-」を歌えて、幸せだなぁ。
みなさん、一緒に歌ってください。

竹原 ピストル

己の限界の限界に挑まんとする選手の皆様方の闘志、情熱に恥じぬよう、弾き語りで精一杯歌わせていただきます。
貴重な貴重な機会を、本当にありがとうございます。
竹原ピストル こと 竹原和生

スポンサーリンク