新曲演歌紹介。森山愛子さんの「会津追分」2017年09月27日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2017年09月27日発売の森山愛子さんの「会津追分」です。

待望のニューシングルは森山愛子が初のご当地ソングに挑戦! 「待ったなしだよ人生は」から約1年ぶりのシングルは、今カラオケファンがもっとも好んで歌うご当地ソングの王道で勝負! 初の“ご当地ソング”の舞台として憂いを秘めた「会津」に求めた。

一途な純愛を歌い上げた今作は、作詞:麻こよみ作曲:水森英夫のコンビでカラオケ演歌の決定盤を狙う。

カップリングもご当地ソング「雨の信濃路」を収録!

 

森山愛子さんは新曲について、「初めてのご当地ソングで、曲もどっしりとした王道演歌です。会津は、派手でもなく地味でもなく、ほどよい町といった印象がありました。人が来たら寄り添ってくれる、そんな温かい町です。会津の風を感じながら歌ってみたいですね。この新曲を大ヒットさせ、会津に歌碑が建てられたらいいですね。目標は10万枚。もっと頑張ってミリオンヒットも狙いたいです」。

演歌好きの私は森山愛子さんの「約束」が好きですね。

 

「もう花は季節を終える思い出までも遠くへ連れて 覚えてますかひとつ心で固く結んだ指と指とを 忘れられない忘れたくないの幻だったと言わないで 泣きながら伝う思いはいつもあなたのそばにあります 忘れられない忘れたくないの愛はいつまでも消えないの」という日本語訳詞の曲ですが(作詞:イム・セヒョン 日本語詞:松井五郎 作曲:イム・セヒョン)NHKで放映された韓国ドラマ『イ・サン』の主題歌「約束」の日本語カバー曲として韓国歴史ドラマ好きの方は聞き覚えのある曲だと思います。「ネゲオルスンオムナヨ サランハルスンオプソンナヨ クデヘイルスオムヌンマム ナヨットンガヨ」と韓国語が入る部分が特徴ある曲ですよね。

森山愛子「会津追分

 

森山愛子 「 会津追分」カラオケ


 

収録曲

01. 会津追分
02. 雨の信濃路
03. 会津追分(オリジナル・カラオケ)
04. 雨の信濃路(オリジナル・カラオケ)

2017年09月27日発売

森山愛子「約束

森山愛子「約束」カラオケ

森山愛子「恋酒」

 

森山愛子「離別(イビョル)」

 

森山愛子「約束

森山愛子「骨から泣きたい雪子です」

森山愛子 オフィシャルブログ Powered by Ameba

https://ameblo.jp/moriyama-aiko/

森山愛子 |公式サイト

http://moriyama-aiko.com/

森山愛子 | ユニバーサルミュージックホームページ

http://www.universal-music.co.jp/moriyama-aiko/

森山愛子 プロフィール

<プロフィール>引用

生年月日:1985年1月27日
出身地:栃木県宇都宮市※現とちぎ未来大使
資格:介護福祉士
略歴
平成12年

高校1年生の時(平成12年8月16日)にNTV系「ルックルックこんにちは」の”女ののど自慢夏休み女子高生大会”に出場した際に審査員だった水森英夫氏の目にとまり、 本格的なレッスンに通うことを薦められる。
平成15年

現在の所属事務所の社長の紹介で、アントニオ猪木氏の事務所でアルバイトを始める。このことがきっかけでアントニオ猪木さんが名付け親を宣言。「森と山、自然を愛する子」という意味で「森山愛子」と命名。今後も応援していくことを約束。
第37回日本作詩大賞に「おんな節」入賞
第37回日本有線大賞・第46回日本レコード大賞双方で新人賞を受賞
平成17年

TBS系列「王様のブランチ」にリポーターとしてレギュラー出演開始。(2012年3月レギュラー終了)
この番組への出演を機に活動の幅を広げていく

所属事務所は、坂本冬美と同じティアンドケイ・ミュージック。

高校1年の時、日本テレビ『ルックルックこんにちは』の“女ののど自慢”女子高校生大会に出場。

作曲家・水森英夫にスカウトされ、レッスンのために宇都宮から都内の水森氏の自宅まで通い続けた。

高校卒業後に上京。アントニオ猪木の事務所で事務のアルバイトをしていた縁で、アントニオ猪木さんが芸名の名付け親に。

2004年5月19日発売のデビュー曲「おんな節」は強くサッパリとした現代の女性を等身大の言葉で描いた、アップテンポの演歌です。

演歌に出てくる女性は弱々しいイメージが多いと思われがちだが、そんな固定観念を軽々と打ち破る、明るく痛快な一曲ですね。

新宿で行われたデビューイベントにはアントニオ猪木が応援に駆けつけ、闘魂注入のビンタを頬に本気でお見舞いされた。

その後、11月に開かれたコンベンションでも猪木から2度目のビンタをもらっている。

若さあふれる、パンチの効いた伸びのある歌声が最大の魅力です。

しかし普段のしゃべりはアニメ声優のような声になってしまうため、そのギャップがおもしろいです。

常に満面の笑みを絶やさず、周囲の雰囲気を明るくしてくれる、誰からも愛されるキャラクターですね。

“闘魂の歌姫”森山愛子 決意の髪の毛30センチカット「きっかけがないと変われない」

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/776431/ より引用

アントニオ猪木参院議員が命名した“闘魂の歌姫”こと演歌歌手の森山愛子さんが25日、東京・台東区で12作目のシングルとなる新曲「会津追分」(27日発売)のお披露目イベントを開催した。

「会津へ行って会津の風を感じながら歌いたい」と話した森山。発売に合わせて髪を30センチもバッサリ切って臨み「失恋ではないです。何かきっかけがないと変われないと思って」と、デビュー14年目の新曲にかける強い思いをのぞかせた。

 続けて「去年からの崖っ縁を通り越して、今は崖の途中にしがみついている状態。ここから這い上がって、ヒット曲と言われる10万枚くらい売り上げを伸ばしたい」と野望をブチ上げた。

 イベントは曲名にちなみ、民謡酒場「浅草追分」で開催され、三味線奏者たちとのコラボレーションに挑戦。初コラボとは思えないほど、ぴったり息の合った演奏に「私、けっこうハマりやすいんですよ」。

 演奏中は、勢いあまって三味線の弦が切れてしまうアクシデントが発生。見事乗り切った三味線奏者に、森山愛子さんは「あの時、自分の闘魂がうずいた。猪木さんも『ピンチはチャンスだ』とおっしゃっていました」と“本家”ばりの闘魂をみなぎらせた。

同曲は初のご当地ソング。「曲もドッシリと。王道演歌にチャレンジしています。会津に行って、会津の風を感じながら歌いたい。有言実行です」と約束した。今作のために髪の毛を30センチほどカット。「失恋しました、とか言った方がいいですか(笑い)。今までの自分を切り落としました。初心に戻って頑張らねばという気持ち。崖っぷちを通り越して、崖にしがみついている感じなので何とかはい上がりたい」ときっぱり。新曲に懸ける覚悟を語った。

 芸名の名付け親はアントニオ猪木参院議員。森山愛子さんは「まだ恩返しできていない。少しでもいい報告をいただけるように。3回目のビンタをいただけるように頑張ります。欲しがりなんで」と意気込んでいた。


森山愛子さんのニューシングル「会津追分」は歌の手帖 2017年 11 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 11 月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年 11 月号歌の手帖 2017年 11 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 11 月号は毎月21日発売です。amzonでも購入できます。

森山愛子さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

森山愛子さんの楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

森山愛子さんの楽譜は、ミュージックスターで下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「森山愛子」さんのメロディ譜は残念ながらありませんでした。

スポンサーリンク