新曲演歌紹介。夏木綾子さんの「眉山の雨」2017年9月27日発売

Pocket

スポンサーリンク

今回の演歌好きの演歌新曲紹介は、2017年9月27日発売の夏木綾子さんの「眉山の雨」です。

デビュー25周年記念曲第二弾!女ごころに寄り添う雨は、祭りのあとの名残り雨… 35作目の今作は、「あじさい雨情」「博多雨」など雨をテーマにした人気曲の流れを汲んだ眉山の雨は、愛しさ、優しさにあふれた曲調です。

「雲間隠れの 十六夜月が泣いているよに 雨を呼ぶ捨てたつもりの 恋なのになんであの人 待ちわびる泣かせないでね 眉山の雨よ」という歌詞で、四国・徳島市のシンボルとして親しまれている眉山(びざん)を舞台に、阿波踊りの熱狂も過ぎゆく晩夏、切ない女ごころに寄り添う雨が、優しく静かに慕情を語っています。
愛しさ、優しさにあふれた曲調の作品ですね。
カップリングには橘ゆうじとのデュエット「おしどり港」が収録されています。


「34曲のオリジナル作品があれば34通りの歌を演じきれるミステリアスな存在は夏木綾子そのものだと思う」といわれている夏木綾子さんです。是非、聴いて覚えて、表現して、披露してください。

 夏木綾子 「眉山の雨

夏木綾子「眉山の雨」カラオケ


 

収録曲

1.眉山の雨 作詞:瀬戸内 かおる 作曲:岸本 健介 編曲:前田 俊明
2.おしどり港 作詞:中葉 正信 作曲:岸本 健介 編曲:前田 俊明
3.眉山の雨 (オリジナルカラオケ)
4.眉山の雨(一般用カラオケ半音上げ)
5.おしどり港(オリジナルカラオケ)

2017年9月27日発売

夏木綾子 「淡墨桜」

夏木綾子 「桜橋」

夏木綾子 「こころの海峡」

夏木綾子 「雨がたり」

夏木綾子 |オフィシャルウェブサイト

http://natsukiayako.net/

夏木綾子 | キングレコード公式ホームページ

http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=10421

夏木綾子 プロフィール

<プロフィール>引用

【出身地】 福岡県
【好きな食べ物】 アボカド・お好み焼き・紅しょうがの天ぷら
【好きな飲み物】 コーヒー・アルコール何でも(特に焼酎)
【好きな花】 秋桜・向日葵・紫陽花
【血液型】 A型
【趣味】 コーヒーカップ&ハンカチ収集
【特技】 着物着付(早技 / 15分で着れます)
【主な受賞】 第26回新宿音楽祭新人賞 他
【代表作品】「浪花の母」「あじさい雨情」「雪のれん」「綾子のよさこい演歌」「夜鳴く…かもめ」

平成5年7月21日、本人と母との絆を描いた自伝演歌「浪花の母」でデビュー。
20万枚のロングセラーヒットとなり、ダイヤモンドヒット賞を受賞。2015年3月25日に31枚目シングル「雨がたり」を、2015年9月5日に29枚目のアルバム「夏木綾子ベストセレクション2015」を発売。

福岡生まれの浪花っ娘

 20歳を前にして夏木綾子は生まれた福岡へ母親と一緒に戻っている。それまで大阪で飲食店を営んでいた母親が、体調を崩したためであった。
 歌手への第一歩は、川中美幸の「越前岬」(岸本健介作曲)が大好きだった母親の知人に紹介してもらった、作曲家の岸本健介氏との出会いだった。歌手になりたいと願っていた夏木は母が亡くなってから、岸本氏を頼って上京することになる。

 ところが夏木は「弟子は取らない」と、岸本氏から断られているのだが、作詞家の田村和男氏が仲介して弟子入りが実現している。

 大阪時代は小さな小料理屋を営んでいた母親は天王寺、新世界、道頓堀などと20年近くの間に場所を転々と変えて、ひとりで夏木を育てた。
 店か新世界の大衆演劇の劇場の近くにあった頃、店の掃除にやってきていた女性は、掃除を素早く終えると、幼い夏木を散歩に連れていくと言って、劇場で芝居を見ていた。もちろん夏木は女性に連れられて、毎日、大衆演劇を見ていたのである。

 このことを母親は知っていたのかは分からないが、母親の夢だった娘を歌い手にすることに、劇場の舞台で繰り広げられる歌と踊りを見たこの時の体験は、今から思えば少しは役立っているのかもしれない。

■ゆったりと歌っていきたい

 母親の夢を夏木が叶えるのは、母の死後になってしまったが、見事に果たした。ところが好きな歌は歌えるが、それは決して華やかなものではなかった。デビュー当時は岸本氏がギターを弾いて、夏木が歌うといった2人3脚のキャンペーンを続けてレコードを売って歩いた。
 「先生が組んだ行程に合わせて行くのですが、列車やクルマを使って九州から石川県まで歌ったこともありました」

 自分のレコードをかけてもらいたい一心で、全国に700ヶ所近くあったという有線放送の送信所にも出かけている。

 こうしてデビューしてからは脇目も振らずに「必死で突進してきた」という夏木、これからは「焦らずに、少しゆったりとした気持ちで歌っていきたい。頂いた歌をいろんな角度から勉強して、深く理解していくこともしてみたい」と話している。


夏木綾子さんのニューシングル「眉山の雨」は月刊カラオケファン 2017年 11 月号歌の手帖 2017年 11 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 11 月号に掲載されています。

月刊カラオケファン 2017年 11 月号歌の手帖 2017年 11 月号および月刊ミュージック☆スター 2017年 11 月号は21日発売です。amzonでも購入できます。

夏木綾子さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

夏木綾子さんの楽譜は、歌の手帖で下記の曲があります。

夏木綾子さんの楽譜は、ミュージックスターで下記の曲があります。

「ぷりんと楽譜」では「夏木綾子」さんのメロディ譜は下記の曲があります。

カラオケファンのバックナンバーを持ってない人はこちらで購入した方が安いですね。1曲からでも注文できますし、クレジット決済でもコンビニ決済でもできるし、自宅のプリンターでもコンビニのコピー機(複合機)でも出力できますから便利です。

スポンサーリンク