演歌NEWS:坂本冬美さん新アルバム「ENKAII~哀歌~」の発売イベント

Pocket

スポンサーリンク

今日の話題は、演歌歌手の、坂本冬美さんが9日、東京都内で新アルバム「ENKAII~哀歌~」の発売イベントを開催。坂本が公認するものまねタレント、坂本冬休みさんもサプライズ登場し、冬美と同じ事務所所属の歌手、森山愛子さんも参加し会場をわかせた。

坂本冬美さんは、自身とそっくりの「坂本冬休み」さんを絶賛し、「私がもし倒れたら代役で。遠目だったら分からない。心強いです」と。

発売イベントには、坂本冬美さんと同じ事務所所属の演歌歌手、森山愛子さんも参加し、初の本格ご当地ソングとなる新曲「会津追分」を熱唱しています。「NHK紅白歌合戦です。後は行くだけです!」と目標を力強く誓っていました。

坂本冬美さん、物まね芸人“坂本冬休み”さんに代役オファー「遠目ならわからない」

演歌歌手の坂本冬美さんが9日、東京・タワーレコード渋谷店でアルバム『ENKAII~哀歌~』(25日発売)リリース記念ミニライブを開催した。
サプライズゲストとして、自身の物まねをしているタレントの「坂本冬休み」さんが登場すると「月に営業20本もあるということで、私よりも忙しい。きょうは夢のような共演ができてうれしいです」と声を弾ませた。

 

「坂本冬休み」さんの誇張された顔芸について坂本冬美さんは「自分のことって意外とわからないんですけど、「坂本冬休み」さんの物まねを見て大笑いしました。
それで、自分の映像を見て確認してみると、やっぱり似ているんですよ」と寛大に公認。
本人からお墨付きをもらい、恐縮する冬休みに対して「あんまり真面目なことを言っても(メディアで)取り上げられないから、もっとふざけてください」とけしかけていた。

坂本冬美さんは楽曲のレパートリーも豊富な冬休みに期待しているようで「本当にそっくりです。
こんなにたくさん持ち歌があればワンステージ、私が倒れたとしても(大丈夫)。
遠目だったらわからないですから…心強いです」とまさかの代役オファー。
本人直々の提案に、「坂本冬休み」も「いやいや、とんでもないです。
ご一緒させていただいて改めて感じたのですが、顔の大きさが全く違いますから」と笑わせていた。

ミニライブには、ニューシングル「会津追分」を発売中の森山愛子さんも登場した。

坂本冬美さん「そっくりでしょ」“姉妹”で新作アピール

演歌歌手坂本冬美さん(50)と森山愛子さん(32)が9日、都内で、初の共演イベントを行った。

坂本冬美さんはカバーアルバム「ENKAII~哀歌~」を10月25日に発売し、森山愛子さんはシングル「会津追分」を先月27日にリリースしたばかり。
同じ事務所に所属する“姉妹”が力を合わせて新作をアピールした。

 

そこに登場したのが、坂本公認のものまねタレント坂本冬休みさんです。

坂本冬美さんからプレゼントをされた着物を着て、ヒット曲「夜桜お七」を情感たっぷりに熱唱すると、客席から「冬美ちゃん!」の掛け声が飛んだ。

 

「そっくりでしょ」と驚いた坂本冬美さんは、歌唱の後で口を動かす癖をまねされていることに「自分のことは本当に分からない。
ものまねを見て大笑いをした後で、ビデオを見たら本当に似ていた。
気を付けなきゃね」。

あまりに似ているので、代役のオファーまでしてみせた。
「もし私が倒れたら、代わりにステージに立ってもらうわ。遠目なら分からない」。
坂本冬休みさんは「冬美さんとは顔の大きさが違う。私の半分しかない」と謙遜しながらも、まんざらでもない様子だった。

森山愛子さんは普段のかわいいアニメ声と、歌唱時のドスの効いた声のギャップが持ち味。
「坂本冬休み」さんは「今度は森山愛子さんに挑戦します」と宣言。
森山愛子さんも「今度は冬美さんと一緒に紅白歌合戦のステージに立ちます。
後は行くだけです」と、夢だという紅白出場を宣言した。

 

演歌の名曲をこれからの世に残すべく現代版にリニューアルしレコーディングしたカバーアルバム『ENKA』シリーズ第二弾!

オリジナル盤発売日:2017年10月25日

坂本冬美、事務所の後輩に恋愛禁止令

演歌歌手の坂本冬美(50)と森山愛子(32)が9日、東京・タワーレコード渋谷店でミニライブを開催した。
坂本の最新カバーアルバム「ENKAII~哀歌~」(25日発売)と森山の新曲「会津追分」の発売を記念し、ファン100人を招待。坂本は収録曲「アカシアの雨がやむとき」など3曲、森山は新曲など2曲を熱唱した。途中、ものまねタレント・坂本冬休み(46)も登場。顔マネ満載で「夜桜お七」を歌い上げた。坂本自身も「そっくり!」と絶賛し、「冬休みさんは月に20本も営業があるって、私より忙しいんです」と驚いていた。
森山は「最近また5センチ髪を切りました」と新曲への意気込みを表明。2人しかいない事務所の先輩である坂本は「失恋したわけじゃありませんから」とフォロー。「愛ちゃんは私が結婚しない限りできませんし、私は社長が再婚しない限りできません」と独身ならではのジョークで笑わせ、「ウチの事務所は恋愛も禁止なんですよ」とキッパリ。先輩の禁止令に森山は「冬美さんのタイミングで」とタジタジだった。

以上、坂本冬美さんのNEWSでした。