演歌NEWS:中村美律子さん新曲「京都二寧坂」の発売記念イベント

Pocket

スポンサーリンク

演歌歌手中村美律子さんが、東京・港区にあるレストランバー「うさぎや」で、新曲「京都二寧坂」の発売記念イベントを行った。

中村美律子さんの新曲は、女心を唄った艶歌の 「京都二寧坂」二寧坂から高台寺・清水寺・八坂神社等を女性ひとりで訪れる情緒タップリのさわやかさを感じる艶歌です。

カップリングは「保津川恋唄」京都・保津川での愛しき男への思い出を切なく綴る恋歌です。

 

京都から駆けつけた芸妓(げいこ)・佳つ江と舞妓(まいこ)・佳つ扇の2人を相手に、ぐい飲みを使ったお座敷遊び「金毘羅船々」に挑戦しました。

お座敷遊び「金毘羅船々」

1.2人向き合って座り、間にお膳や台を置き、その上に
  お酒の袴やライターのような手のひらで隠れる物を置く。
2.「金比羅船々」の音楽に合わせ、交互にそれの上に手を載せる。
3.手を載せたとき、掴んで取っても良い。取ったときは次に戻す。
4.台の上にそれが有るときは手を開いて(パー)出し、
  無いときは握った手(グー)を出す。間違えた方が負けとなる。
5.音楽が次第に早まり、どちらかが間違えるまで行う。

日本の伝統的なお座敷遊びの一つ「金比羅船々」(台の上に置かれたおちょこを取る遊び)に参加した。中村は京都好きで、訪れた際にはお座敷遊びを楽しむという。だが、今回は開始早々負けてしまい「あかんね。不思議な緊張感がある」と笑いながら悔しがった。
何度やってみても、慣れた相手に勝つことができずに大笑いをしていた。

京都二寧坂は、清水寺に通じる石畳の坂道のこと。これまでに何度か通ったことがあり、「この曲を歌う時はこの坂を案内しているイメージを持って、女心をからめて歌っている。京都を舞台にした曲は初めてなんです」と説明した。

新曲は、作詞家・松井由利夫さんが生前、書き下ろし、担当ディレクター・中田信也さんが温めていた作品で、「坂道を歩きながらいろんなことを思い出している女性の気持ちをうたった曲でして、私の中では、京都の二寧坂を案内しているイメージで、その二寧坂の雰囲気の中で女心をからませて歌っています」。

そして「この曲を聞いて、京都二寧坂に行きたいと思ってくれる人がいたらいいな」と語った。

昨年のデビュー30周年の節目を終え、今年は新たなスタートを切っている。目標の「120歳の現役歌手としてギネスブックに載る」を実現するために「まずはよく食べること。それが元気の素になるから」と笑顔を見せた。

新曲の舞台が清水寺につながる坂「二寧坂」ということにちなみ、京都のお茶屋「小田本」から芸妓の佳つ江さんと、舞妓の佳つ扇さんが登場。大阪出身の中村は2人が話す京都弁を聞くと「おしとやかできれいで、よろしどすな」と感想を述べた。

新曲は「京都の二寧坂を、女心を絡ませながら案内する曲」だという。「あたしの曲で、知ってる曲あるか?」と舞妓と芸妓に“直球”質問。芸妓に「すんまへん、女一人っていう歌なら聞いたことあります」と返されると「あれ、あたしの曲ちゃうわ」と笑うしかなかった。

一念坂・二年坂(二寧坂)の由来
なぜ、二年坂(二寧坂)という名前なのか?

1. 大同2年(西暦807年)に坂が整備された時よりこの名前が付けられたという説。

2. 産寧坂の下なので二寧坂で呼ぶようになったという説。
産寧坂(三年坂)の手前にある坂という意味でこの名になったとされています。
「ここでつまずき転ぶと2年以内に死ぬ」という言い伝えは「石段坂道は気を付けて」という警句が語り伝えられたものと思われます。

産寧坂とは

豊臣秀吉の正妻(北の政所)「ねね」が高台寺に居を構えていたというのは有名な話。その「ねね」が子供の誕生を念じて(産・念)坂をあがり清水寺にお参りしていたことからその名前がついたという説。

二寧坂で転ぶと二年以内に死ぬ?!

この坂道は古くからあったが産念坂の手前の坂という意味でこの名が通り名となった。
「ここでつまずき転ぶと二年以内に死ぬ」という言い伝えは「石段坂道は気を付けて」という警句が語り伝えられたものと思われる。
「某日誌」によると「宝暦八年(1758)枡屋喜兵衛なる者、官の許可を得て、之を開拓屋地と為す」とある。

以来この付近は枡屋町と称し、大正初期現在の家並みとなり国の町並み保存地域に指定されています。

道幅は狭く、両側にお店が立ち並らんでいます、そのため観光シ-ズンには人でいっぱいになりますので、転けないように気を付けて下さい。
石畳の京都らしい雰囲気は、大正数奇屋風の変形町家が並び「国の街並保存地域」・「京都市の伝統的建物保存地域」に指定されています。また画家・詩人の竹下夢二が大正6年(1917)から2年ほど過ごした萬居跡が残っています。

二寧坂~高台寺~ねねの道~下河原~円山公園~八坂神社へと、歩くのにとっても良い観光コ-スになります。是非歩いて廻って下さい。


 

収録曲
1.京都二寧坂
作詞:松井由利夫 作曲:叶弦大 編曲:南郷達也
2.保津川恋唄
作詞:久仁京介 作曲:叶弦大 編曲:南郷達也
3.京都二寧坂(オリジナルカラオケ)
4.京都二寧坂(一般用カラオケ半音下げ)
5.保津川恋唄(オリジナルカラオケ)

2017年9月27日発売です。


中村美律子さんの「京都二寧坂」は月刊カラオケファン 2017年 11 月号歌の手帖 2017年 11 月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年 11 月号歌の手帖 2017年 11 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 11 月号は21日発売です。amzonでも購入できます。

中村美律子さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

中村美律子さんの楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

中村美律子さんの楽譜は、ミュージックスターで下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「中村美律子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。