演歌紹介:本日誕生日の高山厳さん「心凍らせて」

Pocket

スポンサーリンク

本日、10月19日生まれの演歌歌手は高山厳さんです。
おめでとうございます。

カラオケのランキングでも上位にランキングされている「心凍らせて」が有名ですよね。

 

※画像はAMAZONの画像を利用していますのでクリックするとAMAZONのページに行きますので行きたくない方はクリックしないようにしてください。作品レビューとかもありますの購入予定の方とかカラオケを歌われる方は試聴がありますので参考になると思います。

高山巌 「心凍らせて

高山巌 「心凍らせて」 カラオケ

 

高山厳 「花手紙」

高山厳 「池上線」

高山厳さんの池上線も西島さんとは違う魅力があるので素晴らしいですね。
歌う人それぞれで違う情景が浮かびますね。

高山厳さんのプロフィール

芸名 高山 厳
芸名フリガナ たかやま げん
性別 男性
生年月日 1951/10/19
星座 てんびん座
干支 卯年
血液型 B
出身地 大阪府
URL http://www.jp-r.co.jp/takayamagen.html
デビュー年 1975

プロフィール

1971年、ばんばひろふみ、今井ひろしと「バンバン」を結成。
その後グループを脱退し、1975年7月1日シングル『忘れません』でソロデビューを果たす。
同年8月21日にはファーストアルバム『この世には愛がなさすぎる』を発表。
以降、コンサートツアーなどを精力的に行い、着実な音楽活動を続け、5枚のアルバムをリリース。
1991年『泣くなよ』で歌謡曲路線に転向し、翌1992年に発表した『心凍らせて』が大ヒットとなる。
同曲で93年、第35回日本レコード大賞作詞賞、第26回日本作詞対象優秀作品賞、第26回全日本有線放送大賞グランプリといった賞を受賞、第44回NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす。
1996年、デビュー25周年記念シングル『みんな夢・夢・夢』で第29回日本有線大賞有線音楽優秀賞を受賞。
その後、シャ乱Qのつんくプロデュース作品を歌うなど意欲的な活動を経て、2002年には28年ぶりに「バンバン」の復活コンサートを行った。
『心凍らせて』以降、女歌の曲が中心だったが、デビュー35周年となる2006年6月、骨太な男歌『伊根の舟歌』を発表。
また同年、演劇『昭和歌謡シアター』に出演し、本格的な芝居に初挑戦し話題となる。
2014年には堀内孝雄、ばんばひろふみ、杉田二郎、高山厳、因幡晃の5人からなる「ブラザーズ5」として活動開始。
1stシングル『この街で/うれしいな!/Lady Greensleeves』、2ndシングル『入っておいで この里に(映画「ふしぎな岬の物語」(東映)劇中歌)/この街で/地球が生まれた日』リリース。
ブラザーズ5として、映画『ふしぎな岬の物語』にも出演。
以降、さらに活動の幅を広げている。

デビュー作 シングル『忘れません』:
代表作品1年 1992
代表作品1 シングル『心凍らせて』
代表作品2年 1994
代表作品2 シングル『悲しみよ一粒の涙も』
代表作品3年 1995
代表作品3 シングル『夜明けの伝言』
職種 音楽

http://www.weblio.jp/cat/people/tltdbより引用

 

高山厳さんの楽譜は、カラオケファンで下記の曲があります。

スポンサーリンク